表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある九成宮醴泉銘の下層にある 九成宮醴泉銘 (部分 2)九成宮醴泉銘_2へ


九成宮醴泉銘

部分 1  臨書と解説

  1. 臨書 と 拓本
  2. 訓読(書き下し文)
  3. 現代語訳 ()
  4. 書 法

1.臨書 と 拓本 (縦書き)     1・2段目が臨書、 3段目は拓本です。
九成宮醴泉銘-1a(鎌田舜英臨)

九成宮醴泉銘-1b(鎌田舜英臨)

九成宮醴泉銘 - 歐陽詢

以下は横書きです。

先頭行へ先頭行へ

2.訓読(書き下し文)
秘書監(ひしょかん)検校侍中(けんこうじちゅう)鉅鹿郡公(きょろくぐんこう)臣魏徴(しんぎちょう)(ちょく)(ほう)じて(せん)す。 ()貞観(じょうかん)六年(ろくねん)孟夏(もうか)(つき)皇帝(こうてい)(しょ)九成(きゅうせい)(みや)()く。 ()(すなわ)(ずい)仁寿宮(じんじゅきゅう)なり。 (やま)(かん)して殿(でん)(たか)くし、(たに)()ちて(いけ)()し、(みず)(また)がりて(はしら)(わた)し、(いわ)(わか)ちて(けつ)(そびや)かす。 高閣(こうかく)(めぐり)()ち、長廊(ちょうろう)()もに(おこ)り、棟宇(とうう)膠葛(こうかつ)として、しゃ(たいしゃ)参差(しんし)たり。 (あお)()れば(すなわち)ちょうてい(ちょうてい)たること百尋(ひゃくじん)(した)(のぞ)めば(すなわ)崢エ(そうこう)たること千仞(せんじん)。 珠壁(しゅへき)(こも)ごも(えい)じ、金碧(こんぺき)()(かがや)き、雲霞(うんか)照灼(しょうしゃく)し、日月(じつげつ)蔽虧(へいき)す。 ()(やま)(うつ)(たに)(めぐ)らし、(たい)(きわ)()(きわ)め、(ひと)(もっ)(よく)(したが)わしむるを()れば、(まこと)(ふか)(とが)むるに()るも、炎景(えんけい)(きん)(なが)すに鬱蒸(うつじょう)()なく、微風(びふう)(おもむ)ろに(うご)きて、淒清(せいせい)(りょう)あるに(いた)りては、(まこと)(たい)(やす)んずるの佳所(かしょ)(まこと)(しん)(やしな)うの(しょう)()たり、(かん)甘泉(かんせん)(くわ)うる(あた)わざる(なり)

先頭行へ先頭行へ

3.現代語訳
 秘書監(1)で検校侍中(2)であり鉅鹿郡(3)公であった私、魏徴(4)(つつし)んで天子の命を受けて文章を書きます。 
 この貞観(じょうかん)六年(632)の初夏四月に(太宗)皇帝は暑さを避けて九成宮にご滞在なされました。 九成宮というのは、(ずい)仁寿宮(じんじゅきゅう)のことであります。 山の頂きに宮殿を高く構え、谷を()き止めて池を作り、水を(また)いで橋を架け、岩山を削って宮門を高く立てました。 高閣はめぐりたち、長い廊下は四方に走り、棟木や軒端が遙かに連なり、四方をながめるための物見台が高低入り乱れて建ち並んでいます。 ふり仰いで見れば、その高く聳えるさまは山のようで、見おろせば深く遙かなことは谷のようでした。 真珠や玉が照り映え、金と碧が輝きあい、雲霞(うんか)を灼けつくすように照らし、日月を(おお)い隠すほどです。 このように山に居を移し、(たにがわ)をめぐらし、贅沢を極め、多くの人々を天子の欲望に従わせたことを思うと、まことに心傷むことです。 しかしながら、ここは金をも溶す炎天の中でも、蒸し暑い気配すらなく、微風が静かにそよぎ、清らかな涼しさがあり、まことに身体をやすめるのに佳い所で、精神を養うのに優れた場所と言えます。 その素晴らしさは、漢の甘泉宮(かんせんきゅう)でさえも、かなわないことでしょう。

(注)
  1. 〔秘書監〕図書を掌る官
  2. 〔検校侍中〕経籍を掌る門下省の長官
  3. 〔鉅鹿郡〕河北省毫県
  4. 〔魏徴〕唐初の名臣。曲城(山東省掖県)の人。字は玄成。太宗に仕え、200余回におよぶ諌言をし、その議論は『貞観政要』にみえる。『隋書』を著した。(生没年)西暦580-643

先頭行へ先頭行へ

4.書 法
1) 全体の構成
 九成宮醴泉銘の字形は、造形的には縦長に構え、胴を引き締めて背勢というスタイルをとります。 縦画を高くして長く引き落とし、形を左に傾けたものが目立ちます。 左部を引き締めて右肩を上げ、軽く開いて力を放つようにしており、横画は左を短く、右を長く伸ばして文字の均衡を保つ工夫がされており、間隔を均等に作り整理しきった造形が特徴です。
 線質は筆勢によって強靭さを表し、筆圧を軽くかけて変化を少なくして一貫して押し進め、直線的で反りをふくませています。 そして弾力を生かしながら、極めて無意匠な表情にみえますが、形や線質に独特の要素と変化が見られます。
 次に具体的な特徴について、見ていきたいと思います。

2) たて長・背勢
 この部分-1では、たて長と背勢について見てみます。
〔臺〕 文字の造形が縦長です。
〔周〕 胴を引き締めて背勢で反りぎみです。
〔尤〕 曲がりの部分は上方にゆっくりとはじきだします。
〔之〕 筆先を引き上げ、文字に軽快さと動きを与えています。
〔百〕 縦画との接し方に変化をつけています。
臺 周 尤 之 百
字形は一般的に縦長につくります。 そそり立つようにもみえますが、それは偏か旁かのどちらかが強調され、右上がりの構成になっているからです。

先頭行へ先頭行へ

※ ブラウザの文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。


ご覧いただき、ありがとうございました。


九成宮醴泉銘  全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 部分 4 / 部分 5 / 部分 6 / (資料) 歐陽詢伝


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項