表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある九成宮醴泉銘の下層にある 九成宮醴泉銘 (部分 5)九成宮醴泉銘_5へ


九成宮醴泉銘

部分 4  臨書と解説

  1. 臨書 と 拓本
  2. 訓読(書き下し文)
  3. 現代語訳 ()
  4. 書 法

1.臨書 と 拓本 (縦書き)     1・2・3段目が臨書、 4段目は拓本です。
九成宮醴泉銘-4a(鎌田舜英臨)

九成宮醴泉銘-4b(鎌田舜英臨)

九成宮醴泉銘-4c(鎌田舜英臨)

九成宮醴泉銘 - 歐陽詢

以下は横書きです。

先頭行へ先頭行へ

2.訓読(書き下し文)
(しか)るに(むかし)池沼(ちしょう)は、()谷澗(こくかん)()く。 宮城(きゅうじょう)(うち)()水源(すいげん)(とぼ)し。 (もと)めて()()きは、一物(いちぶつ)()り、(すで)人力(じんりょく)(いた)(ところ)(あら)ざるも、聖心(せいしん)(これ)(おも)いて(わす)れず。 (ここ)四月(しがつ)甲申(こうしん)(ついたち)旬有(じゅんゆう)六日(ろくにち)己亥(きがい)(もっ)て、(しょう)(およ)中宮(ちゅうぐう)台観(だいかん)歴覧(れきかん)す。 西城(さいじょう)(かげ)閑歩(かんぽ)し、高閣(こうかく)(した)躊躇(ちゅうちょ)し、()して()(つち)()るに、(わず)かに(うるお)()るを(おぼ)え、()りて(つえ)(もっ)(みちび)けば、(いずみ)(したが)いて()()づる()り。 (すなわ)()くるに石檻(せきかん)(もっ)てし、()きて一渠(いっきょ)()す。 ()(きよ)きこと(かがみ)(ごと)く、(あじ)(あま)きこと(あまざけ)(ごと)し。 (みなみ)丹霄(たんしょう)(みぎ)(そそ)ぎ、(ひがし)(なが)れて双闕(そうけつ)(わた)る。 青瑣(せいさ)貫穿(かんせん)し、紫房(しぼう)えい(えいたい)し、清波(せいは)激揚(げきよう)し、瑕穢(かわい)滌蕩(てきとう)す。 (もっ)正性(せいせい)導養(どうよう)()く、(もっ)心神(しんしん)澂瑩(ちょうえい)()し。 群形(ぐんけい)鑒暎(かんえい)し、万物(ばんぶつ)潤生(じゅんせい)すること、たん(たんおん)()きざるに(おな)じく、玄沢(げんたく)(つね)(なが)るるに(ひと)し。 (ただ)乾象(けんしょう)(せい)のみに(あら)ず、(けだ)()坤霊(こんれい)(ほう)なり。

先頭行へ先頭行へ

3.現代語訳
 ところが、昔の池や沼はみな谷川から水を引いてきたものでしたので、この九成宮の城内にはもともと水源が乏しかったのです。 探し求めても得られないのが、この水のことでした。 それは人の力ではどうしようもないことでしたが、皇帝はいつもこのことをおもんぱかり、忘れることができませんでした。 さて四月の甲申の一日から十六日の己亥の日まで、皇帝は中宮とともに、城内の多くの見晴らし台に立ち寄られました。 西城の日陰を静かに歩かれ、高閣の下に立ち止まって、うつむいてその土をご覧になったところ、かすかに湿り気があるのを感じられました。 そこで杖でつついてみたところ、泉が杖に従って湧き出してきたのです。 そこで石で井桁を組んで水を溜め、それを引いて溝を作りました。 その清らかさは鏡のようで、味の良さは甘酒のようでした。 水は南側の丹霄殿(たんしょうでん)(1)の右側から、東に流れて双闕(そうけつ)(2)を越え、青瑣(せいさ)(3)を貫ぬいて流れ、紫房(4)をめぐりとりまいて、清らかな波をはげしく立てて流れ、傷やけがれをも洗い清めることもできました。 その水は正しい品性を養うことができ、心神を清め磨くことのできるものであり、万物を潤しはぐくみ、天地の恵みが尽きることがないように、皇帝からの徳が絶えないのと同じことです。 これはただ天(皇帝)の徳であるばかりでなく、地(中宮)の徳と言えましょう。

(注)
  1. 〔丹霄殿〕夕焼けのように赤い殿。
  2. 〔双闕〕宮門の両側にあり、上に楼観のある台。地名。浙江(せっこう)省天台県の天台山。両峰あって相向かうのでいう。
  3. 〔青瑣〕漢の宮門。門の扉に連鎖の模様を透かし彫りにし、青く塗ってある。
  4. 〔紫房〕紫にかざった部屋。太后の部屋。

先頭行へ先頭行へ

4.書 法 (点画)
 この部分-4では、点画について特徴を見てみます。
〔波〕 さんずいの2、3画の点がつながろうとしています。
〔宮〕 うかんむりの第一画は縦におろし、わかんむりのはねは突き上げるようにして返されています。
〔霄〕 文字の上部と下部の中心が微妙に移動していて、バランスをとっています。
〔闕〕 字形は反り合うようにつくり、文字の中央を引き締めています。
〔養〕 右払いが重なるパターン。 上の払いを長くし、下の払いを止めて変化をつけ、バランスよくまとめています。
波 宮 霄 闕 養
 転折部分は左斜め上に引き上げながら軽く筆を止め、横画と交わるように筆圧を加えながら左斜め下に引き下ろします。 点は左上から入って、右下へ返します。 画数が多くなると、狭苦しくならないように間隔をとって構成するように注意してください。 字形はあくまでも背勢にとります。

先頭行へ先頭行へ

※ ブラウザの文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。


ご覧いただき、ありがとうございました。


九成宮醴泉銘  全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 部分 4 / 部分 5 / 部分 6 / (資料) 歐陽詢伝


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項