表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある黄庭経の下層にある 黄庭経 (部分 2)黄庭経_2へ


黄庭経

部分 1  臨書と解説

  1. 釈 文
  2. 臨書 と 拓本
  3. 訓読(書き下し文)
  4. 現代語訳


1.釈 文
 (縦書き)























































































































































































































































 経


2.臨書 と 拓本
 (縦書き)     1〜 3段目が臨書、4段目は拓本です。
     黄庭経 - 王羲之

     黄庭経 - 王羲之

黄庭経 - 王羲之


黄庭経 (1)


以下は横書きです。

先頭行へ先頭行へ


3.訓 読 (書き下し文)

(うえ)黄庭(こうてい)()り、(した)関元(かんげん)()り、(まえ)幽闕(ゆうけつ)()り、
(うしろ)命門(めいもん)()り、廬外(ろがい)嘘吸(こきゅう)し、丹田(たんでん)出入(しゅつにゅう)す、
(つまびら)かに()(これ)(おこな)えば長存(ちょうそん)()し、黄庭中人(こうていちゅうじん)朱衣(しゅい)()
関門壮籥(かんもんそうやく)両扉(りょうひ)(おお)わる、幽闕之(ゆうけつこれ)(さしはさ)んで(たか)くして巍巍(ぎぎ)たり、
丹田(たんでん)中精気微(うちせいきかすか)なり、玉池(ぎょくち)清水(せいすい)(うえ)()(しょう)じ、
霊根堅固(れいこんけんこ)にして志衰(しおとろ)えず、中池(ちゅうち)士有(しあ)赤朱(せきしゅ)(ふく)す、
横下三寸(おうかさんすん)(しん)()(ところ)中外相(ちゅうがいあ)(へだ)てて(かさ)ねて(これ)()じ、
神廬(しんろ)中務(うちつと)めて脩治(しゅうち)す、玄雍(げんよう)気管精(きかんせい)()くるの()
(きゅう)()(せい)(かた)めて(もっ)自持(じじ)せよ、宅中(たくちゅう)士有(しあ)(つね)(こう)()る、
子能(しよ)(これ)()れば()まざる()し、横理(おうり)長尺(ちょうしゃく)()(うえ)(やく)す、
子能(しよ)(これ)(まも)らんば恙無(つつがな)かる()し、廬間(ろかん)(こきゅう)(もっ)(みずか)(つぐな)い、
保守完堅(ほしゅかんけん)ならば()(けい)()く、方寸(ほうすん)中蓋蔵(うちがいぞう)(つつし)み、
精神還帰(せいしんかんき)すれば()いて()(そう)なり、(さしはさ)むに幽闕(ゆうけつ)(もっ)てし流下(りゅうか)して()く、
()玉樹(ぎょくじゅ)(やしな)いて(たす)()からしむ、至道(しどう)(はん)ならずご(ぼうご)ならず、
霊台(れんだい)(てん)(つう)中野(ちゅうや)(のぞ)む、方寸(ほうすん)(うち)関下(かんか)(いた)り、
玉房(ぎょくぼう)中神(うちしん)門戸(もんこ)(すで)()公子(こうし)(われ)(おし)うる(もの)なり、
明堂四達(めいどうしたつ)すれば法海員(ほうかいまど)かなり、真人子丹(しんじんしたん)()(まえ)(あた)り、
三関(さんかん)(かん)精気深(せいきふか)し、

先頭行へ先頭行へ


4.現代語訳

 上に脳があり、下に脊柱がある。 前に腎があり、後に右腎がある。 空気を吸いこんで下腹部に入れる。 念入りにこれを行うと、長生きできるであろう。 目の中の仙人は朱色の服を着て、口の中の歯と舌は二つの扉に蓋われている。 両耳はそれをはさんで高くそびえる。 下腹部の中は精気がかすかになり、口中のつばは、舌の上で川となり、舌は堅固で、その志は衰えをみせない。 霊根は堅固で、その志は衰えをみせない。 胆臓に男がいて、赤朱の服を着ている。 呼吸がたくさん入るところは神の住むところ、中気と外気を互いに距てて、これを閉じ、鼻の中で治めている。 喉中の気管は、精気を受け入れる蔵。 急いで君の精気を堅固にして、保持せよ。 顔のなかに男がいて、常に赤い服を着ている。 君がこれを見ることが出来れば、病む事はないであろう。 脾臓の長さは一尺で胃の上部をひきしめている。 君がこれを守ることができれば、病気になることはないであろう。 鼻で呼吸し、自分自身を大事にすれば、その体は恵みを受ける。 目の内に、精神がめぐり帰れば、老いても再び壮健となる。 両耳はそれをさしはさみ、流れ落ちてつきる。 あなたの体を養って助けさせよう。 真の道は煩はしくなく、入り混じっているものでもない。 頭は天に通じ、腸をみおろす。 目の中は、関下に至り、心臓の中は神の家、もとよりこの公子がわたしに教を授けるものなのである。 仙人が四方に達すれば、仏の道はまろやかになる。 仙人は我が前にいて、手と足と口の閧ノ精気が深まる。

先頭行へ先頭行へ

※ ブラウザの文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。


ご覧いただき、ありがとうございました。


黄庭経  全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 部分 4 / 部分 5 / 書法 / 全文の現代語訳 /
(資料 1) 道教と神仙思想 / (資料 2) 妙薬の製造法 / (資料 3) 功過格による長生き診断


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項