表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある黄庭経の下層にある 黄庭経 (書法)黄庭経_書法へ


黄庭経

部分 5  臨書と解説

  1. 釈 文
  2. 臨書 と 拓本
  3. 訓読(書き下し文)
  4. 現代語訳


1.釈 文
 (縦書き)
 







廿

































































たん




















きょう




































宿














調































寿










































2.臨書 と 拓本
 (縦書き)     1〜 4段目が臨書、5段目は拓本です。
黄庭経 - 王羲之

黄庭経 - 王羲之

黄庭経 - 王羲之

   黄庭経 - 王羲之


黄庭経 (5)


以下は横書きです。

先頭行へ先頭行へ


3.訓 読 (書き下し文)

(いん)華蓋在(かがいあ)りて六合(りくごう)(つう)じ、
(もっぱ)諸神(しょしん)(まも)りて(うた)()()ぶ、()諸神(しょしん)()(じゃ)辟除(へきじょ)す、
脾神還帰(ひしんかんき)して大家(たいか)()り、胃管(いかん)(いた)りて虚無(きょむ)(つう)じ、
命門(めいもん)閉塞(へいそく)すること玉都(ぎょくと)(ごと)し、寿(じゅ)万歳(ばんざい)(もっぱ)らにし(まさ)余有(よあ)らんとす、
脾中(ひちゅう)(しん)中宮(ちゅうきゅう)(やど)り、(うえ)命門(めいもん)(ふく)して明堂(めいどう)(がっ)し、
()六府(ろっぷ)(つう)じて五行(ごぎょう)調(ととの)え、金木水火(きんもくすいか)()(おう)()し、
日月列宿陰陽(じつげつれつしゅくいんよう)()り、二神相(にしんあ)()玉英(ぎょくえい)(くだ)す、
五蔵(ごぞう)主為(しゅた)腎最(じんもっと)(とうと)く、大陰(たいいん)(ふく)して()(かたち)(かく)し、
二竅(にきょう)出入(しゅつにゅう)して黄庭(こうてい)(やど)る、(ろかん)呼吸(こきゅう)して()(かたち)()
()筋骨(きんこつ)(つよ)くせば血脉盛(けつみゃくさか)んなり、きょう(きょうこつ)として清霊(せいれい)()ぎるを()ず、
たん無欲(てんたんむよく)(つい)(せい)()七門(しちもん)(かえ)りて大淵(たいえん)()む、
()玄雍(げんよう)(みちび)いて清霊(せいれい)(よぎ)り、(われ)仙道(せんどう)奇方(きほう)とを()う、
(かしら)白素(はくそ)()丹田(たんでん)(へだ)て、華池(かち)沐浴(もくよく)して霊根(れいこん)(しょう)じ、
被髪(ひはつ)して(これ)(おこ)えば長存(ちょうそん)()し、二府相(にふあ)()命門(めいもん)(ひら)く、
五味皆(ごみみ)(いた)りて善気還(ぜんきかえ)る、(つね)()(これ)(おこな)えば長生(ちょうせい)()し、
 永和十二年五月廿四日(えいわじゅうにねんごがつにじゅうよつか)()山陰県(さんいんけん)()りて(うつ)す、

先頭行へ先頭行へ


4.現代語訳

 かすかに眉があって天地四方に通じ、ひたすら諸神を守ってしだいに共に呼びあう。 わが諸神を見て、邪悪を払い清めよう。 脾臓の神は帰り来て胃にたより、胃管にいたり虚無を通し、命門(両腎の中間)をふさいでいて、玉都のようである。 長寿は万年をつくしてあまりあり、脾臓中の神は脾臓に宿り、上部は命門(両腎の中間)にかくれて脾臓に合流し、六腑をさとって五行をととのえ、金木水火は土を王とする。 日月や星座は陰陽を張りわたし、二神を共に得てつばきを下す。 五臓の主である腎臓は最も尊く、脈の中にその形を隠し、二つの穴に出入りして脾臓に宿る。 鼻で呼吸してわが姿を見、わが筋骨を強くして血液を盛んにさせる。 精霊が過ぎるのもうっとりとして見えない。 心が静かで、何にもとらわれず無欲となり、ついに生を得て七つの穴の門に帰って口に飲む。 私は喉の中間に導いて精霊を通らせ、私は仙人に道術と神秘な方術とをたずねる。 頭には白ぎぬを載せ、下腹部をへだてて、口に沐浴して舌から生じ、髪をふりみだしてこれを行えば長生きできよう。 二府ともに得て経穴を開こう。 五味は全て集まり、善気は帰ってくるものである。 普段からこれを実行できれば長生きできよう。
 永和 12年(西暦 356年) 5月 24日、山陰県で書き写す。

先頭行へ先頭行へ

※ ブラウザの文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。


ご覧いただき、ありがとうございました。


黄庭経  全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 部分 4 / 部分 5 / 書法 / 全文の現代語訳 /
(資料 1) 道教と神仙思想 / (資料 2) 妙薬の製造法 / (資料 3) 功過格による長生き診断


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項