表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある黄庭経の下層にある 黄庭経 (部分 5)黄庭経_5へ


黄庭経

部分 4  臨書と解説

  1. 釈 文
  2. 臨書 と 拓本
  3. 訓読(書き下し文)
  4. 現代語訳


1.釈 文
 (縦書き)








ろう











調



調







































使










































ろう











































































漿











調





















































2.臨書 と 拓本
 (縦書き)     1〜 3段目が臨書、4段目は拓本です。
黄庭経 - 王羲之

黄庭経 - 王羲之

黄庭経 - 王羲之


黄庭経 (4)


以下は横書きです。

先頭行へ先頭行へ


3.訓 読 (書き下し文)

道自(みちみずか)(われ)(まも)精神光(せいしんかがや)く、昼日照々(ちゅうじつしょうしょう)として(よる)(みずか)(まも)る、
(かっ)すれば(みずか)(いん)()()うれば(みずか)()く、六府(ろっふ)経歴(けいれき)して卯酉(ぼういう)(かく)し、
(よう)(てん)じて(いん)()きて(きゅう)(かく)す、(つね)()(これ)(おこな)えば(ろう)()らず、
(かん)気為(きた)るや調(ちょう)にして()(なが)し、五蔵(ごぞう)羅列(られつ)して三光(さんこう)(しょう)ず、
(うえ)三焦(さんしょう)(がっ)(みち)漿(しょう)()み、()(しん)魂魄中央(こんぱくちゅうおう)()り、
(はな)(したが)上下(じょうげ)して肥香(ひこう)()り、懸雍(けんよう)()ちて神明(しんめい)(つう)ず、
老門(ろうもん)(ふく)して天道(てんどう)(うかが)い、(ちか)くは()()りて()(みずか)(まも)る、
精神上下(せいしんじょうげ)して分理(ぶんり)(ひら)き、()天地(てんち)(つう)長生(ちょうせい)(そう)
七孔已(しちこうすで)(つう)じて(ろう)()らず、()天門(てんもん)()して陰陽(いんよう)(うかが)い、
ろう(ろうこう)(くだ)りて神明(しんめい)(つう)じ、華蓋(かがい)(した)()ぎて(きよ)()(すず)し、
清冷(せいれい)(ふち)()りて()(かたち)()()還丹(かんたん)()長生(ちょうせい)()し、
(した)華蓋有(かがいあ)(うご)きて(せい)()明堂(めいどう)()ちて丹田(たんでん)(のぞ)む、
(まさ)諸神(しょしん)をして命門(めいもん)(ひら)使()め、()天動(てんどう)(つう)じて霊根(れいこん)(いた)る、
陰陽列布(いんようれっぷ)して流星(りゅうせい)(ごと)し、(はい)気為(きた)るや三焦(さんしょう)より(おこ)り、
(うえ)天門(てんもん)(ふく)して故道(こどう)(うかが)い、天地(てんち)し(しり)して童子(どうじ)(そん)す、
精華(せいか)調利(ちょうり)して髪歯(はつし)調(ととの)え、顔色潤沢(がんしょくじゅんたく)にして()(しろ)からず、
ろう(ろうこう)(くだ)りて(なん)落落(らくらく)たる、諸神皆(しょしんみな)(かい)して()求索(きゅうさく)す、
(した)絳宮紫華(こうきゅうしか)色有(いろあ)り、

先頭行へ先頭行へ


4.現代語訳

 道で自分を守ると精神は輝き、一日中照り輝いて、夜は自分を守るのがよい。 喉が渇けば自然に飲むことができ、飢えれば自然に満腹になる。 六腑を順に巡っていくと目に隠れる。 陽を転じて陰におもむき、九(陽の数)を蓄える。 常にこれを行うことができれば老いを知らない。 肝臓の活動力というものは、調和してそのうえ長く、五臓を羅列して日月星の三光を生じる。 上部は三焦(食道・胃の内管・尿道)に合流し、道は汁を飲み、わが神の魂は脾臓にある。 鼻にしたがって上下し、豊かな香りを知り、喉の中央にいたって神に通じる。 老門に隠れて天の道理をうかがい、自分の身はまた自分で守る。 精神を上下して膚を切り割くように切り開き、天地の物事に通じる長生きの草がある。 七つの穴が通じれば老いを知らない。 また両眉の間に坐って陰陽をうかがい、喉におりて神に通じ、眉をよぎって清らかでその上涼しい。 清らかに透き通った淵で我が姿を見て、その還丹法(1)ができれば長生きできるであろう。 下に眉があり、動いて精力をみて、両眉の間から奥一寸の所に立って下腹部に進む。 諸神に目を開かせようとし、天道を悟って舌に至る。 陰陽を並べ敷き流星のようである。 肺の活動力は、三焦(食道・胃の内管・尿道)よりおこり、上は天門に隠れ、古い道をうかがい、天地をうかがって瞳を保っている。 美しく髪や歯をととのえ、顔色はうるおってつやがあり、二度とは白くならない。 のどにおりてどうして相いれないのだろうか。 諸神はみなまみえて共に捜し求める。 下には心臓の紫の色がある。


注 1 〔還丹法〕  道家の行った錬金術。 詳しくは、関連資料- 2 妙薬の製造法 をご覧下さい。

先頭行へ先頭行へ

※ ブラウザの文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。


ご覧いただき、ありがとうございました。


黄庭経  全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 部分 4 / 部分 5 / 書法 / 全文の現代語訳 /
(資料 1) 道教と神仙思想 / (資料 2) 妙薬の製造法 / (資料 3) 功過格による長生き診断


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項