表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある建中告身帖の下層にある


建中告身帖


関連する話題


< 顔真卿自書告身帖事件 >

 これは、日本で顔真卿の建中告身帖が話題になった有名な事件です。
 著作権に関する民事訴訟事件として争われました。
   昭和57年(1982) 1月25日 東京地裁    昭和55(ワ)13583
   昭和57年(1982)11月29日 東京高等裁判所 昭和57(ネ)203
   昭和59年(1984) 1月20日 最高裁判所   昭和58(オ)171


東京地方裁判所での内容

 <訴えられた側 (被告)>   書籍の発行所 と 編集兼発行者で書家のA氏
 顔真卿の自書建中告身帖を載せた書籍を発行した。
 ・発行所  有限会社 書芸文化新社 (書道関係の図書を出版・販売している出版社)
 ・書 名  『和漢墨宝選集 第二四巻 顔真卿楷書と王★臨書』 (6,600円 500部印刷)
 ・発行日  昭和55年(1980) 8月30日

 <訴えた側 (原告)>   顔真卿真蹟の建中告身帖を所有している財団法人B
  所有権侵害を理由に、
    1.書籍の販売停止
    2.書籍中から「顔真卿自書建中告身帖」の部分の廃棄
    3.訴訟費用の負担、を請求した。

 <判決>   棄却。 訴訟費用は原告の負担。

 その後、原告は東京高等裁判所に控訴したが棄却され、最高裁判所に上告したが棄却された。
 この裁判により、顔真卿の建中告身帖は一躍有名になりました。
 詳しくは、最高裁判所ホームページ で判例を検索すると全文がご覧いただけます。

先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。


建中告身帖  釈文・概要 / 解釈・書法 / (資料1) 唐代の勤務評価制度 / (資料2) 関連する話題


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項