表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある 黄庭経 (部分 1)黄庭経_1へ


黄庭経

全文の釈文・概要

王羲之の肖像画
王羲之

王羲之の作と言われている「黄庭経」を取り上げました。
  1. 全文の釈文
  2. 王羲之 の生涯
  3. 作品の成立過程 と 時代背景
  4. 王羲之 の代表作
  5. 参考文献

【概要】
  「黄庭経」は、老子が書いた不老長寿の養生訓で、真蹟は安禄山の乱
  (西暦 755-763年)で紛失。
  現存するものは、臨模したものの宋拓で、王羲之の作と伝えられている。


 1.全文の釈文 (縦書き)

部分 1






















































































































































































































































 経

部分 2




















































































































































使







































































































部分 3














































































































































































使























































































部分 4




















調



調







































使






















































































































漿











調




















































部分 5
 







廿



























































































































宿














調































寿









































以下は、横書きです。

先頭行へ先頭行へ


  2.王羲之 の生涯

 魯一同の『右軍年譜』 によると、王羲之は永嘉元年(307)に生れ、興寧 3年(365)数え年 59歳で亡くなったことになっている。 生年や没年は異なるが、字は逸少(いっしょう)。 小字を阿菟(あと)といった。 琅邪臨泝(山東省)の人である。

 王羲之は琅邪の名族王氏の出身で、南渡のときの功臣玉導のいとこにあたる。 かつて、右軍将軍と言う官職に就いたので、世に王右軍とも言われた。 祖父王正(おうせい)は尚書郎、父王曠(おうこう)は淮南太守となった。 晋の元帝(在位=317-322)が南渡したとき、王曠は主導者となって、その建議を創案したといわれている。
 王羲之は幼いころ、どもりであった。 しかし 13歳のとき、周(しゅうぎ)に謁見したところ周は一瞥してそのすぐれた才能を見抜き、牛の心臓の炙り肉を引きさいて 王羲之に食べさせた。 そこで初めて王羲之の名前が知られるようになったという。 成長してからは、弁舌巧みで、正直者で王承・王悦とともに「王氏の三少」と呼ばれるに至った。

 王羲之ははじめ、秘書廊となり、ついで臨川太守となった。 咸和 2年(334)征西将軍ゆ亮の招請によって、参軍となり、累遷して長兄となり、のちに寧遠将軍、江州刺史となった。
 王羲之は若いときから評判がよく、朝廷の公卿たちはみなその才能を愛し、召して侍中・吏部詔書に推薦しようとしたが、就任しなかった。 しかし、殷浩に嘱望されてついに護軍将軍となった。 しかし、王羲之の殷浩にあてた手紙によると、
   尚子平(後漢の人。晩年に気ままに逸民となった人)の志をつぐのが自分の意志である。
   子供が成人した以上は、悠々自適の生活に入りたい。
というのが彼の本心で、建康政府に入るより、むしろ一地方の長官として外に出ることを望んでいた。
永和 7年(351)護軍将軍就任後、宣城郡(安徽省)の太守を懇望したが許されず、右軍将軍、会稽内史に任ぜられた。 この地に在任した永和 11年(355)年までの 4年間は、王羲之にとって最後の官界生活であり、同時に現実の政治世界にもっとも力を入れた時期であった。 太原の王述との政争によって辞任したのちも、この地に住み、地元の名士らと山水に遊び、服食養生の道を楽しんだ。 かれは名家の出で盛名があったのにもかかわらず、政治家としての生涯ははなはだふるわなかった。 それは王羲之自ら 「われもとより、朝廷に志なし。」と言っているように、道家思想に基づく栄達を願わない心境から発したものらしいが、彼の気骨な性格が時代の流れに合わなかったためともみられている。
 永和 10年(355)王羲之は、病と称して会稽内史を辞任した。 退官後も会稽に住み続け、山水に遊び、清談を楽しんだ。 『黄庭経』 や 『東方朔画賛』 なども、退官してから書かれたものと言われている。 そして会稽内史を辞めてから、10年後の興寧 3年(365) 59歳の生涯を閉じた。 他人のことを思いやり、深く心配し、よい先輩や友人・家族に恵まれた幸せな一生であった。

 王羲之の書の名声は、当時から既に高く、多くの逸話が残されている。
 山陰の道士が飼っている鵞鳥と 『道徳経』 とを交換し、籠にいれて持ち帰り、飼うのを楽しみにしていたこと。
 また王羲之がしゅう山にいたとき、一人の老婆が六角の竹の扇を売り付けようとしたので、王羲之は 5字ずつ字を書いてやった。 それを王右軍の書だと言って売れといったところ、人々が争って買った。 のちに、また老婆が扇を持って来たが、王羲之は笑って二度と書かなかった、という話が 『晋書』 巻80 に伝わっている。

 王羲之は自分の書について、「わたしの書は鍾ようとは抗行することができ、張芝の草書となら雁行することができる。」と言って、並々ならぬ自負心を示している。
 伝説によると、王羲之は八分・隷書・行書・草書・章草・飛白の各書体をよくし、とりわけ楷書に精妙で、古今第一とまで言われた。 今日、彼の書として伝えられるものは、楷書・行書・草書の三体だけである。
このころ三体の書がまだ十分成熟はしていなかったのを、王羲之は芸術的なレベルに完成するところまで文字の風格を引き上げた。 そこに王羲之の偉大さがあり、「古今に二なし。」(羊欣)という評価が生まれるのである。 王羲之を第一とする評価は、六朝後半から唐代にかけてほぼ確立し、唐代の二代皇帝太宗の熱愛に刺激されて、唐代には一段と王法が流行した。
 さらに、宋の太宗の勅撰した 『淳化閣帖』 の流布によって、後世「書聖」と言われ、現在なお揺るぎなく仰がれ続けている。

先頭行へ先頭行へ


 3.作品の成立過程 と 時代背景

 1.作品の成立過程

『黄庭経』には 「外景経」 と 「内景経」 があり、王羲之が書写したのは「外景経」と言われている。
共に『雲笈七籖』(1) に注をつけて収められている。 道家の養生訓・衛生訓を述べたものである。
   (1) 『雲笈七籖』 (うんきゅうしちせん)  120巻。
       宋の張君房の撰。 道教の経典で、宋の天禧 3年(1019)真宗の命を奉じて秘閣(天子の
       書物を蔵する宮中の書庫)の道書 4560巻を整理し、その精要をとって作ったもの。

「外景経」が七言句に統一されているのに対し、王羲之本は、冒頭が四言句で 『雲笈七籖』 と比較すると語句の異同は甚だ多い。
ここで唱えられる思想は、身体の各器官を宮殿や楼閣に見たて、そこに宿る道教の神々を明らかにすることによって、体の調和と健康を図りあわせて不老長生を得ようとするものであった。 原蹟は唐代に亡んだと伝えられている。

 王羲之は道教の熱心な信者であった。 道教とは、天上界において永遠の生を生き続ける神仙、すなわち仙人を神々に仰ぐ宗教であり、道教徒の最高の理想は、自ら神仙となることであった。 道教は 2世紀の後漢時代に、蜀すなわち今日の四川省において、張道陵と言う人物が唱えた教法に始まる。 張道陵の教法は、その後息子の張衡・孫の張魯と伝えられ、天師道と呼ばれたこの張氏の道教は、漢中の地域に一種の宗教王国を築き上げる程の大勢力を誇っていた。
王羲之の「黄庭経」は、小宇宙である人間の体内、そこに宿ると考えられた神々の姿を瞑想状態の中でありありと思い浮かべ、それとの神秘的合一をはかることが説かれている。 彼が「黄庭経」を書いたのは、まさしく王羲之は道教の熱心な信者であったということの証しとも考えられる。

 王羲之の作品に「官奴帖」という作品がある。 これは、王羲之の孫娘玉潤が、大病にかかったときに、道教の司祭である道士に送った手紙である。 そこには道教徒としての王羲之のひたむきな心がよく伝えられている。
官奴の末娘の玉潤が発病してから、10日あまりにもなるというのに、私には何も知らせがありません。 それが先日以来、突然持病の発作をおこし、今ではひどくなる一方です。 その上、頭のおできに苦しんでいます。 おできはつぶれたので、その方はまだしも心配はいりませんが、持病の方はいくらか良くなったとしても、心配で苛々します。 何とも表現のしようもありません。 以前の難病とて、これほどではありませんでした。 これもひとえに家長である私が、自己の修養に努めて家族のものを教育することができず、いろいろと科誡を犯したためにこんなことになったのです。
私はひたすら誠の道に帰一し、罪のさばきを待つのみです。 通りいっぺんにこう申すのではありません。 官奴から詳しく申し述べたと思いますので、これ以上は申しません。 上は道徳に背き、下は先生に恥じ、もはや言うべき言葉もございません。
とある。 しかし、玉潤の命は助からなかったのである。
王羲之は、孫娘が病気になった全ての責任は自分にあるのだと反省し、懴悔を行っている。 自分が「科誡」を犯したためにこんなことになったと述べている。 「科誡」とは、道教徒が守るべき戒律であると思われる。
 「戒頌律」 に、 「こころを安らかに志を一定に保ち、道徳を尊び、師長を敬え。戒律を守らず、道徳を軽んじあなどり、師友を敬わないと、家を治めては災禍がおとずれ、国を治めては混乱と亡国がおとずれよう。」 と定められている。 また、「制度律」に 「道教徒たるもの、心に誓って死に至るまで道に帰一せよ。 二心を抱き躊躇してはならぬ。 道徳に違背し、道を悔い俗に戻るならば、その罪は重く、禍が訪れて一家を破滅させるであろう。」と定められていることも、関係があるようである。 道徳というのは、『道徳経』で、『老子』 に説かれている 「道」 であり 「徳」 であって、『道徳経』 は、道教経典の中で、もっとも中心的位置を占めるものであった。
 王羲之には道士の飼っていた鵞鳥と引き換えに 『道徳経』 を書いて渡したと言う、有名なエピソードがある。
 ともかく、王羲之は孫娘の病気は、自分が 「道徳」 をあなどり、「道徳」 に違反し、師長であり師友である 「先生」 を尊敬しなかった罰なのではないかと反省している。
「私はひたすら誠の道に帰一し、罪のさばきを待つのみです。」 と述べているのも、道教徒たるものは 「死に至るまで道に帰一せよ。」 と教える 「科誡」 をあらためて反省した上での懴悔のように考えられる。


 2.時代背景

 王羲之は、西暦 307-365年に生きた人である。 この時代の日本史年表は空白である。 強いて挙げるなら、「西暦 239年 = 卑弥呼が魏に使者を送った」、「西暦 574-622年 = 聖徳太子の生没年」 しかない。 中国では、蔡倫(生没年不詳、後漢桂陽(湖南省)の人)が、西暦 105年に植物繊維だけで良質な紙の製紙法を発見している。

 このような古い時代であるため、王羲之に関する資料は乏しい。 文献も、『晋書』の 「王羲之伝」と時代が下った後に書かれた挿話、言い伝えしか残っていない。
王羲之の生まれる 100年ほど前の西暦 205年、魏の曹操(そうそう=西暦155-220年)は 「立碑の禁」を出した。 「立碑の禁」 が出された背景には、権力者や豪族により死者を葬る儀式が華美になっていったことが挙げられる。 この禁令はその後、350余年間続いたが、国家的・皇帝に関する碑だけは立てられた。
 また、王羲之の肉筆の多くは唐の皇帝太宗がコレクションとして収集し、自らの墓にいっしょ に埋葬してしまった。 そのため、作品は唐代に建てられた碑の刻帖や臨書・双鉤填墨(そうこうてんぼく=模写法の一つ)が残るだけで、肉筆は現存しない。

 文字は、古代から甲骨文や青銅器の銘文にはじまり、金文、隷書、草書・行書、楷書と発達してきた。 最古の楷書は、西暦 249年のもので、朱然(しゅぜん=西暦182-249年)の墓の副葬品の中から見つかっている。 その、楷書・行書・草書という書体を完成させたのが、 王羲之である。

 楷書は隷書から生まれたといわれている。
楷書が生まれたと思われるのは、後漢も末期のことで、木簡や竹簡には動きのある後の楷書や行書、草書などになる要因を含んだ文字が使われていた。
 また、蔡倫が紙を発明したというのも、書体の変遷には大きな動きを与えた。 当時の布はまだ高価で、木簡は重かったので、蔡倫は、木の皮や麻・ぼろ・魚網などを材料にして紙を作ったのである。
 またこの時代には、筆もうさぎなどの柔らかい毛で作られるように改良が進んでいた。 墨もまだ漆のようなものだったが、三国時代には筆・墨・紙が大きく発展し、表現する上での環境が整ってきた時代だったのである。 そのため、線も柔らかくなり、隷書の波勢はほとんどなくなり、ゆるやかな書き方に変わっていくのである。 隷書から発展した楷書は、初期には扁平で隷書に近い物であるが、時代の移り変わりとともに、楷書としてどんどん洗練された形になり、形も縦長に変わっていくようになるのである。

 王羲之の登場はこういった時代の素材が昇華した中で、今までにない自由で変化に富んだ作品だったのである。 楷書・行書・草書の完成者といわれるのもそのためで、彼の書は中国はもちろん日本においても、今では計り知れないほどの影響力を持っている。

先頭行へ先頭行へ


 4.王羲之 の代表作

1) 楷 書
 楽毅論 (がっきろん)
三国時代の魏の夏侯玄が楽毅について書いた文。楽毅は戦国時代、 燕の昭王に招かれて将軍になった。(生没年未詳)  永和 4年 (348)  41歳
 東方朔畫賛 (とうほうさくがさん)
漢の武帝に仕えた東方朔(生没年未詳三東省の人)の画像の賛として書いたもの。
西晋の夏侯湛の文。  永和12年 (356)  49歳
 黄庭経 (こうていきょう)
唐の宮中に蔵されていたが、安禄山の乱で失われ臨模による宋代の拓本が今日伝えられている。 老子が書いた不老長寿の養生訓で、細楷のなかでも最も気韻が高いとされている。
永和12年 (356)  49歳
 孝女曹娥碑 (こうじょそうがのひ)
漢安2年(西暦143年)に水死した父の屍を求めて投身した孝女曹娥の事蹟を表彰したもの。
升平 2年 (358)  52歳
2) 行 書
 蘭亭序 (らんていじょ)
王羲之が41人の文人墨客を蘭亭に集めて曲水の宴を開いた。 その時の詩の序文。
永和 9年 (353)  46歳
 姨母帖 (いぼじょう)
王羲之の母の姉妹にあたる人の死を悼んだ手紙。 叔母の死の悲しみを記している。  年代不明
 喪乱帖 (そうらんじょう)
唐代の臨模本で 喪乱帖 8行、ニ謝帖 5行、得示帖 4行からなる。 孔侍中帖とともに、日本に将来した。  年代不明
 集王聖教序 (しゅうおうしょうぎょうじょ)
唐(672)大唐三蔵聖教序、同記、心経を懐仁(えにん)が集字して立碑したもの。
30行、約1900字。
 興福寺断碑 (こうふくじだんぴ)
唐(721)大雅が集字したもの。 下半部のみ出土した。 鎮軍大将軍の呉文の墓碑といわれているが不明。
3) 草 書
 初月帖 (しょげつじょう)
王羲之が会稽郡山陰県から発した書状。 旅の途中でもらった手紙のお礼と自分の様子を伝えている。  年代不明
 奉橘帖 (ほうきつじょう)
平安帖、何如帖、奉橘帖の三帖が一巻で奉橘帖と呼ぶ。  年代不明
 孔侍中帖 (こうじちゅうじょう)
哀禍帖 (あいかじょう)、孔侍中帖 (九月十七日帖)、憂懸帖 (ゆうけんじょう)の三帖が一つに表装され、中央の孔侍中帖が総称となっている。  年代不明
 遊目帖 (ゆうもくじょう)
王羲之が益州刺史の周撫にあてた手紙。  年代不明
 遠宦帖 (えんかんじょう)
周撫にあてた草書 6行の手紙。 省別帖ともいう。  年代不明

先頭行へ先頭行へ


 5.参考文献

辞書・辞典 と 概説
『書道百科事典』  阿保直彦編  木耳社  1992
『新編 東洋史辞典』  京大東洋史辞典編纂会編  東京創元社  1991 (10版)
『中國歴史地図集 随・唐・五代十国時期』  潭其驤主 編  地図出版社  1982
『よくわかる書の常識』  書道ジャーナル研究所 編  同朋舎出版  1993
黄庭経 と 王羲之
『三才図會 上冊』  [明] 王圻 王思義 編集  上海古籍出版社  1985
『中国書道史の10人』 (季刊 墨スペシャル28号)  芸術新聞社  1996
『図説 中国書道史』 (季刊 墨スペシャル9号)  芸術新聞社  1991
『百万人の書道史 中国篇』  本田春玲  日貿出版社  1985
『中国書人伝』  駒田信二  芸術新聞社  1987 (3刷)
『書人小伝』  書学大系・研究篇 第3巻  西林昭一編  同朋舎出版  1985 (1版2刷)
『中國書人傳』  中田勇次郎 編
道教
『抱朴子 内篇』  葛洪 撰、本田 濟 訳  平凡社 東洋文庫512  1990
『抱朴子 外篇 1』  葛洪 撰、本田 濟 訳  平凡社 東洋文庫525  1990
『抱朴子 外篇 2』  葛洪 撰、本田 濟 訳  平凡社 東洋文庫526  1990
『講座 道教 第一巻 道教の神々と経典』  野口鐵郎 編  雄山閣出版  1999
『書と道教の周辺』  吉川忠夫  平凡社  1987
『道教百話』  窪 徳忠  講談社 学術文庫875  1989
『中国的思考 ‐儒教・仏教・老荘の世界‐』  蜂屋 邦夫  講談社 学術文庫1523  2001
『仏教民族学』  山折 哲雄  講談社 学術文庫1085  1993
『中国医学はいかにつくられたか』  山田慶兒  岩波書店 岩波新書599  1999
『漢方の歴史 ―中国・日本の伝統医学―』 小曽戸 洋  大修館書店 あじあブックス  1999
『道教の養生術』  アンリ・マスペロ 著、持田季未子 訳 せりか書房 アジア文化叢書  1987

先頭行へ先頭行へ

  ※ 「黄庭経」 は、一般的に 「コウテイキョウ」 と読みますが、なかには 「コウテイケイ」 と書かれている
    資料もあります。

※ ブラウザの文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。

ご覧いただき、ありがとうございました。


黄庭経   全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 部分 4 / 部分 5 / 書法 / 全文の現代語訳 /
  (資料 1) 道教と神仙思想 / (資料 2) 妙薬の製造法 / (資料 3) 功過格による長生き診断


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項