表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある 九成宮醴泉銘 (部分 1)九成宮醴泉銘_1へ


九成宮醴泉銘

全文の釈文・概要


 歐陽詢の「九成宮醴泉銘」を取り上げました。

  1. 全文の釈文
  2. 歐陽詢の生涯
  3. 作品の成立過程と時代背景
  4. 歐陽詢の代表作
  5. 地 図
  6. 参考文献
九成宮醴泉銘-碑文の拓本

【右の碑文の概要】

 作品名 … 九成宮醴泉銘
 制作年 … 唐時代、貞観(じょうかん)6年(632)
 撰 文 … 魏徴(ぎちょう)
 書 体 … 楷書
 現存地 … 中華人民共和国陝西省(せんせいしょう)麟遊県(りんゆうけん)天台山
     (下図参照
 形 状 … 碑の字面
      約170cm×約110cm (縦×横)
      一行50字の24行、一文字の大きさは
      約2.5cm
      碑の高さ 2.3m弱、碑の幅 1m強

1. 全文の釈文(本文縦書き)
部分 3 部分 2 部分 1









 







 




 




 






 




 






 




 



 






 






 






 

 




 






 




 




 




 




 





 





 








 





 




 




 





 




 






 






 


 






 




 






 






 







 






 




 




 




 




 




 




 






 




 
西



 




 








 







 




 




 







 




 




 




 








 






 




 




 






 





 




 








 






 




 




 



 







 




 




 




 



 




 




 




 





寿


 



殿
 




 




 




 









 









 














鹿








 
 







部分 5 部分 4



 




 




 




 





 




 




 




 


使

 




 






 






 





 






 




 




 






 






 





 






 


 





 







 






 



 




 




寿
 





 





 




 




 




 




 








 




 




 




 




 



 






 




 




 



 






 


 




 






 






 





 




 






 






 







 






 

穿


 




 




 





 




 




 








 




 




 






 







 




 




 


西



 



 






 






 















 








 




 


部分 6






 



 










 




 




 







 




 




 




 







 




 




 




 






K
 




 




 




 







 




 




 




 







 




 




 




 







 




 




 




 







 




 




 




 







 




 




 




 







 




 




 




 







 




 




 




 







 




 




 




 







 




 




 




 






以下は横書きです。

先頭行へ先頭行へ

2. 歐陽詢の生涯

中国年号(西暦) /満年齢 年譜   (〔 〕は関連事項) 注 釈

永定元年 (557) 0  湖南省潭州臨湘に生まれる。
 父は歐陽こつ(こつ)
 父は広州刺史(行政監察官)
永定 2年 (558) 1    〔虞世南が生まれる〕
開皇 8年 (588) 31  隋の煬帝に仕えて太常博士になる  太常博士:儀礼を司る官。
 煬帝:隋の第二代皇帝
 (在位604-618)
開皇16年 (588) 39    〔ちょ遂良が生まれる〕
大業 7年 (611) 54  姚弁墓誌
武徳元年 (618) 61  唐・高祖が即位すると給事中になる  高祖:李淵(在位618-626)
 給事中:皇帝の側近官
武徳 4年 (621) 64  開元通寶の銭文を書く
武徳 7年 (624) 67  悲短らと共に「芸文類聚」百巻を編集
武徳 9年 (626) 69  宗聖観記
貞観元年 (627) 70  太子率更令に累進、弘文館で学生を
 指導する
 太子率更令:皇太子の養育を
 司る官
貞観 2年 (628) 71    〔虞世南 「孔子廟堂碑」〕
貞観 4年 (630) 73    〔ちょ遂良 「枯樹賦」〕
貞観 5年 (631) 74  房彦謙碑・化度寺よう禅師碑
貞観 6年 (632) 75  九成宮醴泉銘
貞観 9年 (635) 78  般若波羅密多心経
貞観11年 (637) 80  虞恭公温彦博碑
貞観12年 (638) 81    〔虞世南、没〕
貞観15年 (641) 84  小楷千字文碑、没


  【参考】 歐陽詢伝『旧唐書』『新唐書』『補江総白猿伝』の歐陽詢伝を紹介します。

先頭行へ先頭行へ

3. 作品の成立過程 と 時代背景

 1) 作品の成立過程

 九成宮とは、唐王朝の別荘のことで、今の陝西(せんせい)省西安の西北 150kmの陝西省麟遊県からさらに西数kmの天台山という深山にありました。
 もともとは隋の文帝(ぶんてい)(1)が避暑用の離宮として楊素(ようそ)(2)に命じて造営させた仁寿宮(じんじゅきゅう)で、開皇(かいこう) 13年(593)より 2年がかりで築かれた大宮殿です。 垣周 1800歩あったといわれています。 貞観 5年(631)、唐の太宗(3)はこれを修復して九成宮と改め、離宮としました。
 九成という名の由来は、この宮殿が山の幾層にも重なり合った場所にあることにちなんでいます。
翌 6年(632)太宗が避暑に出向いたときに、皇后を伴い歩いていると、偶然にも西のほうの一隅に潤いのある所を見つけ、杖でつつくと()しくも醴泉(れいせん)が湧きました。 醴泉とは、甘味な水ということです。
 太宗(たいそう)はそれを唐王朝の徳に対応する一大祥端だと喜び、魏徴(ぎちょう)撰文(せんぶん)させ、歐陽詢に書かせて建てた記念碑がこの「九成宮醴泉銘」です。


 2) 時代背景

 九成宮醴泉銘の碑文の書跡は、楷法の極則として珍重されました。
 書を立派に書くこと、特に正しい楷書を書くことは、唐代の官吏として最も大切な条件のひとつでした。 それは書というものが聖人の教えを表現するための最高の手段であり、その教えを伝えることによって政治を行うのが官吏の任務であるとすれば、書は彼らにとって重要な意味をもっていました。 書が書けることこそ、彼らを一般庶民から区別することのできる誇るべき能力であったと言えます。  更に立派な書は高い人格の表現であるとさえ考えられました。 このような気風を打ち立てたのが太宗です。 「唐六典(とうりくてん)(4)」巻 8、弘文館学士の条によれば、太宗は、宮中の図書館であり、天子の学問所でもある弘文館に、虞世南や歐陽詢を学士として出仕させ、皇室、外戚や在京の高官の子弟たちに楷法を教えさせました。 中央の国立大学にあたる国子監(こくしかん)(5)にも書学が置かれました。 地方から官吏に推薦された者の科挙(かきょ)(6)の受験科目にも明書科(めいしょか)というものがありました。
 こうした書に対する考え方、捉え方は、現在に至るまで生き続けています。 そしてこの科挙の国家試験を受験するために書を学ぶ、その手本としても「九成宮醴泉銘」の碑文は珍重され、その拓本を目的に多くの人が仁寿宮の遺跡を尋ねました。

 (
1. 文帝
隋の第一代皇帝。本名は楊堅。北周の外戚であったが、位を受けて隋をたてて、長安(陝西省西安市)に都を定めた。のち、南朝の陳を滅ぼして南北朝を統一した。(在位)西暦581-604。(生没年)西暦541-604。
2. 楊素
隋代、華陰(陝西省)の人。字は処道。文帝に従って天下を平定し、(えつ)国の公になった。(生没年)西暦 ?-606。
3. 太宗
唐の第二代皇帝。姓は李、名は世民、太宗は廟号。李淵の次子であったが、父をたすけて天下を統一し、人材を登用して善政をしき、学問、文学を奨励した。彼の統治を貞観の治といい、りっぱな政治の模範とされる。(在位)西暦626-649。(生没年)西暦597-649。
4. 唐六典
唐代の官制に関する書物。開元 10年(722)、玄宗の勅命により編纂開始。16年後の開元 26年(738)に完成した。唐代の律令制に基づく諸制度や法律を知る上で極めて重要な史料である。六典とは、三師、三公、三省、九寺、五監、十二衛のこと。
5. 国子監
国立の最高学府のこと。国立学問所は、漢代の太学に始まり、晋代の国子学を経て、唐の貞観 5年(631)長安に国子監が設立された。国子監とは、その所在地からこの名がつけられた。元の大徳 10年(1306)に創立された国子監は北京にあり、現在は首都図書館として一般に開放されている。
6. 科挙
隋から清まで行われた官吏任用試験。科挙の制度は時代によって変わるが、隋・唐代には秀才・進士・明教・明法・明算・明書の六科が受験科目であった。競争倍率は時代によって異なるが、宋代では、郷試(地方試験)、会試(中央試験)の合格者に対して、殿試(宮中二次試験)が行われ、各試験の合格率は 100分の1 前後のため、最終合格率は約1万分の1と言われている。また、この制度は身分に関係なく誰でも受験でき、受験料は無料であった。しかし、一回の試験で交通費・宿泊費・食費・試験官への謝礼・係員への祝儀・宴会費・交際費等々が必要で、現在の円レートに換算すると約 600万円程であった。特に、地方からの受験生はそれ以上に負担がかかり、そのため裕福な家庭の者しか受験できなかった。『科挙』宮崎市定著(中公新書)に詳しい。

先頭行へ先頭行へ

4. 歐陽詢の代表作 (作品名,現存地,制作年,特徴・内容の順,「九成宮醴泉銘」を除く)

1) 楷 書
  「化度寺よう禅師碑(けどじようぜんじひ)」  原石亡佚 貞観(じょうかん) 5年(631)
  「温彦博碑(おんげんぱくひ)」  陝西省(せんせいしょう)・醴泉 貞観 11年(637)
  「皇甫誕碑(こうほたんひ)」  陝西省・西安碑林 貞観年間
     (石碑の概要:高さ260cm×幅96cm、59字×28行 撰文:于志寧)
 ※ 隋の誠節の臣皇甫丹誕のために子の無逸が建てた碑であるが、建立年月は分からない。同じ歐陽詢の書でも、九成宮醴泉銘より一層厳しくて鋭い。いわゆる欧法の特徴をより端的に見せるものとして評されている。


2) 隷 書
  「房彦謙碑(ぼうげんけんのひ)」  山東省・章邱 貞観 5年(631)
  「宋聖観碑(そうせいかんひ)

3) 行 書
  「仲尼夢奠帖(ちゅうじむてんじょう)(全78字9行 史事帖の一つ。生者必滅、善悪応報の理を説いたもの。)
  「ト商(ぼくしょう)帖」、 「張翰(ちょうかん)帖」、 「史事帖(しじじょう)

4) 草 書
  「千字文(せんじもん)
  『淳化閣帖(じゅんかかくじょう)』巻四の中に「蘭惹帖(らんじゃくじょう)」「静思帖(せいしじょう)」「五月帖(ごげつじょう)」「足下帖(そつかじょう)」がある

先頭行へ先頭行へ

5. 地 図

 中国の略地図です  「故宮博物院」にリンクします

先頭行へ先頭行へ

6. 参考文献 (歐陽詢・九成宮醴泉銘 関係)

辞書・辞典
『書道百科事典』 阿保直彦編 木耳社 1992
『書道技法事典』 阿保直彦編著 木耳社 1991 (3刷)
『漢字源』     藤堂明保他編 学習研究社 1988
伝記
『書人小伝』       書学大系・研究篇 第3巻 西林昭一編 同朋舎出版 1985 (1版2刷)
『唐代書人伝<新編>』 深谷周道 二玄社 1983 (初版)
『中国書人伝』      駒田信二  芸術新聞社 1987 (3刷)
原文・解釈
『欧陽詢九成宮醴泉銘』    書学大系・碑法帖篇 第二十四巻 同崩社出版 1984
『唐代碑帖解義 唐代書人伝』 深谷周道  二玄社 1983 (初版) p6-21
エピソード・訳注等
『唐宋伝奇集 上』 今村与志雄訳 岩波文庫 1993 (9刷) 「白い猿の妖怪」 p11-19
『中国の神話』   白川静  中公文庫 1998 (6刷)
漢文資料 (原文・注釈)
『新唐書』 一八傳 中華書局出版 1991 (4刷)
『唐六典』 [唐]李林甫 等撰 中華書局出版 1992
 ※ 歐陽詢の「歐」は、「欧」と書かれている資料もありますが、全て「歐陽詢」で表記を統一しました。

   ※ ブラウザの文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。

先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。


九成宮醴泉銘   全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 部分 4 / 部分 5 / 部分 6 / (資料) 歐陽詢伝


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項