表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある九成宮醴泉銘の下層にある 九成宮醴泉銘 (部分 6)九成宮醴泉銘_6へ


九成宮醴泉銘

部分 5  臨書と解説

  1. 臨書 と 拓本
  2. 訓読(書き下し文)
  3. 現代語訳 ()
  4. 書 法

1.臨書 と 拓本 (縦書き)     1・2・3段目が臨書、 4段目は拓本です。
九成宮醴泉銘-5a(鎌田舜英臨)

九成宮醴泉銘-5b(鎌田舜英臨)

九成宮醴泉銘-5c(鎌田舜英臨)

九成宮醴泉銘 - 歐陽詢

以下は横書きです。

先頭行へ先頭行へ

2.訓読(書き下し文)
(つつ)しんで(あん)ずるに、礼緯(れいい)()う。 王者(おうじゃ)刑殺(けいさつ)(つみ)(あた)り、賞錫(しょうし)(こう)(あた)り、(れい)(よろ)しきを()れば、(すなわ)醴泉(れいせん)闕庭(けつてい)()づと。 かつ冠子(かつかんし)(いわ)く、聖人(せいじん)(とく)(かみ)太清(たいせい)(およ)び、(しも)太寧(たいねい)(およ)び、(なか)万霊(ばんれい)(およ)べば、(すなわ)醴泉(れいせん)()づと。 瑞応図(ずいおうと)(いわ)く、王者(おうじゃ)純和(じゅんわ)にして、飲食(いんしょく)貢献(こうけん)させざれば、(すなわ)醴泉(れいせん)()づ、(これ)()めば(ひと)をして寿(じゅ)なら()むと。 東観漢記(とうかんかんき)(いわ)く、光武(こうぶ)中元元年(ちゅうげんがんねん)醴泉(れいせん)京師(けいし)()づ、(これ)()(もの)痼疾(こしつ)(みな)い()えたりと。 (しか)らば(すなわ)神物(しんぶつ)()たるは、(まこと)明聖(めいせい)(たす)くるなり。 (すで)こ()沈痼(ちんこ)のぞ(のぞ)()く、()(まさ)()遐齢(かれい)()べんとす。 (ここ)(もっ)百辟(ひゃくへき)卿士(けいし)おもむ(あいおもむ)きて(いろ)(うご)かす。 ()(きみ)(かた)ゆう(ぎゆう)(いただ)き、(ゆず)りて(ゆう)せず。 (きゅう)(いえど)(きゅう)とする()かれとは、(ただ)往昔(おうせき)()くのみならず、(しょう)(もっ)(おそ)れと()すは、(じつ)(けん)当今(とうこん)()る。 ()(すなわ)上帝(じょうてい)玄符(げんぷ)天子(てんし)令徳(れいとく)にして、()(しん)末学(まつがく)の、()丕顕(ひけん)する(ところ)ならんや。 ()(しょく)記言(きげん)()り、ここ(ここ)(しょく)して(こと)(しょ)す。 (くに)盛美(せいび)をして、典策(てんさく)()()らしむ()からず。 (あえ)実録(じつろく)()べ、(ここ)()(めい)(ろく)す。

先頭行へ先頭行へ

3.現代語訳
 よくよく考えてみると、『礼緯(れいい)(1)という書物には、「王たるものの刑罰が罪に相当するものであり、恩賞が功にふさわしいものであって、それらが礼法にかなったものであれば、礼泉が宮中の庭に湧き出る」と書かれています。 また、『かつ冠子(かつかんし)(2)という書物には、「聖人の徳が上には天に達し、下には地に及び、中は万物に及べば、礼泉が出る」と書かれています。 さらに、『瑞応図(ずいおうと)(3)という書物には、「王たる者が、心にけがれがなく温和であり、飲食物を献上させたりしなければ、礼泉が湧き出て、それを飲めばその人は長寿を保つ」と書かれています。 『東観漢記(とうかんかんき)(4)という書物には、「光武帝(こうぶてい)の中元元年(西暦55年)に礼泉が都に湧き出た。 これを飲んだ者は、長患いがみな治癒した」と書かれています。 とすれば、今このような良い兆しが現れたのは、まことに明君太宗皇帝を助けるためのものであり、やがて永年の病気をも除くことができる上、さらにその長寿を延ばすことになるでしょう。 
 このようにして多くの公卿たちが駆けつけて驚いたものの、我が皇帝はまことに謙虚な心をもっておられ、自分の功績によるものとはしませんでした。 「たとえ美徳があっても、自らの美徳だと自負してはならぬ」ということは、ただ昔から聞くばかりではなく、「良い兆しをかえっておそれとする」ということを、実際に今この時に目のあたりしたのです。 これはとりもなおさず、天の下された素晴らしい兆候であり、皇帝の美徳の至るところであって、どうして私のような浅学の者が、世に褒めあらわすことができるでしょうか。 しかし、私の職務は皇帝の起居を記録することであり、その職に属して事実を書く仕事です。 そのため、国家のこの素晴らしい記録を書き漏らしてはならないのであり、あえてありのままを陳べ、ここにこの銘を記録致します。

(注)
  1. 〔礼緯〕礼に関する緯書。
  2. 〔かつ冠子〕書名。文体などからみて、漢代のものではないかと思われる。三巻。19編に分かれ、道家、法家の思想をもとにしながら、刑名家など諸家の説をまじえた書。作者未詳。あるいは、かつ冠子(かつかんし)と称せられた周代の楚の隠士の著。
  3. 〔瑞応図〕書名。『隋書経籍志』に「瑞応図二巻」とある。瑞祥の書。
  『隋書経籍志』は、85巻で、唐の魏徴らの編。特に『経籍志』は、書籍についての文献として後世に与えた影響は大きい。
  4. 〔東観漢記〕書名。全143巻であるが、現存するのは24巻。後漢の明帝が創修し、霊帝の熹平中にいたって成る。明帝以後の雑記を東観にて記した書。

先頭行へ先頭行へ

4.書 法 (方向・転折)
 この部分-5では、方向と転折について特徴を見てみます。
〔東〕 伸びやかな姿形を取っています。 三角形構成になっています。
〔来〕 上に反る横画が比較的多くなっています。 全体的に右上がりの字形なので横画も右に上がっていますが、終筆部分で微妙なバランスを取っています。
〔色〕 曲がりのところは、筆圧と加速度を加えながら運筆して、ゆっくりと上方にはじきだします。
〔事〕 横の間隔を等分割にして小さめにまとめ、縦画を長くとっています。
〔昔〕 縦画は向き合い、反り気味にして長くつくられています。
東 来 色 事 昔
 横にのびてゆく線は方向に注意して下さい。 曲がりも自然にゆったりとした形で持ち上がっていきます。 反りあがる線は、バランスをとりながら長さを調節して書きます。 縦画は長くのびやかに。払いも随所に見られています。

先頭行へ先頭行へ

※ ブラウザの文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。


ご覧いただき、ありがとうございました。


九成宮醴泉銘  全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 部分 4 / 部分 5 / 部分 6 / (資料) 歐陽詢伝


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項