表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある建中告身帖の下層にある (資料 1) 唐代の勤務評価制度唐代の勤務評価制度へ


建中告身帖

解説 と 書法

  1. 臨書 と 拓本
  2. 訓 読 (書き下し文)
  3. 現代語訳
  4. 書 法

1.臨書 と 拓本 (縦書き)     1〜3段目が臨書、4・5段目は拓本です。
        建中告身帖-1(鎌田舜英臨)

建中告身帖-2(鎌田舜英臨)

             建中告身帖-3(鎌田舜英臨)


建中告身帖-1(拓本)

              建中告身帖-2(拓本)

以下は横書きです。

先頭行へ先頭行へ

2.訓 読 (書き下し文)

(ちょく)す。国儲(こくしょ)天下(てんか)本為(もとた)り、師導(しどう)(すなわ)元良(げんりょう)(きょう)なり。(まさ)(もっ)本固(もとかた)からんとせば、(かなら)(おしえ)()るを(さき)とす。忠賢(ちゅうけん)(もと)むるに(あら)ずんば、(なに)(もっ)てか審諭(しんゆ)せん。光禄大夫(こうろくたいふ)行吏部尚書(こうりぶしょうしょ)充礼儀使(じゅうれいぎし)上柱国(じょうちゅうこく)魯郡開国公顔真卿(ろぐんかいこくこうがんしんけい)は、(とく)()(こう)()み、四科(しか)(しゅ)(あた)り。懿文碩学(いぶんせきがく)百氏(ひゃくし)宗為(そうた)り、とう臣節(ちゅうとうしんせつ)つく(つく)し、貞規士範(ていきしはん)(そん)す。中外(ちゅうがい)述職(じゅっしょく)し、社稷(しゃしょく)服労(ふくろう)す。静専(せんせい)には()直方(ちょくほう)()り、動用(どうよう)には(これ)懸解(けんかい)()う。山公(さんこう)(こと)(けい)して、()品流(ひんりゅう)(きよ)め、叔孫(しゅくそん)(れい)(せい)して、()王度(おうど)(かがや)かす。()()一有(いちゆう)なるも、(じつ)万国(ばんこく)(ただ)す。(つと)めて(すなわ)(いにしえ)(かんが)えれば、(すなわ)()(ひと)たるを(おも)う。(いわ)んや太后(たいこう)()(たか)くし、外家(がいか)(ぞく)(つらな)るをや。(かえり)みて勲旧(くんきゅう)(さき)にし、(まさ)親賢(しんけん)(むつ)む。()れをして調護(ちょうご)()め、(もっ)羽翼(うよく)(まっと)うせん。一王(いちおう)(せい)(ああ)爾之(なんじこれ)()ねよ。太子少師(たいししょうし)()とす。(せん)()りて礼儀使(れいぎし)()て、散官(さんかん)勲封(くんぽう)(もと)(ごと)くせよ。
建中元年(けんちゅうがんねん)八月廿五日(はちがつにじゅうごにち)
(ちょく)(ほう)ずること(みぎ)(ごと)し。牒到(ちょういた)らば奉行(ほうこう)せよ。
 建中元年(けんちゅうがんねん)八月廿六日(はちがつにじゅうろくにち)
光禄大夫(こうろくたいふ)太子少師(たいししょうし)充礼儀使(じゅうれいぎし)上柱国(じょうちゅうこく)魯郡開国公顔真卿(ろぐんかいこくこうがんしんけい)()ぐ。(ちょく)(ほうず)ること(みぎ)(ごと)し。符到(ふいた)らば奉行(ほうこう)せよ。
 建中元年(けんちゅうがんねん)八月廿八日(はちがつにじゅうはちにち)(くだ)

先頭行へ先頭行へ

3.現代語訳

勅する。 国君の後継者は国家の根本であり、師としての指導はつまり将来の善政のためのよい教である。 根本を堅固にしようとすれば、教育によることから始めなければならない。 忠賢の士を求めるのでなけれは、どうして皇太子にこと細かく諭すことができるであろうか。 光禄大夫・行吏部尚書・充礼儀使・上柱国・魯郡開国公顔真卿は、徳を立ててそれを実践し、四科の第一(徳行・高妙・志節・清白を指す)に相当し、美しい文章と立派な学問は、あらゆる人々のよりどころである。 人臣としての節度においては忠正を尽し、人士の模範においては正しい規範をそなえている。 また、朝廷と地方での職務を報告し、国家に従って勤労している。 正直と方正によって、もの静かにしてひたすらであり、この徳を動かすという点では、何ものにも束縛されていないというべきである。 山公(西晋の山濤)は、人事を天子に申し上げて、その時代の官職の等級を浄化し、叔孫(漢の叔孫通)は礼儀を制定して我が王の法度をおおいにした、こんなこと一つでも、まことにすべての国を正すことができるのである。 つとめて古の道理を考えれば、それ相当の人物であると思われる。 いうまでもなく皇太后の徽号が高くなると、外戚も一族につらなるのだから、なおのことである。 おもうに、功績のあった古い家柄を優先してこそ、皇帝の一族と親しむのである。 彼らに保護させて、太子の補佐を全うさせねばならない。 一代の王の制度として、ここに汝がこれを兼任しなさい。 太子少師であることを許可する。 以前のように礼儀使にあて、散官・勲封はもとのままとする。
建中元年(西暦 780年) 8月 25日
勅書を奉ずることは右のようにし、辞令が届いたならば君はうやうやしく職務を遂行せよ。
建中元年(西暦 780年) 8月 26日
光禄大夫・太子少師・充礼儀使・上柱国・魯郡開国公を顔真卿に発令する。 勅書を奉ずることは右のようにし、文書が届いたならば職務を遂行せよ。
建中元年(西暦 780年) 8月 28日下命する。

先頭行へ先頭行へ

4.書 法

1) 全体の構成

 顔真卿は王羲之の筆法を規範としていますが、さらに一歩進んで、直筆(筆を真っ直ぐに立てて書く書き方)を主体とする「新法」を生み出しました。 顔真卿は新しい直筆法を開拓し、篆書の書法を楷書に取り入れ、蔵鋒(鋒先を隠して書く書き方)にしたものがほとんどです。 そこが王義之以前の直筆とは違っていました。 それまでの貴族的で洗練された書の美しさとは異なり、用筆も結体も武骨で逞しく、力強さにあふれています。
 しかも、作品ごとに工夫が凝らされ、その時々に、文字の形や筆意が変化しています。 この筆法は顔法といわれ、その特徴は蔵法、向勢、蚕頭燕尾(起筆がまるく蚕のあたまのようで、みぎ払いの収筆が燕の尾のように二つにわかれている)ということばで、親しまれています。

2) 用筆の特徴

 ( 1) 横画 〔上〕 垂直に力強くいれた筆をつり気味に運筆する。
 ( 2) 縦画 〔夲〕 筆先を力強く押し込むように入れ、中心部分にも力をいれる。
 ( 3) 転折 〔為〕 横画はやや筆を浮かせながら運筆し、折れ曲がるところから一気に筆圧を強くかける。
 ( 4) 左払い 〔力〕 垂直におろした筆をゆっくりと抜いていく。
 ( 5) 右払い 〔外〕 力強く運ぶ筆を抜く寸前にいったん止め、左上に少し筆を引き戻して改めて右に払う。
 ( 6) そり 〔職〕 力をいれて勢いよく筆を運んで一旦止め、立ち上がるように筆を引き戻してから前方に
           はじき出す。
 ( 7) 曲がり 〔充〕 加速度をつけて力強く運び、一旦止める。立ち上がるところをもう一度筆を引き戻して、
           右に筆をすこし運び、穂先を左回りに回転させる気持ちで前方に弾き出す。
 ( 8) 点 〔勲〕 ひだり斜め前方から力強く押し込むようにしていれ、軽く止め、えぐるように弾き出す。

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)
上 本 為 力 外 職 充 勲

先頭行へ先頭行へ

※ ブラウザの文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。


ご覧いただき、ありがとうございました。


建中告身帖  釈文・概要 / 解釈・書法 / (資料1) 唐代の勤務評価制度 / (資料2) 関連する話題


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項