表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある 建中告身帖 (解釈・書法)建中告身帖_解釈・書法へ


建中告身帖

釈文 ・ 概要

顔真卿 の 「建中告身帖」 を取り上げます。


  1. 全文の釈文
  2. 顔真卿 の生涯
  3. 作品の成立過程 と 時代背景
  4. 顔真卿 の代表作
  5. 参考文献
 【概要】
  作品名   … 建中告身帖
  制作年   … 唐時代、建中(けんちゅう)元年(780)
  書 体    … 楷書
  作品の特徴 … 全33行。一行 8〜9字。全255字。
            一文字の大きさは約3センチ。
  真跡現存地 … 書道博物館
             (東京都台東区根岸2-10-4)


  1.全文の釈文(縦書き)








廿

































使








廿





















廿
















使





調

















































































































































使




































 






以下は横書きです。

先頭行へ先頭行へ

  2.顔真卿 の生涯

 中国年号(西暦) /満年齢 年 譜

 景龍 3年 (709)
 開元 6年 (718)
 開元 9年 (721)
 開元22年 (734)
 開元24年 (736)
0
9
12
25
27
 琅邪臨沂(ろうやりんぎ、現在の山東省臨沂県)で生まれる(1)
 幼くして父惟貞を失い、伯父の元孫・兄の允南の世話を受ける。
 この頃、外祖父の殷子敬に従い、呉県(蘇州)にゆき、学問に励む。
 考功員外郎遜逖の下、進士に及第。「梓材賦」と「庫詩」を試す。
 平判入等し、朝散郎秘書省著作局校書郎を授かり、碑志・祝文・祭文を修撰する。
 開元26年 (738)
 開元29年 (741)
 天宝元年 (742)
29
32
33
 母の殷氏が没し、喪に服す。
 伯父の顔春卿没す。臨終の時、子孫の事を真卿に託す。
 文詞秀逸科に挙げられる。玄宗皇帝が勤政楼に出御しての策試に通過した。
 10月 醴泉尉となる。やがて長安尉に転ず。
 ※ 天宝・至徳年間はxx年ではなく、xx載というが、便宜上(年)で表記しました。
 天宝 2年 (743)
 天宝 5年 (746)
 天宝 6年 (747)
 天宝11年 (752)
 天宝12年 (753)
 天宝14年 (755)
34
37
38
43
44
46
 醴泉尉をやめて洛陽に行く途中、張旭(2)を訪れて筆法の教を請う。
 再び張旭を訪れ、筆法を問う。
 監察御史として河州・隴州の地方官の視察をする。
 三転して武部員外郎判尚書となる。
 平原太守に移る。
 安禄山(3)の乱。真卿は平原城を固守。兵を起して賊を討つ。
 玄宗皇帝はその忠臣ぶりに感嘆した。
 至徳元年 (756)
 至徳 2年 (757)
47
48
 工部尚書となり、御史大夫平原郡の太守を兼ねる。
 憲部尚書となる。
 乾元元年 (758)
 乾元 2年 (759)
 上元元年 (760)
 宝応元年 (762)
49
50
51
53
 3月 蒲州刺史となる。10月 饒州刺史となる。
 6月 昇州刺史となり、浙西節度に充てらる。
 8月 蓬州長史となる。
 5月 利州刺史となる。12月 戸部侍郎となる。
 広徳元年 (763)
 広徳 2年 (764)
 大暦元年 (766)
 大暦 3年 (768)
 大暦 7年 (772)
54
55
57
59
63
 3月 吏部侍郎となる。10月 尚書右丞となる。
 正月、検校刑部尚書となる。3月 魯郡開国公に進封。
 2月 峽州の別駕に貶せられ、3月 吉州の別駕に移る。
 5月 撫州刺史となる。
 9月 湖州刺史となり、翌年正月任地に至る。
 大暦12年 (777)
 大暦13年 (778)
 建中元年 (780)
 建中 3年 (782)
 貞元元年 (785)
68
69
71
73
76
 8月 刑部尚書となる。
 吏部尚書となる。
 8月 太子少師となる。
 8月 太子太師となる。
 李希烈(4)に殺される (784年説あり)

(注)
 1.〔顔真卿〕 字は清臣(せいしん)。父は顔惟貞。顔家の家系は学者や能筆家の多くでている名家。
 2.〔張旭(ちょうきょく)〕 蘇州(江蘇省)の人。字は伯高。草書にすぐれ、書聖といわれた。
 3.〔安禄山〕 705-757 節度使となり、玄宗皇帝に重んじられて権勢を得た。
   755年反乱をおこし、都をおとしいれ自ら帝位についたが、子の安慶緒に殺された。
 4.〔李希烈〕 ? -786 節度使。燕州遼西(現在の河北省)の人

先頭行へ先頭行へ

  3.作品の成立過程と時代背景


1) 作品の成立過程

 建中告身帖は建中元年(780)8月に顔真卿が太子少師(皇太子の教育を掌る官)の官を授けられた時の辞令です。 顔真卿はこの時72歳でした。
 自分で自分の辞令を書くというのは異例ですが、顔真卿は当時辞令を発行する吏部の長官、吏部尚書でした。 太子少師は官位が高いのに、実際は肩書きだけの閑職で、実質的な栄転ではありませんでした。 彼が要職だった吏部尚書(正三品)から、この官に移ったのは当時の宰相楊炎(1) から、顔真卿がにくまれてしまったためだろうと考えられています。
 また、官吏の署名が欠けているため、顔真卿が当事者である自分の名前を謙遜して避けたのではないかと考えられています。

(注)
 1.〔楊炎〕  727-781 政治家。両税制の創始者。字は公南、鳳翔天興(現在の陝西省)の人。大暦14年(779)宰相になる



2) 時代背景

 唐 (618-907) は初唐、盛唐、中唐、晩唐と大別される。 この中で、顔真卿は盛唐から中唐にかけて生きた人である。 皇帝でいえば、玄宗(げんそう)粛宗(しゅくそう)代宗(だいそう)徳宗(とくそう)であり、特に玄宗の時代には、詩・絵画・陶磁器・宮廷音楽等の分野が栄えた。 玄宗と楊貴妃(2) のロマンスがあったのもこの頃で、繁栄にかげりが生じ、崩壊前の爛熟した時期であった。
 辺境では、軍制である府兵制(3) が崩れ、周辺諸民族が台頭し、内部でも異民族の勢力が強まりつつあった。 また、中央では貴族政治の中で科挙に合格した科挙官僚と貴族官僚との間に軋轢があった。
 一方、農村では均田制(4)、租庸調制(5) という土地・税制等の諸制度は安史の乱(6) によって完全に崩壊し、安史の乱以降、建中元年(780)に両税制(7) が施行されるまで唐は一時的な安定期を迎えることになった。
 このような時代に顔真卿は、中央官僚、地方官として皇帝に仕えていた。 日本ではちょうど奈良時代である。

(注)
 2.〔楊貴妃〕  719-756 玄宗の皇后。幼名は玉環、号は太真。はじめ、玄宗の皇子寿王の妃であったが、天宝4年(745)玄宗の貴妃(女官の名)となった。安禄山の乱に玄宗と蜀(四川省)へ逃げる途中、馬嵬坡(ばばかい)で殺された(37歳)。その後、玄宗は蜀に亡命し、至徳元年(756)粛宗が皇帝に即位した。
 (参考) 解語花 (かいごのはな) 玄宗が楊貴妃をさしていったことから、ことばのわかる花。美人のこと。
      長恨歌 (ちょうごんか) 唐の白居易(772-846)がつくった長編叙事詩。唐の玄宗皇帝と楊貴妃との愛と、
      楊貴妃の死後の皇帝の悲しみを歌ったもの。「源氏物語」などの日本文学にも影響を与えた。

 3.〔府兵制〕  唐代に整備された兵制の一つ。唐代の兵役期間は3年間で兵部直轄で地方に置かれた折衝府に召集され、帝都の警備と辺境警備にあたった。平時は、農作業に従事し、農閑期に訓練を受けた。

 4.〔均田制〕  唐代の土地制度。土地を農民に平等に与えることによって豪族の大土地所有を防ぎ、農民を固着させて税役を確保しようとする制度。

 5.〔租庸調制〕  三種の徴税法。租は土地からとれる収穫物の一部を納めさせるもの、庸は人民を一定期間国家の労役につかせるか、そのかわりに絹を納めさせるもの、調は家業に課した営業税で織物などを納めさせるもの。

 6.〔安史の乱〕  安禄山(あんろくざん)と史思明(ししめい)がおこした反乱。玄宗皇帝の天宝14年(755)からはじまった。

 7.〔両税制〕  唐の徳宗のとき行われた税法。租・庸・調の区別を廃して、夏(6月)と秋(11月)の二度税を徴収した。銭納を原則とした。

先頭行へ先頭行へ

  4.顔真卿 の代表作 (書体別、作品名、制作年、満年齢 の順)


1) 楷書   多宝塔碑 (たほうとうひ) (多宝塔感応碑)
  東方朔画賛 (とうほうさくがさん)
  謁金天王神祠題記 (きんてんおうしんしんしにえつするだいき)
 天宝 (てんぽう) 11年
 天宝 13年
 乾元 (かんげん) 元年
(752)  43歳
(754)  45歳
(758)  49歳
  顔勤礼碑 (がんきんれいひ)
  郭氏家廟碑 (かくしかびょうひ)
  宋m碑 (そうけいひ)
 乾元 2年
 広徳 (こうとく) 2年
 大暦 (たいれき) 5年
(759)  50歳
(764)  55歳
(770)  61歳
  麻姑仙壇記 (まこせんだんき)
  大唐中興頌 (だいとうちゅうこうしょう)
  竹山聯句 (ちくざんれんく)
 大暦 6年
 大暦 6年
 大暦 8年
(771)  62歳
(771)  62歳
(773)  64歳
  顔杲卿碑 (がんこうけいひ)
  李玄靖碑 (りげんせいひ)
  顔氏家廟碑 (がんしかびょうひ)
 大暦 9年
 大暦 12年
 建中 元年
(774)  65歳
(777)  68歳
(780)   71歳
★ 建中告身帖
  奉使帖 (ほうしちょう)
  移蔡帖 (いさいじょう)

 建中 元年
 興元 (こうげん) 元年
 貞元 (ていげん) 元年
(780)  71歳
(784)  75歳
(785)  76歳
2) 行書   祭姪文稿 (さいてつぶんこう) (祭姪季明文)
  告伯文豪州刺史文 (こくはくぶんごうしゅうけいしぶん)
  争坐位稿 (そうざいこう) (争座位帖)

 乾元 元年
 乾元 元年
 広徳 2年
(758)  49歳
(758)  49歳
(764)  55歳
3) 破体書 (行書の変体)
  裴将軍詩 (はいしょうぐんひ)  上元 (じょうげん) 元年 (760)  51歳

先頭行へ先頭行へ

  5.参考文献 (顔真卿・建中告身帖 関係)


[辞書・辞典]
   『漢字源』 藤堂明保他編 学習研究社 1988
[原文・解釈]
   『中國書法全集』 第26巻 劉正成主編 榮寶齋 (北京宣武區西琉璃廠) 1993
   『顔真卿楷書』 書学大系・碑法帖篇 第三十一巻 同崩社出版 1984
[概説]
   『書の宇宙 13 ―人と書と 顔真卿―』 石川九楊編 二玄社 1998(初版1刷)
   『中国書道史の10人』(季刊 墨スペシャル28号) 芸術新聞社 1996
   『顔真卿 ―剛直の生涯―』 外山軍治 創元社 1986
[文献]
   「建中元年朱巨川奏授告身と唐の考課 (上・中・下)」 大庭 脩 関西大学史学会刊
                            『史泉』 第11・12・18号 1958
   「唐代官文書研究」(第三章 告身) 中村裕一 中文出版社 1991

先頭行へ先頭行へ

 ここで取り上げた顔真卿の「建中告身帖」は、「自書建中告身帖」「建中帖」
  「自書告身帖」 等さまざまな名称で呼ばれていますが、全て「建中告身帖」で表記を
  統一しました。


※ ブラウザの文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。

ご覧いただき、ありがとうございました。


建中告身帖   釈文・概要 / 解釈・書法 / (資料1) 唐代の勤務評価制度 / (資料2) 関連する話題


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項