表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある書道クイズの下層にある 大学入試問題 書道編 ( 1  2 )

   受験生の方へ

大学入試問題 書道編_2 .


大学の中には、書道の実技・理論で受験できるところがあります。
以下の問題は、受験生が持ち帰った問題用紙をそのまま写しました。
受験を予定しているみなさんに少しでも参考にしていただければ幸いです。
このページは、2001年 (平成13年) と、2002年 (平成14年) の問題です。

 ※ 本来の問題と異なる点 (あらかじめご了承下さい)
   原本は縦書きですが、横書きにしてあります。

[ 掲載大学名 ]
平成14年度 岩手大学  ( 2002年 3月実施 )
平成13年度 東京学芸大学  ( 2001年 3月実施 )
平成13年度 岩手大学  ( 2001年 3月実施 )



2.岩手大学  平成14年度

平成14年度  入学者選抜実技検査問題 〔後期日程〕
   学校教育教員養成課程中学校教育コース国語科 (書道) ・芸術文化課程造形コース (書道)

【共通問題】
 別紙<資料1>の二種の碑帖から、次の部分を、指定した半紙に臨書せよ。
   1 「拝洛観河」 (孔子廟堂碑)
   2 「天朗気清」 (蘭亭序)


 <資料1>

資料1

資料1

   学校教育教員養成課程中学校教育コース国語科 (書道)
一、硬筆を用いて、次の文を指定した用紙に調和よく書写しなさい。 ただし、一行の字数や行数はこの通りでなくてもよい。
     「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて老いをむかふる物は、
      日々旅にして旅を栖とす。」 (松尾芭蕉「奥のほそ道」)
二、次の三種の中から一種を選び、指定した半紙に創意ある表現をせよ。 ただし、作者名は書かなくてもよい。
   1 〔漢字の書〕 用紙は縦に使用すること。
      「晴耕雨読」
   2 〔仮名の書〕 漢字、仮名は自由に変換してよい。 濁点は書かなくてもよい。 また、用紙は縦横自由に使用してよい。
      「春の夜のやみはあやなし梅の花色こそ見えねかやはかくるる」 (凡河内躬恒 「古今和歌集」)
   3 〔漢字仮名交じりの書〕 漢字、仮名の変換は不可。 句読点は書かなくてもよい。 用紙は縦横自由に使用してよい。
      「秘すれば花なり、秘せずば花なるべからず。」 (世阿弥 「風姿花伝」)

   芸術文化課程造形コース (書道)
一、別紙<資料2>の古筆 (元永本古今集) を原寸大で指定した半紙に臨書せよ。
      ※注 原紙(別紙)棄損のため、画像は載せられませんが、該当部分は後日掲載します。
二、次の三種の中から二種を選び、指定した画仙紙半切に創意ある表現をせよ。 ただし、作者名は書かなくてもよい。
   1 〔漢字の書〕 用紙は縦に使用すること。
      「遺愛寺鐘欹枕聴 香爐峰雪撥簾看」 (白居易「香爐峰下新ト山居草堂初成偶題東壁」)
   2 〔仮名の書〕 漢字、仮名は自由に変換してよい。 濁点は書かなくてもよい。 また、用紙は縦横自由に使用してよい。
      「世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」 (在原業平朝臣「古今和歌集」)
   3 〔漢字仮名交じりの書〕 漢字、仮名の変換は不可。 用紙は縦横自由に使用してよい。
      「私の耳は貝のから
       海の響をなつかしむ」 (堀口大学訳、コクトー 『月下の一群』)



1.東京学芸大学  平成13年度

平成13年度 〔前期日程〕 (書道)
T 次の問題の解答を別紙解答用紙に記しなさい。 解答に際しては、鉛筆を使用すること。
   硬筆による書写力も合わせて評価する。
  1 次の写真 (a) 〜 (d) について作品名を答え、知るところを記しなさい。
( d )
問題1_d
( c )
問題1_c
( b )
問題1_b
( a )
問題1_a
  2 次の (1) 〜 (3) を簡潔に説明しなさい。
    (1) 背勢
    (2) 朱文
    (3) 筆意

U 次の語句を半紙縦に使い、楷書または行書二行で書きなさい。
   泰然自若

V 別紙 (1) 印刷の 『高野切本古今和歌集』 を半紙縦に、五〜六行程度の「散らし書き」に直して臨書しなさい。

W 次の正岡子規の短歌を「漢字仮名交じりの書」の作品として半紙に体裁よくまとめなさい。
   ( 漢字、仮名の交換は認めない。 半紙は横にして使用すること。)
   ガラス戸の外は月あかし森の上に白雲長くたなびけるみゆ

X 別紙 (2) 印刷の 『孔子廟堂碑』 の 「宇宙而洽幽明、動風雲而潤江海」 の十三字と、別紙 (3) 印刷の 『風信帖』 の
   「空(海)推常。擬随命躋攀彼嶺。」 の十一字を雅箋紙半折に、二行で臨書しなさい。
   ただし、B類受験生は (2) を、G類受験生は (3) をそれぞれ書きなさい。
別紙 (3)
別紙_3
別紙 (1)
別紙_1



2.岩手大学  平成13年度

平成13年度 入学者選抜実技検査問題 〔前期日程〕 芸術文化課程造形コース (書道)
一、別紙<資料1>の三種の碑帖から、次の部分を指定した半紙に臨書せよ。
   1 皇甫誕碑   「哀慟里閭」
   2 興福寺断碑 「龍豹之神」
   3 書 譜     「思遏手蒙」
資料 1-3
資料_1-3
資料 1-2
資料_1-2
資料 1-1
資料_1-1

二、別紙<資料2>の古筆(関戸本古今集)を原寸大で指定した用紙に臨書せよ。

  <資料 2>
       これさ(散)だ(堂)のみこの(能)い(伊)へのう
       た(多)あは(者)せの(能)うた(堂)
                    お(於)ほ(本)え(要)の(能)ちさ(佐)と(東)
     月み(三)れば(盤)ちゞに(尓)も(毛)のこそ(曽)かな(那)し
     け(希)れわが(可)みひとつ(徒)の(農)あきに(尓)はあ
     ら(羅)ね(年)ど(登)
            ※注 原本は縦書きのため、ふりがな(カッコ内)は右にうってあります。
資料 2
資料_2

三、次に指定した詩文・語句について、指定した画仙紙半切に創意ある表現をせよ。
   1 〔漢字の書〕 用紙は縦に使用すること。
      孤帆遠影碧空尽 唯見長江天際流
                         (李白 「黄鶴楼送孟浩然之広陵」より)
   2 〔仮名の書〕 漢字、仮名は自由に変換してよい。 用紙は縦横自由に使用してよい。
      やはらかに積(つも)れる雪(ゆき)に
      熟(ほ)てる頬(ほ)を埋(うづ)むるごとき
      戀(こひ)してみたし
                         (石川啄木 「一握の砂」より)
          ※注 原本は縦書きのため、ふりがな(カッコ内)は右にうってあります。
   3 〔漢字仮名交じりの書〕 漢字、仮名の変換は不可。 用紙は縦横自由に使用してよい。
      菜の花畠に 入り日薄れ、
      見わたす山の端 霞ふかし。
                         (文部省唱歌 「朧月夜」より)
四、次の五種の中から一種を選択し、指定した用紙に創意ある表現をせよ。 用紙は縦横自由に使用してよい。
   1 剛健
   2 秀麗
   3 寛博
   4 温雅
   5 颯爽


平成13年度  入学者選抜実技検査問題 〔後期日程〕
   学校教育教員養成課程中学校教育コース国語科 (書道) ・芸術文化課程造形コース (書道)

【共通問題】
 別紙<資料1>の二種の碑帖から、次の部分を指定した半紙に臨書せよ。
   1 薦季直表 「素為廉吏」
   2 風信帖   「如掲雲霧」
資料 1-2
資料_1-2
資料 1-1
資料_1-1

   学校教育教員養成課程中学校教育コース国語科 (書道)
一、硬筆を用いて、次の文を指定した用紙に調和よく書写しなさい。 ただし、一行の字数や行数はこの通りでなくてもよい。
     私は当然、いろいろの画を見ているが、書も見ている。
     書は画より端的である。
     造形芸術の中でいちばん最短距離を勝負する。
     画をかくには道具立てが多いが、書は硯と墨と一本の筆があればよい。
二、次の三種の中から一種を選び、指定した半紙に創意ある表現をせよ。 ただし、作者名は書かなくてもよい。
   1 〔漢字の書〕 用紙は縦に使用すること。
      光風動春
   2 〔仮名の書〕 漢字、仮名は自由に変換してよい。 濁点は書かなくてもよい。 また、用紙は縦横自由に使用してよい。
      あさ緑糸(みどりいと)よりかけて白露(しらつゆ)を玉(たま)にもぬける春(はる)の柳(やなぎ)か
                         (遍昭 「古今和歌集」より)
          ※注 原本は縦書きのため、ふりがな(カッコ内)は右にうってあります。
   3 〔漢字仮名交じりの書〕 漢字、仮名の変換は不可。 用紙は縦横自由に使用してよい。
      雪とけて村一ぱいの子どもかな
                         (小林一茶 「七番日記」より)

   芸術文化課程造形コース (書道)
一、別紙<資料2>の古筆(寸松庵色紙)を原寸大で指定した用紙に臨書せよ。
二、次の三種の中から二種を選び、指定した画仙紙半切に創意ある表現をせよ。 ただし、作者名は書かなくてもよい。
   1 〔漢字の書〕 用紙は縦に使用すること。
      葡萄美酒夜光杯 欲飲琵琶馬上催
                         (王翰「涼州詞」より)
   2 〔仮名の書〕 漢字、仮名は自由に変換してよい。 濁点は書かなくてもよい。 また、用紙は縦横自由に使用してよい。
      春霞(はるがすみ)たてるやいづこみ吉野(よしの)の吉野(よしの)の山(やま)に雪(ゆき)は降(ふ)りつつ
                         (読人しらず 「古今和歌集」より)
          ※注 原本は縦書きのため、ふりがな(カッコ内)は右にうってあります。
   3 〔漢字仮名交じりの書〕 漢字、仮名の変換は不可。 用紙は縦横自由に使用してよい。
      汽車の窓
      はるかに北にふるさとの山見え来れば
      襟を正すも
                         (石川啄木 「一握の砂」より)

<資料 2>
                                                     た(多)ゞみ(見)ね(年)
   あめ(免)ふれば(盤)か(可)さとり(利)山のもみぢば(盤)ゝ(は)ゆき(支)か(可)ふ(婦)人のそ(所)でさ(佐)へぞ(曽)てる
          ※注 原本は縦書きのため、ふりがな(カッコ内)は右にうってあります。
資料 2
資料_2

先頭行へ先頭行へ



   書道クイズ  漢字の筆順 1 2 / 漢字の部首 1 2 難読字 / ひらがなの字源 カタカナの字源 / 漢字の字源
             〔参考〕 書道の問題
             〔参考〕 大学入試問題 書道編 2015  1 2 3
             〔参考〕 大学入試問題 書道編 2014  1 2 3
             〔参考〕 大学入試問題 書道編 2013  1 2
             〔参考〕 大学入試問題 書道編 2012  1 2 3
             〔参考〕 大学入試問題 書道編 2011  1 2 3 4
             〔参考〕 大学入試問題 書道編 2009  1 2 3
             〔参考〕 大学入試問題 書道編 2008  1 2 3 4
             〔参考〕 大学入試問題 書道編      1  2


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項