表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある黄庭経の下層にある 黄庭経 (全文の現代語訳)黄庭経_現代語訳へ


黄庭経

書 法


王羲之は、隷書、行書、草書、八分※1、章草※2、飛白体※3など、すべての書体をよく書いたことが他の書人の追随を許さない偉大なところです。
のちに名家といわれる家には必ずや王羲之の作品があるといわれるほど、彼はその名前をほしいままにしました。 書聖といわれ、歴代の帝王に愛され、収集されて多くが伝わりました。
偽作がでるほどの流行作家でした。 しかし、唐代の太宗皇帝のときに、彼の書はすべて王羲之の大フアンだった太宗の墓に埋葬され、この世から一切が消えてしまったのです。
真蹟は一点も現存していないため、彼の名前はますます神格化され偉大になっていったのでした。
王羲之の書は、筆力があり、骨力もしっかりしています。また自然で、これ以上手が加えられないほど、ぎりぎりのところまで、洗練されています。
※1 八分    装飾的な波磔をもつ隷書。 はたくは筆法のひとつ。
          横画の終筆部分を右上がりに跳ね上げる波状の形をいう。
※2 章草    漢代に発生し八分書を簡略化し、速書きした書体。
※3 飛白体   八分を変えたもの。 宮殿の題署用に用いた。
黄庭経には多くの種類がありますが、王羲之の書いたものは、黄庭外景経だといわれています。 これは、道家の養生訓・衛生訓をのべたものです。
特徴は非常に楽々とした安堵感です。 おおらかにゆったりと温和な感じに文字を表現しています。
起筆も自由な入り方で、いろいろの角度から入っています。 送筆も軽く力んだところがありません。
気軽に筆を動かしているようです。 終筆もあまり厳格ではなく、そのまま筆が離れたように見えるところが多く、さりげなさを感じます。
行間はかなり広くとって、字間は以外に狭く、行が通っていますが、中にはうねりのある行もあります。 また行の字数も一定ではありません。
一字や二字の増減も見られます。 リラックスしたような淡々としたリズムで書いてみましょう。

  縦画は直線ではなく右に湾曲して筆圧も強くはない。
  円心力を利用するように筆が止まることなく、のびやかに方向が転換する。


  転折は丸みを帯びておだやかな感じ。 縦画は比較的短めにつくる。


  左払いは短め、右払いは太く鈍重な感じにはらう。
  斜めの角度は極力開き気味にはらう。


  楽々とした気分で書く。 おおらかにゆっくり。 力まず堅くなく。
  すこし扁平で懐をおおきくして書く。


  横画を水平にし、やや横広につくる。
  字形は全体に扁平。起筆にかるく筆圧をかけ、楽々と優雅に送筆する。


  大きく運腕して懐を広く、構えを雄大に見せる。 筆を充分に開いて粘って書く。


  全体に文字の重心がやや下部にある。
  筆の動きに注意してリズムに乗り、行書の気分で書く。

先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。


黄庭経  全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 部分 4 / 部分 5 / 書法 / 全文の現代語訳 /
(資料 1) 道教と神仙思想 / (資料 2) 妙薬の製造法 / (資料 3) 功過格による長生き診断


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項