表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある九成宮醴泉銘の下層にある 九成宮醴泉銘 (部分 3)九成宮醴泉銘_3へ


九成宮醴泉銘

部分 2  臨書と解説

  1. 臨書 と 拓本
  2. 訓読(書き下し文)
  3. 現代語訳 ()
  4. 書 法

1.臨書 と 拓本 (縦書き)     1・2段目が臨書、 3段目は拓本です。
九成宮醴泉銘-2a(鎌田舜英臨)

九成宮醴泉銘-2b(鎌田舜英臨)

九成宮醴泉銘 - 歐陽詢

以下は横書きです。

先頭行へ先頭行へ

2.訓読(書き下し文)
皇帝(こうてい)(ここ)弱冠(じゃっかん)()りて四方(しほう)経営(けいえい)し、立年(りつねん)(およ)びて億兆(おくちょう)撫臨(ぶりん)す。 (はじ)武功(ぶこう)(もっ)海内(かいだい)(いつ)にし、(つい)文徳(ぶんとく)(もっ)って遠人(えんじん)(なづ)く。 (ひがし)青丘(せいきゅう)()え、(みなみ)きょう(たんきょう)()えて、()ちん(ちん)(けん)()(ほう)じ、(やく)(かさ)ねて来王(らいおう)す。 西(にし)輪台(りんだい)(およ)び、(きた)玄闕(げんげつ)(いた)るまで、()()州県(しゅうけん)(つら)ね、(ひと)編戸(へんこ)()つ。 ()(しゅく)して(とし)(やわ)らぎ、(ちか)きは(やす)んじ、(とお)きは(つつ)しみ、群生(ぐんせい)()()げ、きょう(れいきょう)(ことごと)(いた)るは、二儀(にぎ)(こう)()ると(いえど)も、(つい)には一人(いちじん)(おもんばか)りに()る。 ()(わか)れて(もの)()し、(かぜ)(くしけづ)(あめ)(もく)し、百姓(ひゃくせい)(こころ)()し、憂労(ゆうろう)して(やまい)()すこと、ぎょう(ぎょう)(はだえ)ほじし(ほじし)(ごと)きに(おな)じく、()(あし)胼胝(へんち)よりも(はなは)だし。 針石(しんせき)しばし(しばし)(くわ)うれども、そう(そうり)()(とどこお)れり。

先頭行へ先頭行へ

3.現代語訳
 太宗(たいそう)皇帝は、二十歳の時に天下を平定し、三十歳になるころには国民を平安に治められました。 はじめには武刀で天下を統一され、のちにはその人徳で遠国の人々とも慣れ親しみました。 東は青丘(1)を越え、南は丹徼(たんきょう)(2)を越えるまで、こぞって宝物や礼物を献上し、つぎつぎと通訳を重ねて来朝してきました。 西は輪台(りんだい)(3)におよび、北は玄闕(げんけつ)(4)に至るまで、すべての土地には州や県が置かれ、人々は戸籍に編入されました。 気候は穏やかで四季は順調にめぐり、都は平安で遠方もつつがなく、皆生を全うし、神霊のご加護がことごとく至ったことは、天地の功績に因るとはいえ、やはり天子のおぼしめしのおかげであります。 天子は我が身を忘れて、万物の為に尽くされました。 それはあたかも風に(くしけず)って雨に沐するような苦しさであり、万民を気に配って、その心労のはてにご病気になられたのです。 それはぎょう(ぎょう)(5)が政治の疲れのために肌が皺だらけになったのと同じように、()(6)が治水に奔走して足にひび・あかぎれができたこと以上にたいへんなことでした。 針灸の治療をしばしば行ってはみたものの、体調がすぐれず回復することができませんでした。

(注)
  1. 〔青丘〕神仙のいるところ。すなわち長洲。南海の中の十州の1つ。
  2. 〔丹徼〕南方の辺境。
  3. 〔輪台〕県名。西域の地。故城は広西省庭州の西北。
  4. 〔玄闕山〕北方の山。天子の宮殿。
  5. 〔ぎょう〕伝説上の聖天子。名は放勲。五帝の一人。舜を起用して治水にあたり、舜の有能さを認めて天下を譲ったことは、儒家から理想の君主政治とされた。
  6. 〔禹〕()(禹王にはじまり、(けつ)王のとき、(いん)(とう)王に滅ぼされた)の開祖とされる伝説上の聖王。黄河の洪水を治めたとされる。帝(しゅん)に推されて王となった。

先頭行へ先頭行へ

4.書 法 (そり・曲がり)
 この部分-2では、そりと曲がりについて特徴を見てみます。
〔人〕 左払いが短めに書かれています。
〔兆〕 曲がりの部分に注意。 深く入れた筆をつりぎみに運筆し、曲がりのところでいったん軽く止める。 そのあと筆圧と加速度を加えながら運筆して上方にはじきだします。
〔武〕 斜め45度の方向から筆を入れ、加速度をつけて右下へそり気味に運筆し、いったん止め、外側から上へ押し出すようにします。
〔年〕 横画が二つ以上ある場合は、下側の横画を思い切って長くしています。
〔終〕 糸の点画の第1画をはね、第3画を返すような筆意が見えます。 偏に比べつくりが大きいです。 点の間隔は均等に保つようにします。 またつくりの方の点は中心に点の位置が移動しています。 旁は偏とのバランスをとりながら3分割になっています。
人 兆 武 年 終
 形は綿密で、ゆとりが少なく胴体部分を小さくしています。 そして手足にあたる長い画を強調させることによってバランスをとっています。 右上がりの体勢をとるので文字の中心線から左側は右に比べて狭く、点画が密となり右側は広く疎となります。 終の文字は最後の点がバランスを保ちながら緊張感を解放しています。

先頭行へ先頭行へ

※ ブラウザの文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。


ご覧いただき、ありがとうございました。


九成宮醴泉銘  全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 部分 4 / 部分 5 / 部分 6 / (資料) 歐陽詢伝


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項