表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある九成宮醴泉銘の下層にある (資料) 歐陽詢伝歐陽詢伝へ


九成宮醴泉銘

部分 6  臨書と解説

この部分は、八節六十四句の韻文で構成されています。
長いため、二分割して紹介します。

  1. 臨書 と 拓本    前編 / 後編
  2. 訓読(書き下し文) 前編 / 後編
  3. 現代語訳      前編 () / 後編
  4. 書 法

1.臨書 と 拓本 (前編) (縦書き)     1・2段目が臨書、 3段目は拓本です。
九成宮醴泉銘-6a(鎌田舜英臨)

九成宮醴泉銘-6b(鎌田舜英臨)

九成宮醴泉銘 - 歐陽詢

後編に続く)                       以下は横書きです。

先頭行へ先頭行へ

2.訓読(書き下し文)(前編)
()(ことば)(いわ)く、 ()(こう)(うん)(したが)い、寰宇(かんう)奄壱(えんいつ)す。 千載(せんざい)()()け、万物(ばんぶつ)(ここ)(あら)わる。 (こう)大舜(たいしゅん)よりも(たか)く、(きん)伯禹(はくしゅん)よりも(ふか)し。 (うしろ)()(まえ)(むな)しくし、(さん)(のぼ)()(まさ)る。 ()(にぎ)(のり)()み、(すなわ)(せい)(すなわ)(しん)()禍乱(からん)()ち、(ぶん)遠人(えいじん)(なづ)く。 書契(しょけい)(いま)(しる)さず、開闢(かいびゃく)より(しん)たらざるも、べん(かんべん)(なら)()ぎ、ちん(ちんし)(ことごと)(つら)ぬ。 大道(たいどう)名無(なな)く、上徳(じょうとく)(とく)とせず。 玄功(げんこう)潜運(せんうん)し、幾深(きしん)(はか)()し。 ()(うが)ちて()み、()(たがや)して(くら)い、天功(てんこう)(しゃ)するを()く、(いずく)んぞ帝力(ていりょく)()らんや。 上天(じょうてん)(こと)は、(にお)()(こえ)()し。 万類(ばんるい)()りて(はじ)まり、品物(ひんぶつ)(かたち)()く。 (かん)(したが)いて(しつ)(へん)じ、(とく)(おう)じて(れい)(いた)す。 介焉(かいえん)としての(ひび)きの(ごと)く、赫赫(かくかく)明明(めいめい)たり。 とう(ざっとう)せる景福(けいふく)いずい(いずい)たる繁祉(はんち)雲氏(うんし)龍官(りゅうかん)亀図(きと)鳳記(ほうき)()五色(ごしょく)(ふく)み、(からす)三趾(さんし)(てい)す。 (しょう)(こう)()めず、(ふで)()(とど)むる()し。
 (後編に続く)

先頭行へ先頭行へ

3.現代語訳(前編)
 次のように言います。 皇帝は天運にしたがい、天下を統一し、千載一遇の時にあたって、万物はここに姿をあらわした。 その功績は偉大な舜(1)よりも高く、懸命に勤め励まれたことは禹(2)以上である。 まさに空前絶後であり、かの三皇(3)に達し、五帝(4)にもまさるものである。 
 好機をつかんで、人の道を守られたことは、これこそ聖でありそれこそ神である。 武力によって天下の禍いを治め、文徳によって遠国の人々とも慣れ親しんだ。 書物にもまだ記されず、開闢以来、臣服しなかったものたちまでが、衣冠を着けて続々と来朝し、珍しい貢物を並べつらねた。 
 真理なる道は言いようもなく深く、最上の徳は徳があっても徳とはしない。 奥ふかい業績は、ひそかにゆきわたり、そのかすかで深遠なことは測り知れない。 (これは古歌に)「井戸を掘っては水を飲み、田を耕しては食らう」とあり、天子の恵みに感謝することがないことであり、どうして皇帝の御力であるということを人民が知り得ようか。 
 天上のことには匂いも音もないが、万物はその助けを受けて始動し、それぞれの形で広がった。 聖人が世に出たことに感じて、その性質を変え、徳に応えて霊験があらわれた。 それは音に応ずる響きのようにはっきりしており、盛んで明らかなものである。
 (昔からすぐれた治世には)天は次々の幸いを降らし、大きな福が盛んに集まり、雲氏(5)、竜官(6)、亀図(7)、鳳紀(8)をはじめ、日が五色の光を含み、三本足の烏(9)があらわれるなど、楽人はその頌歌をやめることなく、官吏はその記録の筆を休めることがない。
 (後編に続く)

(注)
  1. 〔舜〕帝尭の後を継いだ伝説上の聖天子。こく(ていこく)・氈E舜は同じ。
  2. 〔禹〕夏の開祖とされ、黄河の治水に勤めた伝説上の聖王。舜に推されて王になった。
  3. 〔三皇〕伝説上の三人の皇帝のことをいい、諸説あり。『三皇本紀』では、こう(たいこう)か(じょか)神農(しんのう)をいう。『荘子』では、祝融(しゅくゆう)伏羲(ふくぎ)、神農とあり、漢代の『白虎通』『風俗通』では、伏羲、神農、祝融がそれぞれ三皇とされる。
  4. 〔五帝〕伝説上の五人の天子。少昊(しょうこう)せんぎょく(せんぎょく)こく(ていこく)、帝(ぎょう)、帝(しゅん)のこと。
  5. 〔雲氏、竜官、亀図、鳳紀〕黄帝の時の官名。雲師・火師・水師・龍師・鳥師があった。黄帝とは、伝説上の帝王の名で、軒轅(けんえん)氏とも言われ、文字・音楽・医薬などを初めてつくった。
   〔雲氏〕古代の黄帝のとき、瑞兆の雲によって名づけられた官名。
  6. 〔竜官〕古代のこう(たいこう)氏のとき、竜馬が図を負って出た瑞兆によって名づけられた官。こう(たいこう)とは伏羲のことで、古代、伝説上の帝王。はじめて人々に漁猟を教え、文字をつくったといわれている。
  7. 〔亀図〕古代禹帝のとき、洛水から亀が図を負って出たという瑞兆。
  8. 〔鳳紀〕こう(しょうこう)氏のとき、鳳鳥が出た瑞祥によって名づけられた歴の官。こう(しょうこう)とは、古代、伝説上の帝王。
  9. 〔三本足の烏〕神話に出てくるカラス。参考までに、三本足の烏が登場する神話の一場面だけを簡単に紹介します。
 殷の昔、太陽は10個ありました。10個の太陽は、天帝(帝俊)の子どもでした。10個の太陽を産んだ妻の羲和(ぎか)は毎日、外に出ている1つの太陽を送迎し、沈むと東へ戻り、次に出る太陽をきれいに洗ってあげて、また次の太陽を送迎することを繰り返していました。残りの9個の太陽は、東海の果てにある湯谷という自分の家で休息をとって、次の出番を待っていました。ある時、10個の太陽たちは毎日の決まった生活に飽きてしまい、退屈のあまり全部空に出て勝手に動き出しました。母親の羲和はすぐに家に帰るようにと説得しましたが、言うことを聞きませんでした。すると地上では大干ばつが起き、飢えと渇きで多くの人々が亡くなりました。この様子を見ていた天帝は、息子(太陽たち)のわがままに怒り、弓の名手を地上に派遣して、太陽を一つずつ射落としました。すると矢の命中した太陽から三本足の烏がたくさん落ちてきました(3という奇数は中国では陽を表します)。これを見ていた尭は、干ばつがなくなることは喜びましたが、全部射落とすと真っ暗になってしまうことを危惧し、弓の名手から一本の矢だけを隠しました。矢から逃れた1つの太陽は、西山に入ったまま長い間怖れて出てきませんでした。しかし、雄鶏の美しい声に誘われて姿を現し、かろうじて明るさを保つことができました。しかし天帝は、自分の子を殺せとまでは言っていなかったので非常に怒り、弓の名手を天の世界から永久追放し、普通の人間になってしまいました。 … (この神話には、話の展開の異なるものがいろいろ存在しています。)
 日本で使われている「上旬・中旬・下旬」という語は、先述の10個の太陽がすべて登場するのに10日かかったことに起源し、「10日=一巡=一旬=(上・中・下)旬」と表されるようになりました。この神話から、三本足のカラスとは太陽を表しています。
 

先頭行へ先頭行へ

4.臨書 と 拓本 (後編) (縦書き)     1・2段目が臨書、3段目は拓本です。
前編の続き)

九成宮醴泉銘-6c(鎌田舜英臨)
九成宮醴泉銘-6d(鎌田舜英臨)

九成宮醴泉銘 - 歐陽詢

以下は横書きです。

先頭行へ先頭行へ

5.訓読(書き下し文)(後編)
前編の続き)
上善(じょうぜん)(しょう)(おろ)し、上智(じょうち)()(よろこ)ぶ。 (けん)(なが)(しも)(うるお)し、潺湲(せんかん)として皎潔(こうけつ)たり。 へい(へい)(うま)(れい)(あま)く、(こおり)のごと(こお)(かがみ)のごとK(てっ)す。 (これ)(もち)うるも()(あら)たに、(これ)く()むも()くる()し。 (みち)(とき)(したが)いて(やす)ければ、(けい)(いずみ)(とも)(なが)る。 ()(きみ)(ゆうべ)まで(てき)たり、(きゅう)(いえど)(きゅう)とせず。 (きょ)茅宇(ぼうう)(たっと)び、(たの)しむも般遊(はんゆう)せず。 黄屋(こうおく)(たっと)ふに(あら)ず、天下(てんか)(うれ)いと()す。 (ひと)()(はな)(もてあそ)び、(われ)()()()る。 (じゅん)(かえ)(もと)(かえ)り、(ぶん)()うるに(しつ)(もっ)てす。 (たか)きに()りては()ちんことを(おも)い、(まん)()してはあふ(あふ)るるを(いまし)む。 これ(これ)(おも)ここ(ここ)()り、(なが)(てい)(たも)たば(きち)ならん。  兼太子率更令(けんたいしそつこうれい) 渤海男(ぼっかいだん) (しん)歐陽詢(おうようじゅん) (ちょく)(ほう)じて(しょ)す。

先頭行へ先頭行へ

6.現代語訳(後編)
 (前編の続き)
 最上の善には天は良い兆候を与え、最高の智者たる聖王はそれを悦ぶ。 礼泉の水は低きに流れて地を潤し、さらさらと流れてけがれがない。 ほとりに生える萍蓬草(ひょうほうそう)は美味で、泉水は甘酒のように甘く、また氷や鏡のように透明で澄みきっている。 いくら使っても日に日に新たに湧き出て、汲めども汲めども尽きることがない。
 聖人の道が時世にしたがって行われ、天下が安泰であれば、その天の恵みが礼泉とともに広く流れ及ぶ。 我が皇帝は常に慎まれて、美徳に値することも、それを自分のものとされない。 粗末なすまいを尊び、楽しみにも度を越されることはなく、天子の乗るにふさわしい乗用車などを貴ぶことなく、天下のことを気にかけられた。
 人は精華をよろこぶが、我が皇帝は実質を旨とされる。 純朴にかえり根本にかえり、華やかなものを素朴なものに代えられた。 高位に居ては、墜ちはしないかと懸念し、満ち満ちたものを持っては、溢れはしないかと戒められる。 このことを常に思い、このことを行い、いつまでも正しい道理を保っておれば吉を得るであろう。 
 太子率更令を兼務した渤海県の男爵である家臣の歐陽詢が天子の命により書き記す。

先頭行へ先頭行へ

7.書 法 (等分割)
 この部分-6では、等分割について特徴を見てみます。
〔皇〕 横画は右上がりで、間隔を均等にとっています。
〔無〕 上に反る横画が比較的多いのでバランスに注意しましょう。
〔徳〕 偏に比べつくりが大きくなっています。 縦画は長くし、だんだん筆圧を加えながら終筆は左斜め上に突き上げて止めるようにします。 点の間隔や中心に注意し、間隔を均等にします。
〔文〕 極端な右上がりの横画とのバランスをとるために、右払いは強調しています。
〔高〕 重苦しさ、ふところの狭さを避けるために、点画をつけないようにしています。
皇 無 徳 文 高
 点の配置のしかた、余白の分割の様子に注意すると、非常に均等でバランス良く考えられていることが分かります。 画数が多い字がたくさんみられますが、狭く感じられないのは、こういった配慮があってのことでしょう。

先頭行へ先頭行へ

※ ブラウザの文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。


ご覧いただき、ありがとうございました。


九成宮醴泉銘  全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 部分 4 / 部分 5 / 部分 6 / (資料) 歐陽詢伝


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項