表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある黄庭経の下層にある (関連資料 2) 妙薬の製造法妙薬の製造法へ


黄庭経



           関連資料 1   道教 と 神仙思想


    神仙思想というと、現代の日本では全く無関係な思想のように思われます。
   しかし、神道、仏教、道教、儒教の中にも、この神仙思想が深く根付いています。
   なかでも、 道教の儀式や儀礼は、ほとんど仏教からとったと言ってもよいほど、よく似ています。
   その「神仙思想」を身近に表す語が、一般に仏教の行事とされる「お彼岸」です。


  1.彼岸会 (ひがんえ=お彼岸)

 「彼岸」とは、インドのサンスクリット語のパーラミター(paramita)に由来し、彼方の岸に至ること、悟りの岸に至り着くことを意味し、死の世界をあらわしている。
その後の習慣で、いつの間にか死者供養なり、悟りを得ておもむく理想の地ではなく、単に死者たちの住む世界と考えられるようになった。
そのため、他界としての彼岸から、春秋のお彼岸と夏のお盆に限って死者や先祖の霊がこの世を訪れる死者と生者が交流する日となった。
ちなみに「お盆」の行事には、盂蘭盆(うらぼん)と施餓鬼会(せがきえ)がある。
盂蘭盆は、サンスクリット語のウランバナ(ullambana)が語源とされ、『盂蘭盆経』によると、仏弟子の目連(もくれん)が、亡母の餓鬼道におちた苦しみを救うため、雨期が終わった日に仏・僧に食物を捧げたのがはじまりとされる。
そのことから、雨期が終わった 7月 15日に仏と僧に供養すれば、死んだ 7世の父母の苦しみを救うことができるとされた。
日本では、先祖の霊を供養するものとして、旧暦・新暦・月遅れの 8月の地域にわかれるが、7月 13日に精霊(タマ)迎えをして、16日に精霊送りをする地域が多い。
例えば、青森県の下北半島にある恐山では、毎年 7月に夏の大祭が行われる。
この夏の大祭では、ホトケオロシをして、生者と死者とを結びつける仲介者(盲目のイタコ)によって、霊界での消息を知らせてくれる。
同様の精霊信仰が、キリスト教では、10月 31日の夜に行われるハローウィーンのお祭りであるが、現在では子どもたちの祭りという形で残っている。
この「彼岸」に対する語が、「常世(とこよ)」である。
「常世」とは、不老不死の世界であり、地下の世界、死者の国をいうが、「生」の世界を象徴している。
万葉の時代、「常夜」と同じ意味に用いられた。

「常世」を知る有名な物語が「浦島太郎」である。
浦島子(うらしまのこ=浦島太郎)は、助けた亀に竜宮という「常世」に案内される。
物語に出てくる「竜宮城」は、不老不死の世界である。 そのため、浦島子は歳をとらなかった。
記紀の神話では、浦島子が案内されたのは、「蓬莱山(とこよのくに)」という字があてられている。
竜宮城で接待される浦島太郎
竜宮城で接待される浦島太郎
もらった玉手箱を開けたとき
玉手箱を開ける浦島太郎


  2.神仙思想 と 蓬莱山

蓬莱山は神仙思想でいう仙人の住む場所であり、「神仙の秘区」とされていた。
秦の始皇帝が不死の薬を求めた蓬莱山は、渤海から東に遠く離れた場所にある。
その場所には帰墟(ききょ)という底なしの谷がある。
天にある川も、全ての川が流れ込むが底がないので、決してあふれることはない。
その谷の中に、岱輿(たいよ)、員きょう(いんきょう)、方丈(ほうじょう)、瀛洲(えいしゅう)、蓬莱という 5つの高い山があった。
それぞれの山の頂上は 9千里四方の広さがあり、山との間隔は、7万里もあった。

頂上には、黄金と大理石で作られた御殿があり、偉い仙人が住んでいた。 また、そこに住む人々は皆、将来は仙人になる候補生ばかりである。 人々は、山々の間を飛んで、行き来している。
そこでは、珍しい鳥や動物が住み、珠玉の木々がはえ、花や実はおいしく、食べれば全て不老不死になる。
仙人の「仙」が「人+山」でできているように、山に住んでいると考えられたのは、この語からもわかる。


  3.神仙思想から 道教へ

 神仙思想を体系的に整理したのは、葛洪(かっこう=西暦283〜343)で、『抱朴子(ほうぼくし)』という著書を残した。
 しかし、神仙思想は 『抱朴子』 が書かれる以前、紀元前 3世紀頃にさかのぼる。
その後、神仙の思想は呪術や雑多の信仰と結びついて、方術(ほうじゅつ)と呼ばれるものにまとまっていった。 方術とは、原初的な医術や占いによって長生きをしようとする方法であった。
やがて、方術に取り入れられた神仙思想は、自然宗教である道教の中心的な思想の一つになった。

 そして、道教は「不老不死(長寿)」を主な目的とする宗教として、多くの人々に受け入れられていった。
その目的を実現しようとして、妙薬(長生薬)を製造、服用して、不老不死・長寿をめざすようになっていった。

  次は、不老長寿の妙薬の製造法 について述べてみたい。



 <参考文献>
   『道教百話』  窪 徳忠  講談社 学術文庫875  1989
   『中国的思考 ‐儒教・仏教・老荘の世界‐』  蜂屋 邦夫  講談社 学術文庫1523  2001
   『仏教民族学』  山折 哲雄  講談社 学術文庫1085  1993
   『講座 道教 第一巻 道教の神々と経典』  野口鐵郎 編  雄山閣出版  1999

先頭行へ先頭行へ

関連資料 2 : 妙薬の製造法 妙薬の製造法へ


ご覧いただき、ありがとうございました。


黄庭経  全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 部分 4 / 部分 5 / 書法 / 全文の現代語訳 /
(資料 1) 道教と神仙思想 / (資料 2) 妙薬の製造法 / (資料 3) 功過格による長生き診断


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項