表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある黄庭経の下層にある (関連資料 1) 道教と神仙思想道教と神仙思想へ


黄庭経

全文の現代語訳


 上に脳があり、下に脊柱がある。 前に腎があり、後に右腎がある。 空気を吸いこんで下腹部に入れる。 念入りにこれを行うと、長生きできるであろう。 目の中の仙人は朱色の服を着て、口の中の歯と舌は二つの扉に蓋われている。 両耳はそれをはさんで高くそびえる。 下腹部の中は精気がかすかになり、口中のつばは、舌の上で川となり、舌は堅固で、その志は衰えをみせない。 霊根は堅固で、その志は衰えをみせない。 胆臓に男がいて、赤朱の服を着ている。 呼吸がたくさん入るところは神の住むところ、中気と外気を互いに距てて、これを閉じ、鼻の中で治めている。 喉中の気管は、精気を受け入れる蔵。 急いで君の精気を堅固にして、保持せよ。 顔のなかに男がいて、常に赤い服を着ている。 君がこれを見ることが出来れば、病む事はないであろう。 脾臓の長さは一尺で胃の上部をひきしめている。 君がこれを守ることができれば、病気になることはないであろう。 鼻で呼吸し、自分自身を大事にすれば、その体は恵みを受ける。 目の内に、精神がめぐり帰れば、老いても再び壮健となる。 両耳はそれをさしはさみ、流れ落ちてつきる。 あなたの体を養って助けさせよう。 真の道は煩はしくなく、入り混じっているものでもない。 頭は天に通じ、腸をみおろす。 目の中は、関下に至り、心臓の中は神の家、もとよりこの公子がわたしに教を授けるものなのである。 仙人が四方に達すれば、仏の道はまろやかになる。 仙人は我が前にいて、手と足と口の閧ノ精気が深まる。  (以上、部分 1


 死なないように望むなら、頭を大事にしなさい。 こころと重なった楼閣十二層、宮殿の中には、五色(1)があつまり、南方の神の子は臍(へそ)に立つ。 その下には長城と玄谷の腎が有り、長生きするには男女の交わりを慎まなければならない。 世間の風俗を棄て去って、君の精力を専らにし、下腹部に生命を治めなければならない。 精が流れ出るのをおさえれば心はやすらか。 気持ちを見て、気ままにするのは陽である。 ひまですることもなく太平をととのえる。 常に部屋を美しく保てば、視覚ははっきりと遠方に達する。 いつも胃をこころにかたくとどめると飢渇しない。 六丁の神を召し使えて、神女に謁見し、君の精力の路を閉ざすならば長寿を保てるだろう。 本妻の中は神の居る所、こころを洗い、自らを治めてみだりに汚れることがなく、五臓を次々とみて体の調子を調えよ。 六府を調整すれば、白ぎぬのように清らかである。 虚無自然は道の法である。 万物に自然があるから、物事はわずらわしくなく、手をこまねいて何もしないので、心は自然と安らかになる。 虚無の住居は清らかで欲のないところに在る。 そこは広々として静かで、口はしゃべらない。 心静かに無欲で徳園に遊び、精力を積んで香が潔ければ、玉女はやすらかである。 道をおこしてせかせかせず、一人でいる。 命を大事にして虚無を守り、心静かで無欲であれば何を思いわずらおうか。 羽翼のような助けがそなわり、ちょうど枝が広がり、永遠に長生して飛び去ろう。 五行(2)は入り混じっているが、根本は同じ、三(光)と五(行)は気を合してもともと一つになるべきである。 誰がこれらを共にして日月に昇ることができるであろうか。 真珠や玉を抱きしめるように真理を守り、君の室をなごませ、君は自分でそれを大事にして失ってはならない。  (以上、部分 2


 もし死なないようにしようと思えば、金室(五行の一、第四位)にしまっておくのがよい。 月を出し、日を入れるのはわが道である。 天は七たび地は三たび、めぐってともに守る。 五行に升降して、一は九に合し、玉も石もごろごろしているが、わが宝である。 君自身もこれを持っているのに、どうして守らないのか。 心は根本を悟って、華やかな彩りを養い、天地に順応して精力を蓄えるべきである。 7日の特別な日に私はつづけて占いをする。 頭の性は迷ったりしない。 こころはなんと高くそびえていることか。 中には、仙人になった人がいて指図している。 それを紫と赤色の楼でおおい、両眼がそれをさしはさんで、輝く玉のようである。 永遠に照り輝いて尽きるときはない。 外では三精にもとづくと物は自然にやってくる。 内に三子を養うと、長生きすることができる。 魂は天に昇ろうとし、地上にとどまる魄は淵に入ろうとする。 死者が蘇ったり、魂が帰ったりするのは、自然の理である。 臨機応変にきざしをまわし、玉をつりさげ、また元に戻ることができる。 石の戸びら・金の錠、その身は全く丈夫である。 道は広大なものだから、大地をも乗せる事ができるので、四時(春夏秋冬)でかたどれば、丸薬のように赤い。 前は仰ぎ見て後ろは卑しく、それぞれ門は異なる。 錬金術の薬とつばとで送り、象亀は気を吸うのに舌にゆだねる。 その中に仙人がいて、金の頭巾をつけて甲を背負い割符をもって、顔の中の七つの門をあける。 これは枝葉末節ではなく、実際は根幹のことである。 昼夜これを心がけると長生きできるであろう。 仙人道士は何もしないで、神になれるのではない。 精力を蓄積して、極めるところはひたすら仁を調和し、人はすべて穀物と五味(3)を食うのに、仙人はただ大和陰陽の気を食う。 それゆえ、よく不死であるし、天相も無くなってしまう。 心臓は国主とし、五臓の王である。 意を受けて行動すれば、気は運行できる。
  (以上、部分 3


 道で自分を守ると精神は輝き、一日中照り輝いて、夜は自分を守るのがよい。 喉が渇けば自然に飲むことができ、飢えれば自然に満腹になる。 六腑を順に巡っていくと目に隠れる。 陽を転じて陰におもむき、九(陽の数)を蓄える。 常にこれを行うことができれば老いを知らない。 肝臓の活動力というものは、調和してそのうえ長く、五臓を羅列して日月星の三光を生じる。 上部は三焦(食道・胃の内管・尿道)に合流し、道は汁を飲み、わが神の魂は脾臓にある。 鼻にしたがって上下し、豊かな香りを知り、喉の中央にいたって神に通じる。 老門に隠れて天の道理をうかがい、自分の身はまた自分で守る。 精神を上下して膚を切り割くように切り開き、天地の物事に通じる長生きの草がある。 七つの穴が通じれば老いを知らない。 また両眉の間に坐って陰陽をうかがい、喉におりて神に通じ、眉をよぎって清らかでその上涼しい。 清らかに透き通った淵で我が姿を見て、その還丹法(4)ができれば長生きできるであろう。 下に眉があり、動いて精力をみて、両眉の間から奥一寸の所に立って下腹部に進む。 諸神に目を開かせようとし、天道を悟って舌に至る。 陰陽を並べ敷き流星のようである。 肺の活動力は、三焦(食道・胃の内管・尿道)よりおこり、上は天門に隠れ、古い道をうかがい、天地をうかがって瞳を保っている。 美しく髪や歯をととのえ、顔色はうるおってつやがあり、二度とは白くならない。 のどにおりてどうして相いれないのだろうか。 諸神はみなまみえて共に捜し求める。 下には心臓の紫の色がある。  (以上、部分 4


 かすかに眉があって天地四方に通じ、ひたすら諸神を守ってしだいに共に呼びあう。 わが諸神を見て、邪悪を払い清めよう。 脾臓の神は帰り来て胃にたより、胃管にいたり虚無を通し、命門(両腎の中間)をふさいでいて、玉都のようである。 長寿は万年をつくしてあまりあり、脾臓中の神は脾臓に宿り、上部は命門(両腎の中間)にかくれて脾臓に合流し、六腑をさとって五行をととのえ、金木水火は土を王とする。 日月や星座は陰陽を張りわたし、二神を共に得てつばきを下す。 五臓の主である腎臓は最も尊く、脈の中にその形を隠し、二つの穴に出入りして脾臓に宿る。 鼻で呼吸してわが姿を見、わが筋骨を強くして血液を盛んにさせる。 精霊が過ぎるのもうっとりとして見えない。 心が静かで、何にもとらわれず無欲となり、ついに生を得て七つの穴の門に帰って口に飲む。 私は喉の中間に導いて精霊を通らせ、私は仙人に道術と神秘な方術とをたずねる。 頭には白ぎぬを載せ、下腹部をへだてて、口に沐浴して舌から生じ、髪をふりみだしてこれを行えば長生きできよう。 二府ともに得て経穴を開こう。 五味は全て集まり、善気は帰ってくるものである。 普段からこれを実行できれば長生きできよう。
 永和 12年(西暦 356年) 5月 24日、山陰県で書き写す。  (以上、部分 5

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


注 1 〔五色〕
五色のいろ 青黄赤白黒の五種類の正しい色。

注 2 〔五行〕
万物を生ずる五元素=水火木金土。 もともと天地の間で陰陽交互のさまざまを象ったもの。 五行には生成、相生、相剋の三通りの順序がある。 すなわち水・火・木・金・土が相剋し、惑は相生して陰陽が交互するという考え方。 漢代には陰陽五行説が行われた。 生成とは、水・火・木・金・土と徐々に顕著なものに進むことをいい、相生とは木・火・土・金・水で、木は火を生じ、火は土を生じるという見方である。 相剋とは、木・土・水・火・金で、火は金に勝ち、水は火に勝つという見方である。

 『黄庭経』に流れる理論基盤は、陰陽五行説という中国独特の哲学思想である。 森羅万象、世の中のすべての物質および現象を陰と陽との相対する二性質に分けて認識しようとするもので、たとえば、自然界を例にとれば、日と月、天と地、昼と夜、動と静、雄と雌。人体生理においては、男と女、実と虚、熱と寒.表と裏、上と下、急と慢、臓と腑、気と血、衛と栄などが例に挙げられる。 前者が陽で後者が陰である。 ただし、陰陽は一定したものではない。 対立し、統一し、また消長し転化をくり返すことによって物事は運行する。 陰陽は名称であって形に示すことのできないものである。 これを分析すれば、千変万化となる。 陰の中にも陽があり、陽の中にも陰がある。 また、陰が極まれば陽となり、陽が極まれば陰となる、という考えが説かれている。

注 3 〔五味〕
五種の味。 食品・薬物にはみな、酸(すっぱい)・苦(にがい)・甘(あまい)・辛(からい)・塩(しょっぱい)の五味の性がある。 料理の味はこのバランスできまり、漢方薬の毒性はこの五味で決まる。五味は臓腑と特異的親和性をもつ。

注 4 〔還丹法〕
道家の行った錬金術。 詳しくは、関連資料- 2 妙薬の製造法 をご覧下さい。

〔 参考の図 〕
三焦の図
三焦の図
明代の身体解剖図
明代の身体解剖図
             

先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。


黄庭経  全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 部分 4 / 部分 5 / 書法 / 全文の現代語訳 /
(資料 1) 道教と神仙思想 / (資料 2) 妙薬の製造法 / (資料 3) 功過格による長生き診断


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項