表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道クイズの下層にある 大学入試問題 書道編 ( 1 2 )

   受験生の方へ

大学入試問題 書道編_1


大学には、書道の実技・理論で受験できる学部学科があります。
以下の問題は、教育図書(株)が公開している問題を編集し直したものです。
受験を予定している高校生のみなさんに少しでも参考にしていただければ幸いです。

※ 本来の問題と異なる点 (あらかじめご了承下さい)
 1.テキストだけで表しました。そのため、法帖・図表は省略してあります。
 2.縦書きを横書きにしました。そのため、参照する法帖・図表を指し示す方向が違っています。
 3.「別紙」「下段参照」等の表現には、対応していません。
※ 下記の大学名の一覧は順不同です。また、(前期)(後期)は、前期日程・後期日程を表しています。


【国公立大学】   1.愛知教育大学
 2.新潟大学
 3.東京学芸大学
 4.福岡教育大学
 5.京都教育大学
 6.筑波大学
 7.千葉大学
【私立大学】 





   【全体】
  8.大東文化大学 書道学科
  9.大東文化大学 中国文学科
 10.大東文化大学 日本文学科



  傾向から見た対策



1.愛知教育大学

平成9年度 愛知教育大学 (前期)
T.つぎの文字「魯郡太守」は張猛龍碑の一部です。これを半紙に二行に臨書しなさい。
U.つぎの文字は伝紀貫之筆・高野切第一種の一部です。これを半紙に原寸ですべて臨書しなさい。
    そせいほうし/はるたてばゝなとやみらんしらゆきの/かゝれるえだにうぐひすのなく
V.つぎの文字は米ふつ・蜀素帖の一部です。その中の「山清菊爽九秋天黄菊紅茱満涯船」の十四字を、半切に二行に臨書しなさい。
W.つぎの課題の中からいずれかを選んで、半紙に自運で書きなさい。(漢字の字体・書体・書風、およびかなの文字の変換は自由)
 〔漢字〕 山青花欲然〔山青くして花然えんと欲す〕 (杜甫)
 〔かな〕 春の水山なき国を流れけり (与謝蕪村)


平成9年度 愛知教育大学 (後期)
T.つぎの文字はちょ遂良・雁塔聖教序の一部です。その中の「積雪農飛」の四字を半紙に二行に臨書しなさい。
U.つぎの文字は李・李思訓碑の一部です。その中の「超然遠尋好山」の六字を半紙に二行に臨書しなさい。
V.つぎの文字は伝宗尊親王筆・深窓秘抄の一部です。これを半紙に原寸ですべて臨書しなさい。
   一条摂政/いにしへはちるをやひとのをしみけむ/いまはゝなこそむかしこふらし
W.つぎの課題の中からいずれかを選んで、半切に自運で書きなさい。(漢字の字体・書体・書風、およびかなの文字の変換は自由)
 〔漢字〕 春潮帯雨晩来九野渡無人舟自横 (章応物)
 〔かな〕 春霞国のへだてはなかりけり (幸田露伴)


平成10年度 愛知教育大学 (前期)
T.つぎの文字は鄭道昭・鄭羲下碑の一部です。その中の「春秋」の二字を半紙に臨書しなさい。
U.つぎの文字は伝藤原行成筆・伊予切の一部です。これを半紙に原寸ですべて臨書しなさい。
   あまつかぜくものかよひぢふきとぢよをとめのすがたしばしとゞめむ
V.つぎの文字はちょ遂良・哀冊の一部です。その中の「義庭易晩松陰難曙萬方悲而雨泣」の十四字を、半切に二行に臨書しなさい。
W.つぎの課題の中からいずれかを選んで、半紙に自運で書きなさい。(漢字の字体・書体・書風、およびかなの文字の変換は自由)
 〔漢字〕 山光澄我心
 〔かな〕 うぐひすの笠おとしたる椿かな (芭蕉)


平成10年度 愛知教育大学 (後期)
T.つぎの文字はちょ遂良・孟法師碑の一部です。その中の「仙骨夙著」の四字を半紙に二行に臨書しなさい。
U.つぎの文字は王羲之・奉橘帖の一部です。その中の「三百枚霜未降」の六字を半紙に二行に臨書しなさい。
V.つぎの文字は伝宗尊親王筆・十巻本歌合の一部です。これを半紙に原寸ですべて臨書しなさい。
   つねよりもはやきもみぢはしらつゆのわきてこゝろをおけるとやみむ
W.つぎの課題の中からいずれかを選んで、半切に自運で書きなさい。(漢字の字体・書体・書風、およびかなの文字の変換は自由)
 〔漢字〕 梨花風起正清明海子尋春半出城 (呉惟信)
 〔かな〕 さまざまのことおもひ出す桜かな (芭蕉)


平成12年度 愛知教育大学 (前期)
T.つぎの文字は顔真卿・多宝塔碑の一部です。その中の「若注瓶水」の四字を半紙に臨書しなさい。
U.つぎの文字は伝藤原行成筆・元暦校本万葉集の一部です。これを半紙に原寸ですべて臨書しなさい。
   たまきはるうちのおほのにこまなめてあ/さふますらんそのくさふけの
V.つぎの文字は楊凝式・花帖のの一部です。その中の「秋乃初乃韭花逞味乃始助其肥」の十四字を、半切に二行に臨書しなさい。
W.つぎの課題の中からいずれかを選んで、半紙に自運で書きなさい。(漢字の字体・書体・書風、およびかなの文字の変換は自由)
 〔漢字〕 披書坐落花 (王績)
 〔かな〕 しばらくは花の上なる月夜かな (芭蕉)


平成12年度 愛知教育大学 (後期)
T.つぎの文字は宣武帝嬪司馬顕姿墓誌銘の一部です。その中の「魄返餘風」の四字を半紙に臨書しなさい。
U.つぎの文字は王羲之・興福寺断碑の一部です。その中の「金紫光禄」の四字を半紙に臨書しなさい。
V.つぎの文字は伝藤原行成筆・関戸本古今集の一部です。これを半紙に原寸ですべて臨書しなさい。
   あきゝぬとめにはさやかにみ/えねどもかぜのおとにぞおど/ろかれぬる
W.つぎの課題の中からいずれかを選んで、半切に自運で書きなさい。(漢字の字体・書体・書風、およびかなの文字の変換は自由)
 〔漢字〕 春風先發苑中梅櫻杏桃梨次第開 (白居易)
 〔かな〕 あけぼのの白き雨ふる木の芽かな (日野草城)

先頭行へ先頭行へ


2.新潟大学

平成9年度 新潟大学 (前期)
T.左の語句を半紙に行書で揮毫せよ。(縦書きのこと)
   春和景明
U.与えられた蘇慈墓誌銘のうち「黒城鎮主」の四字を半紙に臨書せよ。(縦書きのこと)(下段参照)
   蘇慈墓誌銘
   粘葉本和漢朗詠集
V.左の和歌を半紙に揮毫せよ。(縦書きのこと。変体仮名の使用、漢字とかなの変換、構成は自由)(下段参照)
   この朝(あした)霜しろくしておのづから泉の音に春きたるべし
W.与えられた粘葉本和漢朗詠集を半紙に臨書せよ。
   「たれをかもしるひとにせむたかさごのまつもむかしのともならなくに」
X.左の三問の中からいずれか一問を選び、画仙紙半切に揮毫せよ。(書体は自由、縦書きのこと)
  第一問 日封(対)湖山
  第二問 梅花落庭(処)疑残(残)雪、柳葉開時任好風。
  第三問 照りもせず曇りもはてぬ春の夜の朧月夜にしくものぞなき
      (変体がなの使用、漢字とかなの変換、構成は自由)


平成9年度 新潟大学 (後期)
T.左の語句を半紙に行書で揮毫せよ。(縦書きのこと)
   信而好古
U.与えられた孫秋生造像記のうち「敬造石像」の四字を半紙に臨書せよ。(縦書きのこと)(下段参照)
   孫秋生造像記
   関戸本古今集
V.左の和歌を半紙に揮毫せよ。(縦書きのこと。変体がなの使用、漢字とかなの変換、構成は自由)
   春のいろは花ともいはじ霞よりこぼれてにほふ鴬(うぐいす)のこゑ
W.与えられた関戸本古今集を半紙に臨書せよ。
   「ちゞのいろにうつろふらめどしらなくにこ、ろし秋のもみぢならねば」
X.左の三問の中から峯れか商選び画仙紙半切に峯せよ。(書体は自由、縦書きのこと)
  第一間 道法自然
  第二問 梨花淡白柳深青(青)、柳累飛時花潜(満)城。
  第三問 うち渡す宇治のわたりの夜深き河音すみて月ぞかすめる
      (変体がなの使用、漢字とかなの変換、構成は自由)


平成10年度 新潟大学 (前期)
T.左の語句を半紙に行書で揮毫せよ。(縦書きのこと)
   瑞色含春
U.与えられた鄭羲下碑のうち「平仲東里」の四字を半紙に臨書せよ。(縦書きのこと)(下段図参照)
V.左の和歌を半紙に揮毫せよ。(縦書きのこと、変体がなの使用、漢字とかなの変換、構成は自由)
   あけがたのそぞろありきにうぐひすの初音(はつね)ききたり藪(やぶ)かげの道
W.与えられた継色紙を半紙に臨書せよ。(下段図参照)
   「ふゆごもりおもひかけぬをこのまより はなと見るまでゆきぞふりしく」
X.左の三問の中からいずれか一問を選び、画仙紙半切に揮毫せよ。(書体は自由、縦書きのこと)
  第一問 慶雲昌光
  第二問 新月初黄映江出、遠山一碧送船帰
  第三問 いそのかみふるの山べの桜花うゑけむ時を知る人ぞなき
      (変体がなの使用、漢字とかなの変換、構成は自由)


平成10年度 新潟大学 (後期)
T.左の語句を半紙に楷書で揮毫せよ。(縦書きのこと)
   映月誼(読)書
U.与えられた李矯詩のうち「珠含明月」の四字を臨書せよ。(縦書きのこと)(下段図参照)
V.左の和歌を半紙に揮毫せよ。(縦書きのこと、変体がなの使用、漢字とかなの交換、構成は自由)
   山高みみねの嵐(あらし)に散る花の月にあまぎるあけがたの空
W.与えられた元永本古今集を半紙に臨書せよ。(下段図参照)
   「もろともになきてとどめよきりぎりす
   秋のわかれはをしくやはあらぬ」
X.左の三問の中からいずれか一問を選び、画仙紙半切に揮毫せよ。(書体は自由、縦書きのこと)
  第一問 養素全眞(真)
  第二問 柴門流水依然在、一路寒山萬(万)木中
  第三問 淺みどり初しほそむる春雨に野なる草木ぞ色まさりける
      (変体がなの使用漢字とかなの変換、構成は自由)


平成11年度 新潟大学 (前期)
T.左の語句を半紙に行書で揮毫せよ。(縦書きのこと)
   松竹含韻
U.与えられた九成宮醴泉銘のうち「東越青丘」の四字を半紙に臨書せよ。
V.左の和歌を半紙に揮毫せよ。(縦書きのこと、変体がなの使用、漢字とかなの変換、構成は自由)
   年(とし)ごとにかはらぬものは春霞(はるがすみ)たったの山のけしきなりけり
W.与えられた「高野切第三種」を半紙に臨書せよ。
X.左の三問の中からいずれか一問を選び、画仙紙半切に揮毫せよ。(書体は自由、縦書きのこと)
  第一問 大象無形
  第二問 野竹臨流自一村、春雨桑麻終歳足
  第三問 山ざくら咲きそめしょり久方の雲居(くもゐ)にみゆる滝のしら糸
      (変体がなの使用、漢字とかなの変換、構成は自由)


平成11年度 新潟大学 (後期)
T.左の語句を半紙に楷書で揮毫せよ。(縦書きのこと)
   金風玉露
U.与えられた伊都内親王願文のうち「五時之教」の四字を半紙にを臨書せよ。(縦書きのこと)
V.左の和歌を半紙に揮毫せよ。(縦書きのこと、変体がなの使用、漢字とかなの交換、構成は自由)
   木の花の散るに梢(こずゑ)を見あげたりその花のにほひかすかにするも
W.与えられた「高野切第一種」を半紙に臨書せよ。(下段図参照)
X.左の三問の中からいずれか一問を選び、画仙紙半切に揮毫せよ。(書体は自由、縦書きのこと)
  第一問 富貴在天
  第二問 桃李春風一杯酒、江湖夜雨十年燈(灯)
  第三問 春がすみたつやおそきと山川(やまかわ)の岩間(いわま)をくぐる音さこゆなり
      (変体がなの使用漢字とかなの変換、構成は自由)


平成12年度 新潟大学 ―教育人間科学部芸術環境創造課程― (前期)
T.左の語句を半紙に行書で揮毫せよ。(縦書きのこと)
   修竹遠山
U.与えられた張猛龍碑のうち「王張耳浮」の四字を半紙に臨書せよ。
V.左の和歌を半紙に揮毫せよ。(縦書きのこと、変体がなの使用、漢字とかなの変換、構成は自由)
   うらうらとのどけき春の心よりにほひいでたる山ざくら花
W.与えられた「寸松庵色紙」を半紙に臨書せよ。
X.左の三問の中からいずれか一問を選び、画仙紙半切に揮毫せよ。(書体は自由、縦書きのこと)
  第一問 白雲無根
  第二問 煙消門外青山近。露重密前緑竹低。
  第三問 桜さく比良の山かぜ吹くままに花になりゆく志賀のうらなみ
      (変体がなの使用、漢字とかなの変換、構成は自由)


平成12年度 新潟大学 ―教育人間科学部芸術環境創造課程― (後期)
T.左の語句を半紙に楷書で揮毫せよ。(縦書きのこと)
   桃花流水
U.与えられた祭姪文稿のうち「大夫季明」の四字を半紙に臨書せよ。
V.左の和歌を半紙に揮毫せよ。(縦書きのこと、変体がなの使用、漢字とかなの交換、構成は自由)
   いにしへのいく世の花に春くれて奈良の都のうつろひぬるらむ
W.与えられた「高野切第二種」を半紙に臨書せよ。(下段図参照)
X.左の三問の中からいずれか一問を選び、画仙紙半切に揮毫せよ。(書体は自由、縦書きのこと)
  第一問 道法自然
  第二問 西江水清江石老。石上生茶如鳳瓜。
  第三問 うぐひすの声のひびきに散る花のしづかに落つる春の夕ぐれ
      (変体がなの使用漢字とかなの変換、構成は自由)


平成12年度 新潟大学 ―教育人間科学部環境創造課程書表現コース― (推薦入学・社会人特別選抜)
T.与えられた張猛龍碑のうち「西中郎将使持節平西将軍涼州刺」の十四字を半切に臨書せよ。
U.与えられた高野切第三種のうち「ふゆなれどはるのとなりのちかければなかかきよりぞはなはちりける」の和歌一首を半切に臨書せよ。
V.左の三問の中からいずれか一問を選び、半切に揮毫せよ。(書体は自由、縦書きのこと)
  第一問 仙風道骨
  第二問 洞庭西望楚江分。水盡南天不見雲。
  第三問 さびしさに宿を立ち出でて眺むればいづくも同じ秋の夕暮
      (変体がなの使用漢字とかなの変換、構成は自由)

先頭行へ先頭行へ


3.東京学芸大学

平成8年度 東京学芸大学
T.次の問題の解答を別紙解答用紙に記せ。解答に際しては、鉛筆を使用すること。硬筆による書写力も合わせて評価する。
 1.左の写真(1)〜(5)について、それぞれの作品名を欄に、知るところをB欄に簡潔に記せ。
 2.「形臨・意臨・背臨」について考えていることを述べよ。
U.次の語句を半紙に楷書または行書で書け。
   更上一層楼
V.別紙(左)印刷の「高野切第三種」を半紙に、五行程度に臨書せよ。
   しらゆきのともにわがみはふりぬれど
   こ丶ろはきえぬものにぞありける
W.次の島木赤彦の童謡を「漢字仮名交じりの書」として、半紙に体裁よくまとめよ。(漢字、仮名の交換は認めない。半紙は横に使用すること。)
   寺を下った
   良寛さまは
   托鉢きらひで
   野菊が好きで
   野から歸つた
   良寛さまは
   お米がなくて
   ひもじかろ
X.別紙(左)印刷の『集字聖教序』の「潜寒暑以化物是以窺天鑑地」の十二字を雅仙紙半切に、二行で臨書せよ。
   「潜寒暑以化物是以窺天鑑地」


平成9年度 東京学芸大学
T.次の問題の解答を別紙解答用紙に記しなさい。解答に際しては、鉛筆を使用すること。硬筆による書写力も合わせて評価する。
 1.次の(a)〜(b)の写真を見て、作品名をA欄に、知るところをB欄に簡潔に記しなさい。
   (a) (b) (c) (d) (e) 
 2.次の a〜c を要領よく解説しなさい。
   a.書譜
   b.文房四宝
   c.三蹟
U.次の語句を半紙縦に使い、楷書または行書で二行に書きなさい。
   江山満花柳
V.別紙印刷の『大字和漢朗詠集』を半紙縦に使い、五行程度に臨書しなさい。
   あきかぜにはつかりのねそきこゆなるたがたまづさをかけてきつらむ
W.次の詩は、三木露風の「斑鳩宮」の一節である。「漢字仮名交じりの書」の作品として体裁よくまとめなさい。(漢字、仮名の変換は認めない。半紙は横にして使用すること。)
X.別紙印刷の『風信帖』の「頂戴供養。不知仮屠。已冷。伏惟」の十二字を雅仙紙半切に、二行で臨書しなさい。
   「頂載供養。不知仮借。已冷。伏惟」


平成10年度 東京学芸大学
T.次の問題の解答を別紙解答用紙に記しなさい。解答に際しては、鉛筆を使用すること。硬筆による書写力も合わせて評価する。
 1.次の(a)〜(d)の写真の作品に触れながら、初唐の書について述べよ。また、(e)〜(g)について、知っていることを記しなさい。
 2.次の(a)〜(c)を要領よく解説しなさい。
  (a) 背勢と向勢
  (b) 甲骨文
  (c) 草仮名
U.次の語句を半紙縦に使い、楷書または行書で二行に書きなさい。
   大道無門
V.別紙@印刷の『高野切第一種』を半紙に、五行程度に臨書しなさい。
   としのうちにはるはきにけりひととせを/こぞとやいはむことしとやいはむ
W.次の『いろは歌』を「漢字仮名交じりの書」の作品として体裁よくまとめなさい。(漢字、仮名の交換は認めない。半紙は横にして使用すること。)
   色は匂へど散りぬるを我が世誰れぞ常ならむ有爲の奥山
   今日越えて淺き夢見し酔ひもせす
X.別紙A印刷の『十七帖(上野本)』の「胡母氏従妹平安。故在永興居。」の十二字を雅仙紙半折に、二行で臨書しなさい。


平成11年度 東京学芸大学
T.次の問題の解答を別紙解答用紙に記しなさい。解答に際しては、鉛筆を使用すること。硬筆による書写力も合わせて評価する。
 1.次の(a)・(b)について知るところを記しなさい。また、 (c)〜(e)については、作品名を答え、知るところを記しなさい。
 2.次の(a)〜(c)を簡潔に説明しなさい。
   (a)漢碑
   (b)臨書
   (c)分析的鑑賞
U.次の語句を半紙縦に使い、楷書または行書で二行に書きなさい。
   美意延年
V.別紙@印刷の『元永本古今和歌集』を半紙縦に、五〜六行程度の「散らし書き」に直して臨書しなさい。
   はるたてば花とやみらむしらゆきの
   かかるえだにうぐひすのなく
W.次の島木赤彦の童謡を「漢字仮名交じりの書」の作品として体裁よくまとめなさい。(漢字、仮名の交換は認めない。半紙は横にして使用すること。)
   風呂に居ります 母さんと二人 風呂は庭風呂 夜風がさむい
   星が落ちます 向こうの空へ 霜がふります この村へ
X.別紙A印刷の『蘭亭序』の「錐無綜竹管絃之盛。一觴一詠。」の十二字と、別紙B印刷の『喪乱帖』の「雖即修復。未獲奔馳。哀毒益深。奈何。」の十四字を雅箋紙半折に、二行で臨書しなさい。また、その際、D類受験生はAを、G類受験生はBをそれぞれ書きなさい。
   錐無綜竹管絃之盛。
   一觴一詠。
   雖即修復。未獲奔馳。
   哀毒益深。奈何。


平成12年度 東京学芸大学
T.次の問題の解答を別紙解答用紙に記しなさい。解答に際しては、鉛筆を使用すること。硬筆による書写力も合わせて評価する。
 1.次の(a)〜(d)について作品名を答え、知るところを記しなさい。
 2.次の(a)〜(c)を簡潔に説明しなさい。
   (a) 金文
   (b) 落款
   (c) 連綿
U.次の語句を半紙縦に使い、楷書または行書で二行に書きなさい。
   恵風和暢
V.別紙@印刷の『元永本古今和歌集』を半紙縦に、五〜六行程度の「散らし書き」に直して臨書しなさい。
   ゆふづくよをぐらの山になくしかのこゑのうちにや秋のくるらん
W.次の村上華岳を「漢字仮名交じりの書」の作品として半紙を横にして体裁よくまとめなさい。(漢字、仮名の交換は認めない。)
   芸術は神と一になる修養の具である。製作は密室の祈りである。
X.別紙A印刷の『孟法師碑』の「方綺羅於桎梏。而初笄云畢」の十二字と、別紙B印刷の『書譜』の「張草猶當雁行。然張精熟池水盡墨。」の十四字を雅仙紙半折に、二行で臨書しなさい。また、その際、D類受験生はAを、G類受験生はBをそれぞれ書きなさい。
   「方綺羅於桎梏。而初笄云畢」
   「張草猶當雁行。然張精熟池水盡墨。」

先頭行へ先頭行へ


4.福岡教育大学

平成8年度 福岡教育大学 (前期)
 【書道実技】
T.左の雁塔聖教序の「以智通無累」を半紙に臨書しなさい。
U.左の蘭亭序の「絲竹管弦」を半紙に臨書しなさい。
V.左の高野切第一種を半紙に臨書しなさい。(拡大してもよい)
W.左の古典 1〜4 のうち、いずれか一つを選び画仙紙に臨書しなさい。
 1.左の九成宮醴泉銘の「終以青丘」(十一字)を画仙紙に臨書しなさい。
 2.左(中段右端)の風信帖の「如掲(十四字)を画仙紙に臨書しなさい。
 3.左の曹全碑の「王室・・・子孫」(十字)を画仙紙に臨書しなさい、
 4.左の史晨碑の「維三年五月丁子王在米周」(十一字)を画仙紙に臨書しなさい。
 5.左の関戸本古今集を画仙紙に全臨しなさい。
X.左の1.2.から一問を選び画仙紙半切に創作しなさい。
 1.左の詩句を自由な書体で創作しなさい。
   世上栄枯雲変態
   五十余年一夢中
 2.左の和歌を自由に書きなさい。(仮名作品の場合は、文字変更は自由)
   月よみの光を待ちて帰りませ
   山路は栗の毬のおつれば

 【書道理論】
T.次の文章の空欄に最もふさわしい語句を後の語群のなかから選び、それぞれ解答欄にその記号を書きなさい。
  1.[1]は唐時代、僧大雅が王羲之の書から集字したものであり、碑の上半分は失われ、下半分だけが残存している。
  2.[2]は唐時代、僧懐仁が王羲之の書から集宇したものである。
  3.秦の姉皇帝は自ら天下を巡遊し、六カ所に秦篆による碑を建てた。その一つが、[3]である。この秦篆よりも占い集書を[4]と呼
    び、秦篆を[5]と呼ぶことがある。
  4.河南省洛陽の南約十キロ、伊水のほとりの岩山を切り開いて造営されたのが、[6]である。ここに、唐時代に書かれた碑として
    [7]がある。
  5.一般に隷書は、波勢を強くしたものを[8]といい、波勢の未発達なものを[9]という。([8])の古典例として[10]が、([9])の古典例と
    して[11]があげられる。
  6.[12]が書いた[13]は、宮中で席順を乱した郭英乂に宛てた抗議文の草稿であり、[14]・[15]とともに三編と呼ばれている。
  7.平安時代初期の代表的な能書家、嵯峨天皇・[16]・[17]の3人を[18]という。
  8.伝紀貫之の[19]伝小野道風の[20]、伝藤原行成の[21]を合わせて三色紙という。
  9.光明皇后の[22]は、王羲之のそれを臨書したもので、力強く躍動的な書風である。
 10.執筆法には、腕法と指法がある。腕法には、肘をあげ宙に浮かして構える[23]法、肘を机上に軽くおいて手首を少しあげて構
    える[24]法、左手を紙の上に置き、右手首をその上に載せて構える[25]法がある。
 11.一般的に筆者の名または号を書いた後に捺す印を[26]という。漢字書で二穎捺す場合、[27]を上に、[28]を下に捺すのか普通
    である。
 12.硯は中国産のものを唐硯といい、日本産のものを和硯という。唐硯では、[29]・歛州硯などが有名で、和硯では、赤間硯・雨畑
    硯などが有名である。
 13.手本としたり鑑賞するために、名跡を集め、石に刻し、その拓本を採り本に仕立てたものを[30]という。
ア、宇治橋断碑  イ、興福寺断碑  ウ、始平公造像記  エ、泰山刻石  オ、開通褒斜道刻石  カ、集字聖教序  キ、龍蔵寺碑  ク、祭姪文稿  ケ、争座位文稿  コ、松居遊見受碑文稿  サ、孟法師碑  シ、伊碑  ス、礼器碑  セ、祭伯文稿  ソ、蘭亭序  タ、楽毅論  チ、升色紙  ツ、寸松庵色紙  テ、継色紙  ト、三筆  ナ、三跡  ニ、三大家  ヌ、大篆  ネ、小筆  ノ、占隷  ハ、八分  ヒ、龍門石窟  フ、大同石窟  ヘ、王羲之  ホ、敵兵卿  マ、最澄  ミ、空海  ム、藤原佐理  メ、橘逸勢  モ、枕腕  ヤ、提腕  ユ、縣腕  ヨ、落款印  ラ、姓名印  リ、雅号印  ル、雄勝硯  レ、若田硯  ロ、端渓硯  ワ、法帖  ン、古筆

U.次の文に該当する語句を解答欄に書きなさい。
  1.唐時代、太宗皇帝が離宮へ避暑に行った時、その一隅から清泉が湧き出た。そのことを記念して建てられた碑で、欧陽詢が
    書いた楷書作品。
  2.藤原佐理が、京都から任地の太宰府へ向かう途中藤原誠信に送った書状で、筆勢鋭く、文字の大小、肥痩、墨の潤渇を織り
    混ぜた草書作品。
  3.古今和歌集の最古の写本で、紀貫之によって書かれたと伝えられてきた作品であるが、実際には三人の名手が二十巻を分
    担して書いた作品。
  4.唐時代に現在の陜西省で発見され、狩猟に関する記事が刻された、現存最古の石刻文字。
  5.空海が仏教上の儀式を行った際、楷書を記した作品。
  6.懐素が自分の学書の経歴を書いたもので、狂草体と呼ばれる変化に富んだ草書で書かれた作品。
  7.黄州寒食詩巻を書いた宋時代の人物。
  8.薦季直表や宣下表を書いた三国時代の人物。
  9.臨書の方法で、形を忠実にとらえる形臨、印象をとらえる意臨に対し、学習した古典を伏せてそれを再現して書く方法。
 10.小画仙紙全紙の縦二分の一が半切と呼ばれるのに対し、全紙縦四分の三の大きさの呼称。
 11.露鋒に対し、起筆の時穂先を点画のなかに包込む用筆法、
 12.相対する二本の縦阿の中ほどが、外側に膨らむように書かれる向勢に対し、二本の縦画が内側に反るように書かれる表現。
 13.仮名の表現方法で、行の高低、行間の広狭、文字の配置、余白のあけ方等を自由に変化させ、空間の美しさを作り出す方法。
 14.毛筆の毛の硬さで分類した場合、柔毛と剛毛に対し、それらを混ぜ合わせた中間の硬さの筆の呼称。

V.次の古典図版の作品名を、解答欄に書きなさい。
  (問一) (問二) (問三) (問四) (問五) (問六)
W.次の古典の鑑賞文を、七〇〇字以内で述べなさい。
   肩水候官元康四年十二月四時雑薄


平成9年度 福岡教育大学 (前期)
 【書道実技】
T.左の建中告身帖は、「制沓年兼之□太子」となっているが、「□」に「可」の文字を建中告身帖に調和するように入れ、半紙に「尓兼之可」の四字を臨書しなさい。
U.左の集王聖教序は、「蓋聞二儀□像」となっているが、「□」に「有」の文字を他の五字と調和するように入れ、半紙に六字を臨書しなさい。
V.左の高野切第三種は、最後の「な利」が消去されている。全体に調和するように「な利」を入れて、半紙に全臨しなさい。
    (なげきをばこりのみつめてあしひきのやまのかひなくなりいぬべらなり)
W.左の古典 1〜6 のうち、いずれか一つを選び小画仙紙半切に臨書しなさい。
 1.左の孫秋生造像記の「来身神騰九空登十地五道群生」(十三字)を臨書しなさい。
 2.左の温泉銘の「巌々秀岳横基滑浜滑々霊水吐柚」(十四字)を臨書しなさい。
 3.左の真草千字文の「都邑華夏東西二京背芒面洛」(十二字)を臨書しなさい。
 4.左の礼器碑の「家居魯親里弁官聖妃在安楽里」(十三字)を臨書しなさい。
 5.左の静の「隹六月初吉王在弄京丁卯王命」(十三字)を臨書しなさい。
 6.左の粘葉本和漢朗詠集を全臨しなさい。(あききぬとめにはさやかにみえねどもかぜのおとにぞおどろかれぬる 敏行)
X.左の@Aから一問を選び、小画仙紙半切に創作しなさい。
 @ 左の四字句を自由な書体で創作しなさい。
   萬里寒光
 A 左の和歌を自由に書きなさい。(漢字を仮名に変えてもよい)しらさぎ
   ひさかたの雪野に立てる白鷺はおのが姿に身をかくしつつ

 【書道理論】
T.次の図版の古典名を解答欄に記入し(Cについては、後の石窟名とは違う、固有の作品名を書くこと)、それらの古典と関連の深い場所を、左の地図中の記号で示しなさい。また、@〜Bについては筆者名を、Cについてはそれが現存する石窟名を記入しなさい。
U.次の説明文に該当する語句を、後の語群のなかから選び、その記号を解答欄に記入しなさい。また、それらに関連の深い場所を、下の地図中の記号で示しなさい。
 @ 殷時代、鋭利な刃物で刻み込まれた文字で、王が自然界を支配する神や祖先の霊魂のことばを聞くために、貞人に占いをさせた結果の記録が刻まれている。
 A 紙が発明される以前のもので、篆書・隷書・草書の書体の変遷を究明する大きな手掛かりとなったもの。
 B 明・清時代の皇帝の宮殿であり、現在、石鼓文の原石が収蔵されている所。
 C 曹全碑や集王聖教序、多宝塔碑、顔氏家廟碑等、千余にも及ぶ石刻が集められている所。
 D 東晋時代、四〇五年の刻で、隷書と楷書の特徴を兼ね備えた書風の作品。
 E 唐の太宗の書で、中国書道史上、行書による碑として初めての作品。
(語群) ア、西安碑林  イ、曲阜碑林  ウ、晋祠銘  エ、好太王碑  オ、爨宝子碑  カ、枯樹賦  キ、木簡  ク、開通褒斜道刻石  ケ、甲骨文  コ、墫  サ、瓦当  シ、中国歴史博物館  ス、故宮博物院  セ、尺杖

V.篆刻の一般的な手順について、@〜Eに該当する内容を下から選び、その番号を解答欄に記入しなさい。
印面を平らに整える。

刻したい文字・語句を選ぶ。

@→ A→ B→ C→ D→ E

印戔に押捺して完成。
 ア、印刀で刻す(運刀)。
 イ、印稿を作成する。
 ウ、印面の朱量と墨を洗い落とし、印泥をつけて押してみる。
 エ、刻す文字の字形を調べる。
 オ、彫り残し、不十分な所を修正(補刀)する。
 カ、印面に宇入れ(布字)する。

W.次にあげた書道に関する用語について、その読みを解答欄に記入し、またその意味を簡単に説明しなさい。
  1.金文
  2.朱文
  3.落款
  4.拓本
  5.連綿
X.次の古典の@〜Pの文字について、@〜Jは楷書(D以外は常用漢字形で)に、K〜Pは平仮名になおしなさい。
Y.小・中学校までの書写と、高等学校での芸術としての書道の違う点を、五〇〇字以内で述べなさい。


平成9年度 福岡教育大学 (後期)
 【書道実技】
T.指定された古典(1〜5)の中から二点を選び、小画仙紙半切(全紙を半分に切って使用する。)に臨書しなさい。
 1.左の賀蘭汗造像記の「祖母太妃」(四字)を臨書しなさい。
 2.左の祭姪文稿の「毎慰人心方期裁穀何図逆賊」(十二字)を臨書しなさい。
 3.左の書譜の「或謂過之張草猶当雁行然張精熟」(十四字)を臨書しなさい。
 4.左の乙瑛碑の「大祝令各一人皆備爵大常丞」(十二字)を臨書しなさい。
 5.左の権量銘(掲出図版は、詔版)の「皇帝尽丼兼天下諸侯諾首大安」(十三字)を臨書しなさい。
U.左の高野切第三種を小画仙紙半切(全紙を半分に切って使用する。)に臨書しなさい。
    (ひとこふることをおもひもてあふごなきこそわびしかりけれ)
V.左の語句(@〜C)の中から二点を選び、小画仙紙全紙を使用して創作しなさい。(用紙は自由に切って表現してもよいが、全紙 1/4 より大きい作品にすること。)
 @ 玄遠
 A 煙波半落新沙地、鳥雀群飛欲雪天
 B かすが野に押してるつきのほがらかにあきのゆふべとなりにけるかも
 C 柿くへぱ鐘が鳴るなり法隆寺
  ※BCについては、漢字を仮名に変えてもよい。


平成12年度 福岡教育大学 ―生涯スポーツ芸術課程芸術コース― (前期)
 【書道実技】
T.次の古筆を、半紙に臨書しなさい。
U.次の古典から二点を選び、それぞれつながった部分を半切(全紙を縦に切って使用する)に臨書しなさい。(臨書する部分、文字数には、制限はない。)なお、落款(「(山本)恵子」さんが臨書した場合として書きなさい)と落款印の位置、大きさ(赤ペンで、□を表示)を示しなさい。
V.次の1〜6から二つ選び、全紙を使って自由に創作しなさい。(作品の大きさは、全紙 1/4 以上、最大は全紙二枚大とする。)
 1.峰。
 2.照古鑑今
 3.銀河沙漲三千里梅嶺花排一萬株
 4.三人寄れば文殊の知恵
 5.街の風に引き裂かれ舞い上がった夢くずが
   路上の隅で寒さに震えもみ消されてく
   立ち並ぶビルの中ちっぽけな俺らさ
   のしかかる虚像の中で心を奪われている
            (尾崎豊「街の風景」冒頭部分)
 6.夜の塵をよそにはらひてゆく末のちよをしめたるやどの松風(蓮月尼)

 【書道理論】
 掲載の図版A〜Nについて、それぞれ、(上から)作品名・時代・書者名の空欄を、後の語群を参考に、正確に完成し、T〜[の各問いに答えなさい。
T.図版A〜Cと同一の古筆を、左の a.b.c.d.から選び、解答欄に記号で記しなさい。
 A.高野切第一種・(  )・伝紀貫之
 B.(  )・平安・(伝  )
 C.(  )・平安・伝藤原行成
U.図版D および、その書者に関して、知るところを解答欄に記しなさい。
 D.(  )・東晋・(  )
V.図版E、Fの釈文で、1・2・3・4に適当な文字を、常用漢字形で記しなさい。また、E、F両者の書の風格の違いについて述べなさい。
 E.(  )・(  )・〔書者不詳〕  [1]開[2]子
 F.(  )・北魏・(  )      爰[3][4]
W.左は、図版のT君、Y君二名の臨書作品です。この二作品について、鑑賞しなさい。
X.図版G、Hの両者を比較鑑賞しなさい。
 G.建中告身帖・(  )・(  )
 H.(  )・唐・(  )
Y.図版I、Jの釈文の1・2・3・4に入れるべき漢字を、常用漢字形で書きなさい。また、I、J両者の書の風格の違いについて述べなさい。
 I.(  )・唐・(  )
      夫自古[1]善[2]…張(1)絶晋末称…
 J.(  )・(  )・懐素
      …勢入座驟…[3][4]満堂…外云初…
Z.図版K、Lの読みで、1・2・3・4に入るべき文字を、平仮名で記しなさい。また、K、Lの古筆について、両者の比較を交えながら鑑賞しなさい。
 K.(  )・(  )・伝紀貫之
   つらゆき
   わかせこか
   ころもはる
   さめふるこ
   とに[1]
   へのみと
   りそいろま
   さりけ
   [2]
 L.(  )・平安・(伝)
   [3]ほそらのつき[1] ひかりしさむけれ
   [4]かけみし水そまつこほりけ[2]。
[.図版M、Nについて、その被写体の相違等に触れながら、両者の書の風格を鑑賞しなさい。
 M.(  )・後漢・〔書者不詳〕
 N.(  )・(  )・〔書者不詳〕


平成12年度 福岡教育大学 ―中等教育教員養成課程教科コース― (前期)
 【書道実技】
T.左の鄭羲下碑の「並美司徒」を、半紙に臨書しなさい。
U.左の枯樹賦の「黄河千里槎」を、半紙に臨書しなさい。
V.左の高野切第三種の、「いかならむいはほのなかにすまばかもよのうきことのきこえこざらむ」を半紙に臨書しなさい。
W.左の古典1・2・3・4のうち、いずれか一つ選び、小画仙紙半切に臨書しなさい。
 1.左の顔氏家廟碑の「字弘道善草隷書有風格」を臨書しなさい。
 2.左の十七帖の「此士人多有尊老者皆即分布」を臨書しなさい。
 3.左の木簡の「元和四年八月五日」を臨書しなさい。
 4.左の粘葉本和漢朗詠集の「ちとせまでちぎりしまつもけふよりはきみにひかれてよろづよやへむ」を臨書しなさい。
X.左の1・2から一問を選び、自分の得意な古典を利用して、小画仙紙半切に創作しなさい。
 1.左の四字句を自由な書体で創作しなさい。
   愚公移山
 2.左の和歌を自由に書きなさい。(漢字を仮名に、仮名を漢字に変更してもよい。)
   ほのぼのと明石の浦の朝霧に
      島かくれ行く舟をしぞ思ふ
 【書道理論】
T.あなたは、書を鑑賞する時、何を大切にして見ていますか。あなたの好きな古名跡を例に鑑賞文を書きなさい。(七百字以内にまとめなさい。)
U.左の指定された1〜5の変体仮名を平仮名に読みかえなさい。
V.二枚目(下図参照)の書道史年表の空欄を、各項目の指示にしたがってうめなさい。
 1.@〜Dについては、人名または書跡名を漢字で答えなさい。
 2.E〜Iについては、該当する図版の記号で答えなさい。
 3.J〜Sについては、次の語群の中から選び、記号で答えなさい。
ア、龍門造像記  イ、屏風土代  ウ、争坐位稿  エ、礼器碑  オ、論経書詩  カ、開通褒斜道刻石  キ、書譜  ク、晋祠銘  ケ、紀貫之  コ、藤原行成

先頭行へ先頭行へ


5.京都教育大学

平成9年度 京都教育大学
 【午前】
T.図版Aのうち「東照之資」の四文字を半紙右側に臨書し、左側に同じ四文字を原本の気分を失わぬように行書にかえて書け。
U.図版Bをよく見て、その特徴を大きく出しながら、次の語句を書け。
   菊花東簾秋
V.図版Cの形や気分で次の語を書け。
   遠山飛鳥絶
W.図版Dの特徴的な要素を強く出した臨書をせよ。
X.図版Eの気分で次の和歌を書け。(漢字とかなの変換自由)
   四極山(しはつやま)うち越え見れば 笠縫(かさぬひ)の島漕(こ)ぎかくる 棚無(たなな)し小舟(をぶね)
   磯(いそ)の崎漕(こ)ぎたみ行けば 近江(あふみ)の海八十(うみやそ)の港(みなと)に 鶴多(たづさは)に鳴く
   わが船は比良(ひら)の港に漕(こ)ぎ泊(は)てむ 沖へな離(さか)り さ夜ふけにけり
Y.次の文章を半紙一枚にまとめて書け。(半紙タテ)
   書は人格の表現だという。しかし書者が人としてえらいからとて、その書必ずしもよくはなく、
   その書がいいためには書としての造形性における必要な条件を持たなければならない。

 【午後】
T.次の語を半切タテにまとめよ。(資料1参照)
   胡蝶舞南園
U.次の語を大らかな気分で半切 1/2 にまとめよ。(資料2参照)
   創造
V.次の俳句を半切にまとめよ。(資料3参照)
   海くれて鴨のこゑほのかに白し


平成10年度 京都教育大学
T.図版Aのうち「天朗粛清忘風」の六文字を半紙に臨書しなさい。
U.図版Bの気分で次の和歌を半紙に書きなさい。(漢字とかなの変換自由)(半紙ヨコ)
   阿騎(あき)の野に宿る旅人打ちなびき眠(い)も寝(ぬ)らめやも古(いにしへ)思ふに
V.次の文章を半紙一枚にまとめて書きなさい。
   書は文字という概念形を媒体として、これを自由な造型的意志によって構成し、同時に生彩、
   律動といった諸条件を技術的に内封し、融合させ、視覚生命体たらしめたものであるといえる。
W.次の語句を半切(縦)に書きなさい。(書体自由・左図参照)
   雪消山骨露
X.図版Cの特徴的な要素を強く出して半切タテに拡大臨書しなさい。
   しらゆきのともにわが(可)みはふりぬれど/こゝろはき(支)えぬものに(尓)ぞありける


平成12年度 京都教育大学
T.図版Aのうち「林寒尚翠」の四文字を半紙に臨書しなさい。(半紙タテ)
U.図版Bの気分で次の和歌を半紙に書きなさい。(漢字とかなの変換自由。半紙タテ)
   天離(あまざか)る夷(ひな)の長道(ながぢ)ゆ戀ひ來れば明石の門(と)より大和島見ゆ
V.次の文章を半紙一枚にまとめて書きなさい。
    人間の作り出すすべての文化には、その時代の雰囲気が大なり小なり反映する徴が色濃く反映さ
   れていてよいはずである。
W.次の語句を半切(縦)に書きなさい。(書体自由・左図参照)
   耐雪梅花麗
X.図版Cの特徴的な要素を強く出して半切タテに拡大臨書しなさい。
   こひしとはたがいひそめしことならんしぬとぞたゞにいふべかりける 

先頭行へ先頭行へ


6.筑波大学

平成11年度 筑波大学 ―芸術専門学群―
 【午前】
T.別紙の漢字古典作品を半紙に臨書しなさい。ただし、「交友投分」の楷書・草書を二行に書くこと。
U.別紙の仮名古典作品を所定の料紙に原寸で臨書しなさい。
 【午後】
T.次の句を半紙に行書で書きなさい。
   愁心視春草
U.次の俳句を色紙に書きなさい。
 ただし、※構成・漢字かなの変換は自由とする。
     ※落款は「春山書」または「春山かく」とし、赤フェルトペンで「印」の形・大きさ・位置を示すこと。
   春立つや見古したれど筑波山
V.次の詩句を画仙紙(半切)に書きなさい。
 ただし、※書体・書風・構成は自由。
     ※縦横も自由。
     ※落款および印については問題二に同じ。
   草色全繼細雨濕花枝欲動春風寒


平成12年度 筑波大学 ―芸術専門学群― (推薦入試)
 【午前】
T.別紙の漢字古典作品を半紙に臨書しなさい。ただし、連続する六文字を選ぶこと。
U.別紙の仮名古典作品を所定の料紙に原寸で臨書しなさい。

 【午後】
T.次の句を半紙に楷書で書きなさい。
   山花笑緑水
U.次の俳句を色紙に書きなさい。
 ただし、※構成・漢字かなの変換は自由とする。
     ※落款は、赤フェルトペンで「印」の形・大きさ・位置を示す。
   桐の葉は枝の向き向き枯れにけり
V.次の詩句を画仙紙(半切)に書きなさい。
 ただし、※書体・書風・構成は自由。
     ※縦横も自由。
     ※落款は、「秋岳書」とし、赤フェルトペンで「印」の形・大きさ・位置を示こと。
   興亡百變物自閑富貴一朝名不朽


平成12年度 筑波大学 ―芸術専門学群― (前期)
 【午前】
T.別紙の漢字古典作品を半紙に臨書しなさい。ただし、連続する六文字を選ぶこと。
U.別紙の仮名古典作品を所定の料紙に原寸で臨書しなさい。

 【午後】
T.次の句を半紙に行書で書きなさい。
   春江有佳句
U.次の俳句を色紙に書きなさい。
 ただし、※構成・漢字かなの変換は自由とする。
     ※落款は、赤フェルトペンで「印」の形・大きさ・位置を示す。
   水仙や垣にゆひこむつくば山
V.次の詩句を画仙紙(半切)に書きなさい。
 ただし、※書体・書風・構成は自由。
     ※縦横も自由。
     ※落款は、「秋岳書」とし、赤フェルトペンで「印」の形・大きさ・位置を示こと。
   斜陽萬里孤鳥没但見碧海磨青銅


平成12年度 筑波大学 ―芸術専門学群― (後期)
 【午前・論述】
T.楷書体の特徴について思うことを述べなさい。
U.三色紙について知るところを述べなさい。

 【午後・制作】
T.別紙の仮名古典作品を画仙紙(全紙)に臨書しなさい。(下図参照)
  ※落款は、「春峰臨」とし、赤フェルトペンで「印」の形・大きさ・位置を示す。
U.別紙の仮名古典作品を画仙紙(半切)に臨書しなさい。(下図参照)
  ※落款は、赤フェルトペンで「印」の形・大きさ・位置を示こと。

先頭行へ先頭行へ


7.千葉大学

平成12年度 千葉大学 ―教育学部―
T.次の課題の宛名及び差出人を封書に書くものとして、指定の用紙に形式を整えて書きなさい。筆記用具は、鉛筆を用い、住所・氏名は縦書きにし、書体は楷書または読みやすい行書とする。(郵便番号、住所、氏名は仮想のものである。)
 (課題)
   (宛名) 郵便番号  123―4567
        住 所  沖名和市南北町八丁目九一二三
        氏 名  東山一栄様
   (差出人)郵便番号  890―1234
        住 所  朝日川市くすのき町五―六―七
        氏 名  西森和秀
U.次の課題(漢詩の書き下し文)を指定の用紙に文字の大きさ、配置・配列を整えて書きなさい。筆記用具は、鉛筆を用い、文字は縦書きにすること。漢字は楷書体で書き、仮名は漢字に調和させて書くこと。漢字は常用漢字の字体を用い、仮名遣いは現代仮名遣いによる。ふりがなは、書かないこと。(課題としての都合上、原詩の漢字の一部分を仮名で表記してある。)
 (課題)
   春夜、雨を喜ぶ
     唐    杜甫
   好雨、時節を知り、春に当たってすなわち発生す。
   風に随(したが)って潜(ひそ)かに夜に入り、物を潤し細かにして声なし。
   野径(やけい)、雲、ともに黒く、江船(こうせん)、火、ひとり明らかなり。
   暁に紅湿(こうしつ)のところを看(み)れば、花は錦官城(きんかんじょう)に重からん。
V.次の課題語句を指定の用紙に毛筆を用いて楷書体で書きなさい。自分の氏名は書かないこと。受験番号、座席番号を用紙の左下隅に墨書すること。
 (課題) 地球
W.次の写真は、平安時代に書かれた寸松庵色紙の一点である。これを指定の用紙に毛筆で臨書しなさい。自分の氏名は書かないこと。受験番号、座席番号を用紙の左下隅に墨書すること。
X.次の課題語句を指定の用紙に自らの創意を生かして毛筆で表現しなさい。用紙は縦長に使っても横長に使ってもよい。書体は自由。自分の氏名は書かないこと。受験番号、座席番号を用紙の左下隅に墨書すること。
 (課題) 二十一世紀この地球を守るのは私たち自身だ

先頭行へ先頭行へ


8.大東文化大学 書道学科

平成12年度 大東文化大学 ―書道学科(書道1)―
T.[臨書] 左の1・2・3・4問の中から二題を選び、半紙に臨書せよ。
 1.楷書(ちょ遂良・雁塔聖教序) ・・・ 不鏡三千之光
 2.行書(太宗・晋祠銘)  ・・・・・・・ 玄化曠而無名
 3.隷書(敦煌漢簡)  ・・・・・・・・・・ 羅列諸物名
 4.仮名(伝紀貫之筆・高野切) ・・・
          凡河内躬恒
      よをすてゝ
        やまにいるひと
           やまにても
      なほうきときは
        いづちゆくらん
U.[創作] 左の1・2・3の中から一題を選び、条幅(半切)に創作せよ。
 1.左の句を条幅に書け。ただし書風・書体、及び構成自由。
   黄鶴一去不復返白雲千載空悠悠
 2.左の俳句を条幅に書け。ただし漢字と仮名の変換、変体仮名の使用、及び書風構成自由。
   夜桜(よざくら)の一枝(ひとえだ)ながき水(みづ)の上(うへ)
 3.左の文を漢字かな交じりの書として条幅に書け。ただし書風・書体、及び構成自由。
   国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。
   夜の底が白くなった。


平成12年度 大東文化大学 ―書道学科(書道2)―
 【書道実技】
T.[臨書] 左の1・2・3・4問の中から二題を選び、半紙に臨書せよ。
 1.楷書(ちょ遂良・雁塔聖教序) ・・・ 不鏡三千之光
 2.行書(太宗・晋祠銘)  ・・・・・・・ 玄化曠而無名
 3.隷書(敦煌漢簡)  ・・・・・・・・・・ 羅列諸物名
 4.仮名(伝紀貫之筆・高野切) ・・・
          凡河内躬恒
      よをすてゝ
        やまにいるひと
           やまにても
      なほうきときは
        いづちゆくらん
 【小論文】
U.次のテーマに従ってあなたの考えを解答用紙に八〇〇字以内で記述せよ。
   私のめざす書

先頭行へ先頭行へ


9.大東文化大学 中国文学科

平成8年度 大東文化大学 ―中国文学科―
T.[臨書] 左の中から一題を選び、半紙に臨書せよ。
 1.楷書(欧陽詢・皇甫誕碑)   ・・・・・・・・ 捻管府司法
 2.行書(唐太宗・晉祠銘)    ・・・・・・・・・ 傳芳之跡斯在
 3.草書(米ふつ・李太師帖)    ・・・・・・・・・ 眞宜批帖尾
 4.仮名(伝藤原行成・粘葉本和漢朗詠集)・・・ きのふこそさなへとりしかいつのまにいなばもそよにあきかぜのふく
U.[創作] 左の中から一題を選び、半紙に創作せよ。
 1.左の句を半紙に書け。ただし書風・書体(隷書・楷書・行書・草書)及び構成自由。
    山深景更幽
 2.左の俳句を半紙に書け。ただし漢字と仮名の変換・変体仮名の使用、及び書体・構成自由。
    寝返(がえ)りをするぞそこのけ蛬(きりぎりす)


平成9年度 大東文化大学 ―中国文学科―
T.[臨書] 左の中から一題を選び、半紙に臨書せよ。
 1.楷書(顔真卿・多實塔碑)   ・・・・ 發明資乎十力
 2.行書(王羲之・集王聖教序)  ・・・ 夫顯揚正教
 3.草書(王羲之・謝生帖)   ・・・・・ 謝生多在山下
 4.仮名(伝紀貫之・高野切第三種)・・・ ふゆなれどはるのとなりのちかければながゝきよりぞはなはちりける
U.[創作] 左の中から一題を選び、半紙に創作せよ。
 1.左の句を半紙に書け。ただし書風・書体、及び構成自由。
     良樂苦於口
 2.左の俳句を半紙に書け。ただし漢字と仮名の変換・変体仮名の使用、及び書風・構成自由。
     春もややけしきととのふ月と梅


平成10年度 大東文化大学 ―中国文学科― (特別選抜)
T.[臨書] 左の中から三題を選び、それぞれ半紙に臨書せよ。
 1.隷書(乙瑛碑)       ・・・・・・・・・・・・ 皆備爵大常
 2.槽書(ちょ遂良・雁塔聖教序)    ・・・・・・ 百重寒暑
 3.行書(蘇軾・黄州寒食詩巻)    ・・・・・・ 自我来黄州
 4.草書(傳山・行草五言古詩巻)    ・・・・ 或應或不慮
 5.仮名(伝藤原行成・近衛本和漢朗詠集)・・・ やまさとはものさひしかることこそあれよのうきよりはすみよかりけり
U.[創作] 左の中から一題を選び、画仙紙半折に創作せよ。
 1.左の文を画仙紙半折に制作せよ。書風・書体・構成自由。ただし落款を「松山書」とし、赤フェルトペン等で印の位置・形・大きさを示せ。
   道者萬物之奥善人之賓不善人之所保
 2.左の和歌を画用紙半折に制作せよ。漢字と仮名の交換・変体仮名の使用、及び書風・構成自由。ただし落款を「松山書」または「松山かく」とし、赤フェルトペン等で印の位畳・形・大きさを示せ。
   みよしのの山の秋風さ夜ふけて
   ふるさと寒くころもうつなり


平成10年度 大東文化大学 ―中国文学科―
T.[臨書] 左の中から一題を選び、半紙に臨書せよ。
 1.楷書(孫秋生劉起祖等造像記) ・・・・・ 現世春属萬福
 2.行書(董其昌・行草書卷)   ・・・・・・・ 香飯半蒸雲
 3.草書(王羲之・遊目帖)   ・・・・・・・・ 未有動理耳
 4.仮名(伝紀貫之・高野切第一種) ・・・・ みちのくのあたゝのまゆみわかひかは すゑさへよりこしのひゝゝに
U.[創作] 左の中から一題を選び、半紙に創作せよ。
 1.左の句を半紙に書け。ただし書風・書体、及び構成自由。
   盛年不重來
 2.左の俳句を半紙に書け。ただし漢字と仮名の変換・変体仮名の使用、及び書風・構成自由。
   やはらかに人分けゆくや勝角(かちずまふ)力


平成11年度 大東文化大学 ―中国文学科―
T.[臨書] 左の中から一題を選び、半紙に臨書せよ。
 1.楷書(鄭道昭・鄭羲下碑)    ・・・・・・・ 聴宋樂其
 2.行書(太宗・晋祠銘)     ・・・・・・・・・ 軆弘潤之資
 3.草書(王羲之・十七帖)     ・・・・・・・・ 五十年中所無
 4.仮名(伝藤原行成・粘葉本和漢朗詠集)・・・ はるがすみたてるやいづこみよしのゝよしのゝやまにゆきはふりつゝ
U.[創作] 左の中から一題を選び、半紙に創作せよ。
 1.左の句を半紙に書け。ただし書風・書体、及び構成自由。
    山意向秋多
 2.左の俳句を半紙に書け。ただし漢字と仮名の変換・変体仮名の使用、及び書風・構成自由。
    春なれや名もなき山の朝がすみ


平成12年度 大東文化大学 ―中国文学科―
T.[臨書] 左の1・2・3・4問の中から一題を選び、半紙に臨書せよ。
 1.楷書(張猛龍碑)  ・・・・・・・・ 以懐芳松心
 2.行書(太宗・晋祠銘)  ・・・・・ 式刊芳烈
 3.隷書(礼器碑)  ・・・・・・・・・・ 天與厥福永
 4.仮名(伝紀貫之・高野切)・・・
    寛平のおほんときのきさいのみやの
    うたあはせのうた
    よみびとしらず
    むめのかをそでにうつしてとゞめてば
    はるはすぐともかたみならまし
U.[創作] 左の1・2・3問の中から一題を選び、半紙に創作せよ。
 1.左の句を半紙に書け。ただし書風・書体、及び構成自由。
   山光澄我心
 2.左の俳句を半紙に書け。ただし漢字と仮名の変換・変体仮名の使用、及び書風・構成自由。
   よし野(の)にて桜見(さくらみ)せふぞ檜(ひ)の木笠(きがさ)
 3.左の詩を半紙に、漢字かな交じりの書で書け。ただし、書体・書風及び構成自由。
   だあれもいない馬が水のにおいをかいでいる


平成12年度 大東文化大学 ―中国文学科―
T.[臨書] 左の1・2・3・4問の中から一題を選び、半紙に臨書せよ。
 1.楷書(智永・真草千字文)  ・・・・・・・ 天地玄黄宇宙
 2.行書(王羲之・快雪時晴帖)  ・・・・・ 快雪時晴佳
 3.草書(孫過庭・書譜)  ・・・・・・・・・・・ 其餘不足觀
 4.仮名(伝藤原行成筆・粘葉本和漢朗詠集)・・・
    さつきやみおぼつかなきにほとゝぎす
    なくなるこゑのいとゞはるけさ明香王子
U.[創作] 左の中から一題を選び、半紙に創作せよ。
 1.左の句を半紙に書け。ただし書風・書体、及び構成自由。
   温故而知新
 2.左の俳句を半紙に書け。ただし漢字と仮名の変換・変体仮名の使用、及び書風・構成自由。
   しら梅や誰(たが)むかしより垣の外

先頭行へ先頭行へ


10.大東文化大学 日本文学科

平成8年度 大東文化大学 ―日本文学科―
T.[臨書] 左の中から一題を選び、半紙に臨書せよ。
 1.楷書(欧陽詢・皇甫誕碑)  ・・・・・ 安定朝那人
 2.行書(王羲之・興福寺断碑)  ・・・・ 晉右軍將軍
 3.草書(孫過庭・書譜)   ・・・・・・・ 既常俗所存
 4.仮名(伝紀貫之・高野切第三種)・・・ みよしの・やまのかなたにいへもがなよのうきときのかくれがにせむ
U.[創作] 左の中から一題を選び、半紙に創作せよ。
 1.左の句を半紙に書け。ただし書風・書体(隷書・楷書・行書・草書)及び構成自由。
    君子無所爭
 2.左の俳句を半紙に書け。ただし漢字と仮名の変換・変体仮名の使用、及び書風・構成自由。
    小鳥来る音うれしさよ板さびし


平成9年度 大東文化大学 ―日本文学科―
T.[臨書] 左の中から一題を選び、半紙に臨書せよ。
 1.楷書(ちょ遂良・雁塔聖教序)   ・・・・・・ 一乗五律之道
 2.行書(王羲之・集王聖教序)   ・・・・・・ 波濤於口海
 3.草書(孫過庭・書譜)    ・・・・・・・・・・ 本乎天地之心
 4.仮名(伝藤原行成・粘葉本和漢朗詠集)・・ やまざとはふゆぞさびしさまさりけるひとめもくさもかれぬとおもへば
U.[創作] 左の中から一題を選び、半紙に創作せよ。
 1.左の句を半紙に書け。ただし書風・書体、及び構成自由。
    養氣得其和
 2.左の俳句を半紙に書け。ただし漢字と仮名の変換・変体仮名の使用、及び書風・構成自由。
    うぐひすや堤(つつみ)をくだる竹の中


平成10年度 大東文化大学 ―日本文学科―
T.[臨書] 左の中から一題を選び、半紙に臨書せよ。
 1.楷書(ちょ遂良・孟法師碑)    ・・・・・・ 纏跡於孔墨
 2.行書(王羲之・蘭亭序)    ・・・・・・・・ 観宇宙之大
 3.草書(王羲之・憂懸帖)    ・・・・・・・・ 故旨遣取消息
 4.仮名(伝藤原行成・近衛本和漢朗詠集)・・ なにをしてみのいたつらになりぬらむ としのおもはむこともやさしく
U.[創作] 左の中から一題を選び、半紙に創作せよ。
 1.左の句を半紙に書け。ただし書風・書体、及び構成自由。
   幽居氣味長
 2.左の俳句を半紙に書け。ただし漢字と仮名の変換・変体仮名の使用、及び書風・構成自由。
   陽炎(かげろふ)や名もしらぬ虫の白き飛ぷ


平成11年度 大東文化大学 ―日本文学科― (公募推薦)
T.[臨書] 左の中から一題を選び、半紙に臨書せよ。
 1.楷書(北海王元詳造像記)  ・・・・・・ 願母子平安
 2.行書(王羲之・蘭亭序)  ・・・・・・・・・ 俯察品類之盛
 3.草書(董其昌・菩薩蔵経後序)  ・・・ 極般若於輪言
 4.仮名(伝藤原行成・伊予切)  ・・・・・ みちとせになるといふもゝのことしよりはなさくはるにあひそめにけり
U.[創作] 左の中から一題を選び、半紙に創作せよ。
 1.左の句を半紙に書け。ただし書風・書体、及び構成自由。
   故園花自發
 2.左の俳句を半紙に書け。ただし漢字と仮名の変換・変体仮名の使用、及び書風・構成自由。
   ほろほろと山吹(やまぶき)ちるかたきの音


平成11年度 大東文化大学 ―日本文学科―
T.[臨書] 左の中から一題を選び、半紙に臨書せよ。
 1.楷書(ちょ遂良・雁塔聖教序)  ・・・ 濁類不能霑
 2.行書(王羲之・集字聖教序)  ・・・ 文抱風雲之潤
 3.草書(王羲之・十七帖)   ・・・・・ 龍保等平安也
 4.仮名(伝紀貫之・高野切第三種)・・・ あきかぜにほころびぬらしふぢばかまつゞりさせてふきりゞゝすなく
U.[創作] 左の中から一題を選び、半紙に創作せよ。
 1.左の句を半紙に書け。ただし書風・書体、及び構成自由。
    百里不共雷
 2.左の俳句を半紙に書け。ただし漢字と仮名の変換・変体仮名の使用、及び書風・構成自由。
    しばらくは花(はな)の上なる月夜(つきよ)かな


平成12年度 大東文化大学 ―日本文学科― (公募推薦)
T.[臨書] 左の1・2・3・4問の中から二題を選び、半紙に臨書せよ。
 1.楷書(孫秋生造像記)  ・・・・・・ 父母及弟子
 2.行書(王羲之・興福寺断碑) ・・・ 徐思忠等刻
 3.草書(孫過庭・書譜)   ・・・・・ 疑是右軍所製
 4.仮名(伝紀貫之筆・高野切) ・・・ かへし おほより きみをのみおもひこしぢのしらやまは いつかはゆきのきゆるときのある
U.[創作] 左の中から一題を選び、半紙に創作せよ。
 1.左の句を半紙に書け。ただし書風・書体、及び構成自由。
   妙言無古今
 2.左の俳句を半紙に書け。ただし漢字と仮名の変換・変体仮名の使用、及び書風・構成自由。
   大空(おほぞら)に又(また)わき出(い)でし小鳥(ことり)かな


平成12年度 大東文化大学 ―日本文学科―
T.[臨書] 左の1・2・3・4問の中から一題を選び、半紙に臨書せよ。
 1.楷書(元禎墓誌銘)  ・・・・・・・・・ 茂徳基於紫
 2.行書(顔真卿・争座位稿)  ・・・・ 百寮之側目
 3.草書(王羲之・行穣帖) ・・・・・・・・ 行穣九人還
 4.仮名(伝紀貫之筆・高野切) ・・・・
                  つらゆき
      おもひやるこしのしらねのしらねども
      ひとよもゆめのこえぬよぞなき
U.[創作] 左の中から一題を選び、半紙に創作せよ。
 1.左の句を半紙に書け。ただし書風・書体、及び構成自由。
   萬物生光輝
 2.左の俳句を半紙に書け。ただし漢字と仮名の変換・変体仮名の使用、及び書風・構成自由。
   春雨(はるさめ)の中におぼろの清水(しみづ)かな

先頭行へ先頭行へ


11.傾向からみた対策

 上記の問題の中で特徴的なこととして、実技のための練習は欠かせないが、書の制作にあたって自分の考え方(表現方法)を文章にして表現できることが必要である。 この典型が、平成12年に大東文化大学書道学科で出題された小論文である。 平成12年の福岡教育大学にも同種の問題が出題されている。
 また、中国・日本書道史を含めた知識を習得をする際は、ただ単に重要語の結びつきを記憶するだけでなく、著名な作品の特徴や制作された時代背景、鑑賞ポイント、作者のエピソード、書道で使われる用語を決められた字数でまとめ、説明できる文章力も必要である。 ここでいう著名な作品や作者、書道用語とは、上記の多くの問題を参考にすれば明らかであろう。
 そのため、あらかじめ各項目について 1000字程度 (原稿用紙 2〜3枚)にまとめ、繰り返し読み直しておくことが良いと思われる。 会場で設問を見てから頭の中で考え、整理しながら文章化するよりも時間の余裕が生まれるからである。
 最後に、このページが少しでも参考になり、希望される大学に合格されることを祈念する。

先頭行へ先頭行へ



   書道クイズ  漢字の筆順 1 2 / 漢字の部首 1 2 難読字 / ひらがなの字源 カタカナの字源 / 漢字の字源
             〔参考〕 書道の問題
             〔参考〕 大学入試問題 書道編 2015  1 2 3
             〔参考〕 大学入試問題 書道編 2014  1 2 3
             〔参考〕 大学入試問題 書道編 2013  1 2
             〔参考〕 大学入試問題 書道編 2012  1 2 3
             〔参考〕 大学入試問題 書道編 2011  1 2 3 4
             〔参考〕 大学入試問題 書道編 2009  1 2 3
             〔参考〕 大学入試問題 書道編 2008  1 2 3 4
             〔参考〕 大学入試問題 書道編      1 2


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項