表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある黄庭経の下層にある 黄庭経 (部分 3)黄庭経_3へ


黄庭経

部分 2  臨書と解説

  1. 釈 文
  2. 臨書 と 拓本
  3. 訓読(書き下し文)
  4. 現代語訳


1.釈 文
 (縦書き)











































たん









































たん






























































使





































































































こん


2.臨書 と 拓本
 (縦書き)     1〜 3段目が臨書、4段目は拓本です。
 黄庭経 - 王羲之

黄庭経 - 王羲之

   黄庭経 - 王羲之


黄庭経 (2)


以下は横書きです。

先頭行へ先頭行へ


3.訓 読 (書き下し文)

子死(しし)せざらんと(ほっ)せばこん(こんろん)(おさ)めよ、
絳宮重楼十二級(こうきゅうじゅうろうじゅうにきゅう)宮室(きゅうしつ)(うち)五采集(ごさいあつ)まり、
赤神(せきしん)()中池(ちゅうち)()つ、(した)長城玄谷(ちょじょうげんこく)邑有(むらあ)り、
長生要眇房中急(ちょうせいようしょうぼうちゅうきゅう)なり、揺俗(ようぞく)棄捐(きえん)して()(せい)(もっぱ)らにし、
寸田尺宅生(すんでんしゃくたくせい)()()し、()長流(ちょうりゅう)するを(つな)げば(こころ)安寧(あんねい)
観志流神三奇霊(かんしりゅうしんさんきれい)閑暇事無(かんかことな)太平(たいへい)(おさ)む、
(つね)玉房(ぎょくぼう)(そん)すれば視明達(しめいだつ)(とき)大倉(たいそう)(おも)えば飢渇(きかつ)せず、
六丁(りくてい)役使(えきし)して神女(しんにょ)(えつ)し、()精路(せいろ)()ざさば長活(ちょうかつ)()し、
正室(せいしつ)(うち)(しん)()(ところ)洗心自(せんしんみずか)(おさ)めて(あえ)(けが)るる()く、
五蔵(ごぞう)歴観(れきかん)して節度(せつど)()よ、六府(りくふ)脩治(しゅうち)して(きよ)きこと()(ごと)し、
虚無自然(きょむしぜん)(みち)()なり、(もの)自然有(しぜんあ)れば、(こと)(はん)ならず、
垂拱無為(すいきょうむい)なれば心自(こころおのずか)(やす)し、虚無(きょむ)(きょ)(れんかん)()り、
寂莫曠然(せきばくこうぜん)として(くち)()わず、たん無為(てんたんむい)にして徳園(とくえん)(あそ)び、
(せい)()香潔(こうきよ)ければ玉女存(ぎょくじょそん)す、
(みち)()して憂柔(ゆうじゅう)()独居(どくきょ)性命(せいめい)扶養(ふよう)して虚無(きょむ)(まも)り、
たん無為(てんたんむい)(なん)思慮(しりょ)ぞ、羽翼以(うよくすで)()らば(まさ)そ(ふそ)
長生久視(ちょうせいきゅうし)して(すなわ)飛去(ひきょ)せん、五行参差(ごぎょうしんし)なるも根節(こんせつ)(おな)じうし、
三五気(さんごき)(がっ)するも()との(いつ)なるを(よう)す、(たれ)(とも)(これ)(とも)にして日月(じつげつ)(のぼ)らん、
(たま)(いだ)(ぎょく)(いだ)きて()(しつ)()し、子自(しみずか)()れを(ゆう)して()して(うし)なう()かれ、

先頭行へ先頭行へ


4.現代語訳

 死なないように望むなら、頭を大事にしなさい。 こころと重なった楼閣十二層、宮殿の中には、五色(1)があつまり、南方の神の子は臍(へそ)に立つ。 その下には長城と玄谷の腎が有り、長生きするには男女の交わりを慎まなければならない。 世間の風俗を棄て去って、君の精力を専らにし、下腹部に生命を治めなければならない。 精が流れ出るのをおさえれば心はやすらか。 気持ちを見て、気ままにするのは陽である。 ひまですることもなく太平をととのえる。 常に部屋を美しく保てば、視覚ははっきりと遠方に達する。 いつも胃をこころにかたくとどめると飢渇しない。 六丁の神を召し使えて、神女に謁見し、君の精力の路を閉ざすならば長寿を保てるだろう。 本妻の中は神の居る所、こころを洗い、自らを治めてみだりに汚れることがなく、五臓を次々とみて体の調子を調えよ。 六府を調整すれば、白ぎぬのように清らかである。 虚無自然は道の法である。 万物に自然があるから、物事はわずらわしくなく、手をこまねいて何もしないので、心は自然と安らかになる。 虚無の住居は清らかで欲のないところに在る。 そこは広々として静かで、口はしゃべらない。 心静かに無欲で徳園に遊び、精力を積んで香が潔ければ、玉女はやすらかである。 道をおこしてせかせかせず、一人でいる。 命を大事にして虚無を守り、心静かで無欲であれば何を思いわずらおうか。 羽翼のような助けがそなわり、ちょうど枝が広がり、永遠に長生して飛び去ろう。 五行(2)は入り混じっているが、根本は同じ、三(光)と五(行)は気を合してもともと一つになるべきである。 誰がこれらを共にして日月に昇ることができるであろうか。 真珠や玉を抱きしめるように真理を守り、君の室をなごませ、君は自分でそれを大事にして失ってはならない。


注 1 〔五色〕  五色のいろ 青黄赤白黒の五種類の正しい色。

注 2 〔五行〕  万物を生ずる五元素=水火木金土。 もともと天地の間で陰陽交互のさまざまを象ったもの。 五行には生成、相生、相剋の三通りの順序がある。 すなわち水・火・木・金・土が相剋し、惑は相生して陰陽が交互するという考え方。 漢代には陰陽五行説が行われた。 生成とは、水・火・木・金・土と徐々に顕著なものに進むことをいい、相生とは木・火・土・金・水で、木は火を生じ、火は土を生じるという見方である。 相剋とは、木・土・水・火・金で、火は金に勝ち、水は火に勝つという見方である。

 『黄庭経』に流れる理論基盤は、陰陽五行説という中国独特の哲学思想である。 森羅万象、世の中のすべての物質および現象を陰と陽との相対する二性質に分けて認識しようとするもので、たとえば、自然界を例にとれば、日と月、天と地、昼と夜、動と静、雄と雌。人体生理においては、男と女、実と虚、熱と寒.表と裏、上と下、急と慢、臓と腑、気と血、衛と栄などが例に挙げられる。 前者が陽で後者が陰である。 ただし、陰陽は一定したものではない。 対立し、統一し、また消長し転化をくり返すことによって物事は運行する。 陰陽は名称であって形に示すことのできないものである。 これを分析すれば、千変万化となる。 陰の中にも陽があり、陽の中にも陰がある。 また、陰が極まれば陽となり、陽が極まれば陰となる、という考えが説かれている。

先頭行へ先頭行へ

※ ブラウザの文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。


ご覧いただき、ありがとうございました。


黄庭経  全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 部分 4 / 部分 5 / 書法 / 全文の現代語訳 /
(資料 1) 道教と神仙思想 / (資料 2) 妙薬の製造法 / (資料 3) 功過格による長生き診断


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項