表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある黄庭経の下層にある 黄庭経 (部分 4)黄庭経_4へ


黄庭経

部分 3  臨書と解説

  1. 釈 文
  2. 臨書 と 拓本
  3. 訓読(書き下し文)
  4. 現代語訳


1.釈 文
 (縦書き)

















































































































き




























































使



























こん




























































2.臨書 と 拓本
 (縦書き)     1〜 3段目が臨書、4段目は拓本です。
   黄庭経 - 王羲之

黄庭経 - 王羲之

黄庭経 - 王羲之


黄庭経 (3)


以下は横書きです。

先頭行へ先頭行へ


3.訓 読 (書き下し文)

()()せざらんと(ほっ)せば金室(きんしつ)(ぞう)せよ、(つき)(いだ)()()()()(みち)
天七地三(てんしちちさん)(めぐ)りて()(まも)る、五行(ごぎょう)升降(しょうこう)して(いち)(きゅう)(がっ)し、
玉石落々(ぎょくせきらくらく)たるも()()(たから)子自(しみずか)()れを(ゆう)して(なん)(まも)らざる、
(こころ)根帯(こんたい)(さと)りて華采(かさい)(やしな)い、(てん)(ふく)()(したが)(まさ)(せい)(ぞう)すべし、
七日(なぬか)()()(しょう)(つら)ぬ、こん(こんろん)(せい)
迷誤(めいご)せず、九源(きゅうげん)(やま)(なん)亭々(ていてい)たる、
(なか)真人有(しんじんあ)使令(しれい)()し、(おお)うに紫宮丹城楼(しきゅうたんじょうろう)(もっ)てし、
(さしはさ)むに日月(じつげつ)明珠(めいしゅ)(ごと)くなるを(もっ)てす、万歳照照(ばんざいしょうしょう)として期有(きあ)るに(あら)ず、
(そと)三陽(さんよう)(もと)づき物自(ぶつみずか)(きた)り、(うち)三神(さんしん)(やしな)長生(ちょうせい)()し、
(こん)(てん)(のぼ)らんと(ほっ)(はく)(ふち)()らんとす、還魂反魄(かんこんはんばく)(みち)自然(しぜん)なり、
き()(めぐら)(しゅ)()(かん)端無(たんな)し、石戸金籥(せきこきんやく)()完堅(かんけん)
載地玄天(さいちげんてん)乾坤(けんこん)(せま)り、(かた)どるに四時(しいじ)(もっ)てし(あか)きこと(たん)(ごし)し、
(まえ)(あお)(うしろ)(ひく)(おの)おの(もん)()にし、(おく)るに還丹(かんたん)玄泉(げんせん)とを(もっ)てす、
象亀気(しょうきき)()霊根(れいこん)(いた)す、(うち)真人有(しんじんあ)金巾(きんきん)(きん)し、
(こう)()()()して七門(しちもん)(ひら)く、()枝葉(しよう)(あら)(じつ)()(こん)なり、
昼夜之(ちゅうやこれ)(おも)えば長存(ちょうそん)()し、仙人道士(せんにんどうし)(しん)とす()きに(あら)ず、
積精(せきせい)(いた)(ところ)専仁(せんじん)()し、人皆(ひとみ)(こく)五味(ごみ)とを(くら)うに、
(ひと)大和陰陽(たいわいんよう)()(くら)う、(ゆえ)()()せず天相既(てんそうつ)きたり、
(こころ)国主(こくしゅ)()五蔵(ごぞう)(おう)()()けて動静(どうせい)すれば気行(きゆ)くを()

先頭行へ先頭行へ


4.現代語訳

 もし死なないようにしようと思えば、金室(五行の一、第四位)にしまっておくのがよい。 月を出し、日を入れるのはわが道である。 天は七たび地は三たび、めぐってともに守る。 五行に升降して、一は九に合し、玉も石もごろごろしているが、わが宝である。 君自身もこれを持っているのに、どうして守らないのか。 心は根本を悟って、華やかな彩りを養い、天地に順応して精力を蓄えるべきである。 7日の特別な日に私はつづけて占いをする。 頭の性は迷ったりしない。 こころはなんと高くそびえていることか。 中には、仙人になった人がいて指図している。 それを紫と赤色の楼でおおい、両眼がそれをさしはさんで、輝く玉のようである。 永遠に照り輝いて尽きるときはない。 外では三精にもとづくと物は自然にやってくる。 内に三子を養うと、長生きすることができる。 魂は天に昇ろうとし、地上にとどまる魄は淵に入ろうとする。 死者が蘇ったり、魂が帰ったりするのは、自然の理である。 臨機応変にきざしをまわし、玉をつりさげ、また元に戻ることができる。 石の戸びら・金の錠、その身は全く丈夫である。 道は広大なものだから、大地をも乗せる事ができるので、四時(春夏秋冬)でかたどれば、丸薬のように赤い。 前は仰ぎ見て後ろは卑しく、それぞれ門は異なる。 錬金術の薬とつばとで送り、象亀は気を吸うのに舌にゆだねる。 その中に仙人がいて、金の頭巾をつけて甲を背負い割符をもって、顔の中の七つの門をあける。 これは枝葉末節ではなく、実際は根幹のことである。 昼夜これを心がけると長生きできるであろう。 仙人道士は何もしないで、神になれるのではない。 精力を蓄積して、極めるところはひたすら仁を調和し、人はすべて穀物と五味(1)を食うのに、仙人はただ大和陰陽の気を食う。 それゆえ、よく不死であるし、天相も無くなってしまう。 心臓は国主とし、五臓の王である。 意を受けて行動すれば、気は運行できる。


注 1 〔五味〕  五種の味。 食品・薬物にはみな、酸(すっぱい)・苦(にがい)・甘(あまい)・
    辛(からい)・塩(しょっぱい)の五味の性がある。 料理の味はこのバランスできまり、漢方薬
    の毒性はこの五味で決まる。五味は臓腑と特異的親和性をもつ。

先頭行へ先頭行へ

※ ブラウザの文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。


ご覧いただき、ありがとうございました。


黄庭経  全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 部分 4 / 部分 5 / 書法 / 全文の現代語訳 /
(資料 1) 道教と神仙思想 / (資料 2) 妙薬の製造法 / (資料 3) 功過格による長生き診断


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項