表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある九成宮醴泉銘の下層にある


(参考) 歐陽詢伝


   歐陽詢の生涯について書かれた代表的な書物について解説します。
  1. 旧唐書(くとうじょ)
     1) 原文  2) 訓読 (読み下し文)  3) 現代語訳 ()

  2. 新唐書(しんとうじょ)
     1) 原文  2) 訓読 (読み下し文)  3) 現代語訳 ()

  3. 補江総白猿伝(ほこうそうはくえんでん)
       歐陽詢のエピソード
※ タイトル字は、「九成宮醴泉銘」の拓本から合成して作成しました。

1.旧唐書(くとうじょ)
歐陽詢の生涯は、さまざまな書物で紹介されていますが、その底本になっているのが本書の次の部分です。
 1) 原文 (縦書き)





















































































使




そ

















































































そ

























こつ
















































こつ











 




先頭行へ先頭行へ

 2) 訓読(書き下し文)
  旧唐書(くとうじょ) 巻一八九上
 歐陽詢(おうようじゅん)潭州臨湘(たんしゅうりんしょう)(ひと)にして、(ちん)大司空(だいしくう)き()(そん)なり。 (ちち)こつ(こつ)(ちん)廣州刺史(こうしゅうしし)にして、謀反(むほん)(もっ)(ちゅう)せらる。 (じゅん)はまさに()(したが)ふべきも、(わずか)にしてまぬが(まぬが)るるを()たり。 (ちん)尚書令(しょうしょれい)江總(こうそう)こつ(こつ)(きゅう)あり、(おさ)めてこれを(やしな)ひ、(おし)ふるに書計(しょけい)(もっ)てす。 (ぼう)(はなは)寝陋(しんろう)(いへ)ども(しか)總悟絶倫(そうごぜつりん)にして、讀書(どくしょ)すればすなわ(すなわ)数行(すうぎょう)ともに(くだ)る。 經史(けいし)博覧(はくらん)し、(もっと)三史(さんし)くわ(くわ)し。 (ずい)(つか)へて太常博士(たいじょうはくし)となる。 そ(こうそ)()なりし(とき)()いて賓客(ひんかく)となし、そく(そくい)するに(およ)んで、給事中(きゅうじちゅう)累遷(るいせん)す。 (じゅん)(はじ)王羲之(おうぎし)(しょ)(まな)び、後更(のちさら)(ようや)()(たい)(へん)じ、筆力(ひつりょく)險勁(けんけい)にして、一時(いちじ)(ぜつ)となる。 人は()尺牘(せきとく)文字(もじ)()て、みな(もっ)(かい)(はん)となす。 高麗(こうらい)(はなは)()(しょ)(おも)んじ、(かつ)使()(つかわ)してこれを(もと)めしむ。 そ(こうそ)(たん)じて(いわ)く、(おも)はざりき、(じゅん)書名(しょめい)(とお)夷狄(いてき)()くとは。 (かれ)()(あと)()るに、(もと)より()(かたち)魁梧(かいご)(おも)はん()と。 武コ七年(ぶとくしちねん)(みことのり)あり、裴矩(はいく)陳叔(ちんしゅく)達と藝文類聚(げいもんるいじゅう)一百卷(いっぴゃくかん)(せん)し、(これ)(そう)して、(はく)二百段(にひゃくだん)(たま)ふ。 貞觀(じょうかん)(はじ)め、(かん)太子率更令(たいしりっこうれい)弘文館學士(こうぶんかんがくし)(いた)り、渤海縣(ぼっかいけん)(だん)(ほう)ぜらる。 年八十餘(としはちじゅうよ)にして(しゅっ)す。

先頭行へ先頭行へ

 3) 現代語訳
  旧唐書(くとうじょ)(1) 巻一八九上
 歐陽詢は潭州臨湘(湖南(こなん)省長沙)の人で、陳(2)の大司空(3)であるき()(4)という人の孫であった。 父のこつ(こつ)(5)は、陳の広州刺史(6)であったが、謀反(むほん)を起こしたので刑に処せられた。 歐陽詢も当然連座して罪に負うべきであったのに、かろうじて免れることができた。 陳の尚書令である江總(こうそう)(7)こつと旧交があり、詢を引きとって養育し、読書、数学を教えた。 彼の容貌はとても醜かったが、聡明さは人並みはずれており、書を読めば数行を同時に読み下し、(ひろ)く経書や史書を読み、特に史記(8)、漢書(9)、後漢書(10)に詳しかった。 隋(11)に仕えて太常博士(12)となった。 唐の高祖(13)(くらい)のなかったとき、太子の侍従官として招かれた。 (帝王に)即位すると給事中(14)に昇進した。 歐陽詢は初め王羲之(おうぎし)の書を学んだが、その後次第に書風を改め、筆力は非常に力強くてその当時の最高の位置にあり、人々は彼の手紙や書簡を得て楷書の手本とした。 高麗(こうらい)(15)ではたいそう彼の書を重んじ、使者を派遣してこれを求めさせた。 そこで高祖はため息をついて言った。 「歐陽詢の書名が遠く夷狄(いてき)(16)の地に伝わっているとは思いもよらなかった。 彼の筆跡を見るに、全く体つきの大きなことなど想像もできない」と。 武徳7年(624)、勅命によって裴矩(はいく)陳叔(ちんしゅく)達と共に藝文類聚(げいもんるいじゅう)(17)一百巻を撰文して奏上し、反物二百段(18)を賜った。 貞觀(じょうかん)の初め、官位は太子率更令(19)、弘文館(20)学士となり、渤海県の男爵(21)として封ぜられた。 八十余歳にして亡くなった。

(注)
  1. 〔旧唐書〕全200巻。後晋のく(りゅうく)らが、後晋の高祖の命によって編集した唐代の正史。史料不足が欠点とされる。
  2. 〔陳〕西暦557-589 に栄えた国。
  3. 〔大司空〕監察を審議する官。
  4. 〔〕南朝の梁と陳に仕えて、陳のとき広州刺史になった。(生没年)西暦489-563。
  5. 〔こつ〕父と同じ広州刺史になったが、宣帝の太建元年(569)、広州で兵を挙げて敗れ、翌年処された。(生没年)西暦538-570。
  6. 〔刺史〕知府直隷州知州を治める長官。
  7. 〔江總〕こつの友人で、梁と陳に仕え陳のとき、僕射尚書令となった。陳の代表的な詩人。(生没年)西暦519-594。
  8. 〔史記〕130巻。漢の司馬遷(前145-前86)の著した歴史書。紀元前91年成立。上代から漢の武帝の紀元前122年までの史実を記した正史。内容は、本紀12巻、表10巻、書8巻、世家30巻、列伝70巻から成る。、
  9. 〔漢書〕120巻。後漢の班固(はんこ)(32-92)の著。78年頃成立。前漢の高祖から王莽(おうもう)滅亡までの231年間の歴史を記した正史。帝紀13巻、表10巻、志18巻、列伝79巻より成る。『前漢書』、『西漢書』、『班史』、『班書』ともいう。
 10. 〔後漢書〕120巻。南北朝時代、宋の范曄(はんよう)(398-445)の著。426年頃成立。後漢の歴史を記した正史。帝紀10巻、志30巻、列伝80巻より成る。
 11. 〔隋〕西暦581-618 に栄えた国。
 12. 〔太常博士〕儀礼を司る官。
 13. 〔唐の高祖〕唐の最初の天子。李淵(りえん)のこと。(在位)西暦618-626。(生没年)西暦566-635
 14. 〔給事中〕門下省(詔勅(しょうちょく)の審査・出納を行う省。尚書省・中書省とともに三省という)に属し、詔勅等を司る官。
 15. 〔高麗〕朝鮮半島で西暦917-1392 まで栄えた国。
 16. 〔夷狄〕「夷」は東方、「狄」は北方の蛮人。未開の民。
 17. 〔藝文類聚〕西暦624年に成立した百科全書。天、歳事、地、州、郡、山、水、符令、帝王以下48の部に分け、事実とそれに関する詩文を収録したもの。本書は長い間、詩文をつくる者によって利用されてきたが、すでに失われて見ることのできない唐代以前の文献資料が豊富に収録されていることから、今日では古典を研究する者にとってきわめて貴重な書物になっている。
 18. 〔段〕長さの単位。一段は六間で約11メートル。
 19. 〔太子率更令〕皇太子の養育を司る官。
 20. 〔弘文館〕太宗が即位した西暦626年9月、文学の士18名を学士に任命して設置したところ。
 21. 〔男爵〕爵は、公爵・侯爵・伯爵・子爵・男爵の順。

先頭行へ先頭行へ

2.新唐書(しんとうじょ)
『新唐書』は全225巻あり、宋代(960-1279)に歐陽脩(おうようしゅう)らによって、嘉祐5年(1060)に成立しました。 この書は、唐末の内乱で『旧唐書』の多くの史料が紛失したために編纂されました。 そのため、この歐陽詢伝は『旧唐書』を、ほぼ継承した内容になっています。
 1) 原文 (縦書き)




















































宿


































使


























そ























































































こつ















先頭行へ先頭行へ

 2) 訓読(書き下し文)
新唐書(しんとうじょ) 巻一九八(かんひゃくきゅうじゅうはち)
歐陽詢(おうようじゅん)(あざな)信本(しんぽん) 潭州臨湘(たんしゅうりんしゅう)(ひと)なり。 こつ(ちちこつ)は、(ちん)廣州刺史(こうしゅうしし)たり。 謀反(むほん)(もっ)(ちゅう)せらる。 (じゅん)(まさ)()(したが)ふべきも、(かく)してまぬか(まぬか)れる。 江總(こうそう)故人(こじん)()(もっ)(ひそか)(これ)(やしな)ふ。 (ぼう)わい(しんわい)なれども、敏悟(びんご)ぜつ(ぜつじん)たり。 (すべ)(おし)ふるに書記(しょき)(もっ)てし、()ごと(ごと)(すなわ)數行(すうぎょう)(どう)じに()くす。 つい(つい)經史(けいし)博貫(はくかん)す。 (ずい)(つか)へて太常博士(たいじょうはくし)()り、そ(こうそ)微時(びじ)(しばしば)(とも)(あそ)び、すで(すで)そく(そくい)して(かさね)給事中(きゅうじちゅう)(てき)せらる。 (じゅん)(はじ)王羲之(おうぎし)(しょ)(なら)ひ、(のち)險勁(けんけい)(これ)()ぎ、()りて(みずか)()(たい)(なづ)く。 尺牘(せきとく)(つた)ふる(ところ)(ひと)以爲(おもへらく)(ほう)たり。 高麗(こうらい)(かつ)使()(つか)はして(これ)(もと)む。 (てい)(たん)じて(いは)く、(かれ)其書(そのしょ)()るに、(もと)より形貌(けいぼう)魁梧(かいご)なるを(おも)はん()。 (かつ)()きてせい(さくせい)(しょ)する(ところ)()()(これ)()數歩(すうほ)()りて(また)(かへ)し、(つかれ)(およ)んで(すなは)布坐(ふざ)し、宿(やど)(いた)りて()(かたはら)三日(みっか)(すなは)(きょ)()る。 ()()する(ところ)(かくの)ごとき(たぐひ)なり。 貞觀(じょうかん)(はじ)め、太子率更令(たいしりっこうれい)弘文館學士(こうぶんかんがくし)れき(れき)し、渤海男(ぼっかいだん)(ほう)ぜらる。 年八十五(としはちじゅうご)にして(しゅっ)す。

先頭行へ先頭行へ

 3) 現代語訳
新唐書 一九八巻
 歐陽詢の字は信本といい、潭州臨湘(湖南(こなん)省長沙)の人である。 父のこつ(こつ)(5)は、陳の広州刺史(6)であった。 謀反(むほん)を起こして処罰された。 歐陽詢は罰せられるところ隠れて罪を免れた。 江總(こうそう)(7)が詢を引きとって密かに養った。 彼の容貌は非常に醜かったが、聡明さは人並みはずれていた。 本を読むと読むたびにたちまちに数行を覚えた。 ついには、経書や歴史書に博く通じた。 隋(11)に仕えて太常博士(12)となり、唐の高祖(13)がまだ身分が低かった時から、しばしば共に遊び、やがて即位すると、給事中(14)に抜擢された。 詢は初め王羲之(おうぎし)の書を習い、後に険しさはこれを乗り越えて自分のスタイルを築き上げた。 尺牘(せきとく)(A)に伝わるところによれば、人は思うに法である。 高麗(こうらい)(15)がかつて使者を派遣して彼の書を求めようとした。 高祖はため息をついて言った。 「彼の書を見ればまことに容貌の醜いことなど想像もできないのに。」 かつて道すがらせい(さくせい)(B)の書いた碑を見つけて、それに注目し、数歩行き過ぎて再び戻り、疲れてくると座り込み、宿に泊まって、その碑を眺めること3日あまりにしてやっと立ち去った。 彼の好むところはこのようであった。 貞觀(じょうかん)の初め、官位は太子率更令(19)、弘文館(20)学士を歴任し、渤海県の男爵(21)として封ぜられた。 八十五歳で亡くなった。

(注) (  )内の茶色の数字は、上記 『旧唐書』の注 に準じます。
 A. 〔尺牘〕手紙。昔は、長さ一尺の木の札に文字を書きつけた。「牘」は、文字を書きつけた短い木の札のこと。
 B. 〔索せい〕西晋の燉煌の人。字は、幼安。諡は荘せい。職は始平内史、散騎常侍、尚書郎、関内候を歴任した。張芝の姉の孫敦煌五龍の一人。草書に巧み。著書は、『五行三統正験論』『草書状』『月儀帖』『出師頌』『皐陶帖』。(生没年)西暦239-303。


先頭行へ先頭行へ

3.歐陽詢のエピソード
 歐陽詢の資料をみると、多くの書物に容貌が醜かったと書かれています。 どれくらい醜かったか、是非肖像画を見たいところですが、現存していません。 
 しかし、なぜ醜かったかを示す書物に唐の「補江総白猿伝(ほこうそうはくえんでん)」という小説があります。 この書物は、江総の「白猿伝」を補うかたちで書かれた作者不詳の小説で、「白猿伝」という書物は現存していません。 また、『補江総白猿伝』は『西遊記』に登場する孫悟空の物語の草分けとも言われています。 これは史実とはかけ離れた物語ですが、興味深いので現代語訳を要約して紹介します。


 (りょう)の(西暦502-557年)大同(だいどう)の末のことである。 平南将軍の藺欽(りんきん)は南方の遠征に派遣させた。 その軍は桂林(広西省)まで進んで、敵軍をうち破ったが、このとき別将の歐陽こつは、つぎつぎと敵地を攻略して長楽(福建省)まで進み、さらに諸方の蛮族を平定しながら険しい山中まで入っていった。
 歐陽こつは妻を同伴して進軍していた。 その妻は色白ですらりとした美しい女性だった。 それを見た村人たちは、「このあたりには若い女をさらう神通広大な神がいますので、美しい人を連れてここをお通りになっては危うございます。 特に美しい人は必ずさらわれます。 十分注意して守られたほうがいいですよ」と歐陽こつに言った。 歐陽こつはその言葉を聞いて不安になり、夜になると宿舎の周囲を兵士たちに警備させ、妻を密室に隠して厳重に戸締まりをし、さらに10人ほどの女中に見張りをさせておいた。
 ある夜のことだった。 吹き荒れていた突風が、明け方近くになるとおさまり、物音一つしなくなったので、見張りの女中たちは安心して、居眠りを始めた。 しばらくして、ふと何かに起こされたような気がして目を覚まして部屋をのぞくと、妻の姿は忽然と消え失せていた。 戸締まりは厳重にしていたので、全く不可解だった。 外に出たが、険しい山道のため、すぐに道が分からなくなり、探すこともできなかった。 明け方近くまで探したが、結局わからかった。 そこで、歐陽こつは妻を見つけるまでは帰らないと決心し、将軍には病気を口実に全軍を駐屯させ毎日、山奥まで捜索した。
 それから1ヶ月あまりがたった時のことだった。 百里も離れたところの草藪の中から、刺繍の入った履き物の片方が見つかった。 雨に濡れていたため形が崩れていたが、確かに妻のものであった。 歐陽こつは、どうしても妻を捜し出そうと決心を固めて、兵士の中から30人ほどを選抜し、十分な武器と食糧を持って、いっしょに野宿しながら探し歩いた。
 それから10日ほどたった時、宿舎から50里ほど離れた所まで行くと、南方に他の峰々より一段と高くそびえる山を見つけた。 その山の麓に着くと、断崖の上から赤い着物の影が見えたり、女性の笑い声や話し声が聞こえてきた。 断崖を登ってみると、そこは美しい木々、珍しい花々が咲き乱れ、柔らかな青氈が広がり、静かで清々しい雰囲気に包まれた不可思議な別天地であった。 そこでは、鮮やかな衣装を身にまとった女性たちが遊んでいた。
 女性たちに近づき、探している妻の事を話すと、ここにいる、と言う。 再会した妻に駆け寄ろうとする歐陽こつに、妻は何も言わずに、帰るようにと手を振るばかりだった。 この光景を見た他の女性たちは、互いを心配し合う夫婦の姿に胸を打たれた。 一人の女性が、「あの不思議な物は、百人の兵士をもっても殺せないけど、美酒を二斛、餌にする犬を十匹と、麻を数十斤用意できるのなら協力します」と言った。 歐陽こつは承諾し、10日後に再度来る約束をして帰途についた。
 10日後、約束通り不可思議な地にたどり着いた。 そこで、女性は「あいつは酒好きで、酔うと私たちに絹のひもで手足を寝台に縛らせるのですが、それを引き裂いて自らの力を見せびらかすのです。 しかし以前、三本のひもをより合わせた時は切れなかったから、今度は麻の縄を混ぜてより合わせれば切れないはずです。 あいつの体は鉄のようで、刀や槍は通じませんが、へその下が弱点なのではないでしょうか」と言った。 それから、歐陽こつたちは女性たちの言われるままに食物を貯蔵しておく所に隠れ、不思議な物の来るのを待った。
 午後になると、白い絹のような物が別の山から飛ぶように来て、まっすぐ洞窟に入って行くのを見た。 まもなく、女性たちに囲まれて、身長六尺余りの体格の大きな男が洞窟から出て来た。 そして、その男は酒を数斗も飲み干すと、女性たちといっしょにまた洞窟の奥へと入っていた。 しばらくたつと、女性たちが洞窟の入口から、歐陽こつたちに手招きして呼んだ。
 武器を持った歐陽こつたちが洞窟に入り、中で見た物は、寝台に手足を縛り付けられた大きな白猿であった。 剣で斬り付けてはみたが、傷一つ負わせる事ができなかった。 そこで、先ほど聞いた弱点のことを思い出してへその下を突き刺すと、血が噴き出した。
 白猿は一回ため息をついた後、「お前が殺したわけではない、天が殺すのだ。 それと、お前の妻は既に私の子を身籠もっている。 だが、その子は、偉大な君主に出会い、一族を繁栄に導く運命を背負った子だから絶対に殺すな」と言って絶命した。 その1ヶ月前には、「わしは千歳になるまで子どもがいなかったが、今になってやっと子どもができた。 もう死期が近い」と涙を流して悲しんでいたと言う。
 女性たちは全て美人ばかりで30人もいた。 白猿は女の色気が衰えると何処かへと連れ去って行ったが、その後のことは誰も知らなかった。 歐陽こつたちはそこにあった多くの宝と、女性たちを連れて山を下りた。 女性たちの中で、自分の家を覚えている者は家に帰してやった。
 歐陽こつの妻が助け出されてから一年ほど経って、男の子を生んだ。 その子の容貌はかつての白猿にそっくりであった。 その後、歐陽こつは陳の武帝によって殺されたが、親しくしていた江総が、その子の聡明さを愛して、自分の手元に引き取って育てた。 成長すると江総の見込んだ通り学問にすぐれ、書も上手で当時に広く名を知られるようになった。
 その白猿の生まれ変わりの子こそ、歐陽詢である。

 この物語は、歐陽詢の風貌が猿に似ていたために、後になって作られた物語です。 しかし、物語とは言え、歐陽こつが進軍したこと、その後殺されて子どもの歐陽詢は江総に引き取られたことは史実に基づいています。
 また、他のエピソードでは、貞観10年(636)に文徳皇后が崩ぜられた際、詢の喪服姿があまりにも醜いので、おもわず笑ってしまった許敬宗(きょけいそう)は、御史の弾劾にあい左遷されたとも言われています。
 このように物語やエピソードとして語り継がれるほどの彼の容貌の醜さが、逆に整った美を追求させて、均整のとれた書風を生み出したとも伝えられています。

先頭行へ先頭行へ

※ ブラウザの文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。


ご覧いただき、ありがとうございました。


九成宮醴泉銘  全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 部分 4 / 部分 5 / 部分 6 / (資料) 歐陽詢伝


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項