表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある九成宮醴泉銘の下層にある 九成宮醴泉銘 (部分 4)九成宮醴泉銘_4へ


九成宮醴泉銘

部分 3  臨書と解説

  1. 臨書 と 拓本
  2. 訓読(書き下し文)
  3. 現代語訳
  4. 書 法

1.臨書 と 拓本 (縦書き)     1・2段目が臨書、 3段目は拓本です。
九成宮醴泉銘-3a(鎌田舜英臨)

九成宮醴泉銘-3b(鎌田舜英臨)

九成宮醴泉銘 - 歐陽詢

以下は横書きです。

先頭行へ先頭行へ

2.訓読(書き下し文)
(ここ)京室(けいしつ)()りて、(つね)炎暑(えんしょ)(つか)る。 群下(ぐんか)離宮(りきゅう)()てんことを()い、(こいねがわ)くば(しん)(よろこ)ばせ(せい)(やしな)()しと。 聖上(せいじょう)一夫(いっぷ)(ちから)()しみ、十家(じゅっか)(さん)()しみ、(ふか)()(かた)(こば)みて、(いま)(あえ)俯従(ふじゅう)せず。 以為(おもへ)らく隋氏(ずいし)旧宮(きゅうきゅう)(さき)(だい)(いとな)めり、(これ)()つれば(すなわ)()しむ()く、(これ)(こぼ)てば(すなわ)(ろう)(かさ)ね、(こと)因循(いんじゅん)(たっと)ぶ、(なん)(かなら)ずしも(あらた)(つく)らんと。 (ここ)(おい)(かざり)けず(けず)りて(ぼく)()し、(これ)(そん)して()(そん)し、()泰甚(たいじん)なるを()り、()頽壊(たいかい)せるを()く。 ち(たんち)(まじ)うるに沙礫(されき)(もっ)てし、粉壁(ふんぺき)(まじ)うるに塗泥(とでい)(もっ)てし、玉砌(ぎょくせい)土階(どかい)(せっ)し、茅茨(ぼうし)瓊室(けいしつ)(つづ)く。 (あお)ぎて壮麗(そうかん)なるを()れば、かがみ(かがみ)既往(きおう)()()く、()して卑倹(ひけん)なるを()れば、(おしえ)後昆(こうこん)()るるに()る。 ()所謂(いわゆる)至人(しじん)()()く、大聖(たいせい)()さず、(かれ)()(ちから)()くし、(われ)()(こう)()くる(もの)(なり)

先頭行へ先頭行へ

3.現代語訳
 皇帝は都の宮殿におられた頃、いつも夏の激しい暑さでお疲れになりました。 そのため群臣が離宮を建てることを申し出て、お心を休め静養なさるべきことを願いました。 ところが、陛下は一夫の労力をも大切にされ、十家の財産すら惜しまれて、深く耳を閉ざし固く辞退して、承知しようとはされませんでした。 そこで思案したところ、隋氏の旧宮(仁寿宮)は前代に造営されたまま、これを棄て置くのはまことに惜しく、取り壊すのもいらぬ労力を重ねることになります。 ものごとは、旧習を守り従うことを尊重するというものですから、どうして改めて作る必要があろうか、ということでした。 このことから華美な彫刻は削り取り質朴なものとして、削り取った所をさらに削りながら、贅沢や過度なものを取り去り、また屋根の頽れたり崩れてたりしている所は葺き直すことになったのです。 その結果、丹塗りの塀には砂礫を混ぜ、白壁には泥を混ぜ、玉を敷きつめた石畳を土の階段につなげて、茅葺きの建物は玉で飾った宮室に続くようになりました。 見上げてその華麗さを眺めると、隋氏の滅んだ過去を(かがみ)とすることができ、うつむいて倹素な修理の様子を見ると、教訓を子孫に示すのに十分なものでした。 これこそいわゆる「最高の徳を備えた人は作為せずとも物事をなす」ということであり、隋の文帝がその力を尽くしたものを、太宗皇帝がその功績を残して享受するということになります。

先頭行へ先頭行へ

4.書 法 (均整・変化)
 この部分-3では、均整と変化について特徴を見てみます。
〔大〕 右払いは斜め上にして稜角におさめます。
〔以〕 一角目は反り気味に、筆をつく感じで止め、右上方向へ。 3画目は紙に筆を突き込むようにあて、やや右上に押し出します。 空間はたっぷりととります。 縦長の字形が多い中で、珍しく横長の字形です。 終筆は左斜め上に押しあげるように止めます。
〔炎〕 右はらいが重なる場合は変化をつけてバランスよくまとめています。 文字の姿勢は左方に傾きがあって右下方に広がりをみせています。
〔也〕 終筆の右はねが外に大きく向きます。
〔去〕 始めの画を短くし、横画を右に長くして均整を保っています。
大 以 炎 也 去
 起筆は上から筆を垂直に降ろすようにして入れ、紙に筆先をつきさすようなつもりで書きます。 払いは鋒先を下方から上方へすくいあげるようにして起筆し、右斜めの方向へ筆圧と速度を加えながら運筆していきます。 軽く止めたあと、力をいれたまま右方向へ筆を押し出します。

先頭行へ先頭行へ

※ ブラウザの文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。


ご覧いただき、ありがとうございました。


九成宮醴泉銘  全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 部分 4 / 部分 5 / 部分 6 / (資料) 歐陽詢伝


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項