表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある黄庭経の下層にある (関連資料 3) 功過格による長生き診断功過格による長生き診断


黄庭経



             関連資料 2   妙薬の製造法


  1.道教普及以前の薬物学

 道教の死生観の究極は、歳をとらず、永遠に不滅の存在を目指そうとするもので、このような考え方は、道教が一般の人々に普及する以前からあった。
秦の始皇帝は、東海の地に住む仙人を求めて、蓬莱(ほうらい)山(現在の日本)に徐福 ※1と童男童女を派遣し、不老不死の薬を求めようとした。
その後、後漢の時代(紀元 1〜2世紀)になると、中国最古の薬物学の書 『神農本草経』 がまとめられた。 しかし、この書は不老不死の製薬法を書いたものではなかった。
この、『神農本草経』 では1年の日数と同じ数の 365種類の動植物・鉱物を原料とした薬があり、上薬・中薬・下薬に分類されている。
  上薬 : 120種類。 生命を養う薬で、毒性がない。 そのため、長期間服用すべきである。
        身体を軽くし、元気をまし、不老長寿の作用がある。
  中薬 : 120種類。 体力を養う薬で、使い方次第で無毒にも有毒にもなる。 そのため、服用
        には注意が必要。 病気を予防し、虚弱な身体を強壮にする作用がある。
  下薬 : 125種類。 病気の治療薬で、有毒。 長期間、服用してはいけない。
        悪寒の邪気を除き、胸腹部にできたしこりを破壊し、病気を治す。
    ※ 近代西洋医学でいう薬は下薬に相当し、中・上薬は健康(補助)食品や栄養補助食品を
      指し、薬という概念が広いことがわかる。
また、『神農本草経』 には薬の配合割合と複合作用についても述べられている。
処方中の配合は、上薬 :中薬 :下薬= 1: 2: 5 または、 1: 3: 9 が良いとされている。
複合作用では、二種の薬物同士の薬効変化は 7つに分けられ、「七情」という。 そのうち、
    単行(たんこう):それぞれ効果がある    相須(そうしゅ):互いに協力する
    相使(そうし) :一方的に協力する      相殺(そうさつ):互いに毒性を消す。
    相畏(そうい) :一方的に毒を消す
の組み合わせが良く
    相反(そうはん):互いに有効性を消す    相悪(そうお):一方的に有効性を消す
の組み合わせは禁忌だとされた。
例えば、トリカブトの根の毒とサソリの毒を合わせて使用すると毒性が相殺される。
また、トリカブトとフグ毒も相殺される。 これは、紀元前 3世紀の書 『呂氏春秋』 には、「萬菫不殺
(まんきんふさつ)」とあり、萬はサソリ菫はトリカブトのことで、紀元前から経験されていた。
これを七情にあてはめると、毒を薬効とすれば「相反」、毒を副作用とすれば「相殺」に分類される。

これらの思想の積み重ねが道教の中に取り込まれて変転し、中心思想になっていきました。

  ※1 〔徐福 (じょふく)〕
    徐市(じょふつ)とも言われている。 生没年は、紀元前 255年?〜紀元前 208年?
    斉国 琅邪(ろうや=現在の山東省)出身の方士(呪術・祈祷・薬剤・占星・天文の学者)。
    徐福に関する伝承は数多く、北は青森県小泊村の尾崎神社にある航海・漁業の神とされる
    徐福木像から、南は鹿児島県の屋久島や種子島まで点在している。
    また、「蓬莱」とつく地名は全国にある。
    徐福が探し求めた目的の不老不死の薬は、クスノキ科の「天台烏薬」(てんだいうやく)とも、
    「黒茎の蓬」(くろくきのよもぎ)とも、瀬戸内海の島に自生するコッコーという木の実とも言われ
    ている。


  2.道教の妙薬の種類

葛洪(かっこう=西暦283〜343)は、神仙思想を整理し、体型化して 『抱朴子(ほうぼくし)』を著した。
この中から、当時の人々の健康観・生への欲求等、理想像を追い求める姿を見ていきたいと思う。

【 妙薬(長生薬)の種類 と 効能 】
  下薬 : 病気をなおして、妖怪をのぞくことができる薬
  中薬 : 人間の本性をやしなう薬
  上薬 : 身体が軽くなって、生命がのび、身体に羽が生えて空を飛び、鬼神を使うことのできる薬
        最高の上薬は、丹(たん)・金丹(きんたん)と呼ばれる丸薬で、仙人になることができる薬。

この妙薬の分類をみると、『神農本草経』 を参考にしてまとめられたのではないだろうか、と考えられる。
 次項からは、上薬の製造について述べます。


  3.準備に入る前の前提

 まず、はじめに 善を行い、徳をつむこと。 これを「積徳」という。 具体的に、善・徳とは、
  1. 慈悲の心を持ち、自分に対するのと同じように他人に思いやりを持ち、
    他人が苦しみ、なげき、困っている時には、他人の気持ちになって解決するよう努力する。
  2. また、他人が得たものは、自分が得たのと同様に喜び、他人が失ったものは、自分が失ったように悲しむ。
  3. エリート意識を持たず、自分よりすぐれた者を、ねたんだりしてはいけない。
  4. 動物(人・虫等々)を殺生してはいけない。
  5. 腹に思っていることの反対を言ったり、いじめたり、人々をごまかしたり、忘恩のふるまいをしたり、
    収賄したり、曲がったことを認めず、私利私欲に走ってはいけない。
  6. 罪もない人々に、刑罰を加えたりしてはいけない。
  7. 他人の家庭を乱して、財産をかすめ取り、利口な人・道士・仙人・聖人をそしってはいけない。
  8. 他人をおとしいれ、悪い行いをさせて、自分が善行したように見せかけ、他人の愛するもの、
    財産等を取り、他人をはずかしめて、自分だけがいばってはいけない。
  悪事を一回でもやれば、それまでの善行はご破算となる。
  地仙になるためには 300善、天仙になるためには 1200善をつまなければならない。
   (地仙とは、天に昇らない地上にいる仙人で、飛ぶことはできない。)
  その上で、服餌※1、調息※2、房中※3などの諸法を学ばなければならない。

  ※1 〔服餌 (ふくじ)〕
     五穀を食べず、草や木の実、またはそれらを薬にしたものを飲んで長生きをする方法。
     辟穀法(へきこくほう)とも言う。 その一例では、
  • 簡松という松の実を食べると、200〜300歳ぐらいは長生きできる。
  • 甘菊という菊が川の岸に自生している場所の川の水は甘く、飲んだり、炊事したりすると、
    140〜150歳は長生きできる。
  • 松ヤニを食べると癲病を完治でき、170歳になっても歯も抜けず、髪も白くならない。
    300歳ぐらいまでは長生きできる。
  • 菖蒲(しょうぶ)を食べると長生きする。
  • 丹砂(朱砂=硫化水銀)の入った水を飲むと、長生きできる。
  • なつめの種子をなめていると、空腹を感じず、数百年生きていられる。
  • 引石散(いんせきさん)を一さじ水に入れて煮立て、白い石を入れてからまた煮ると、石はイモのように柔らかくなり、食べることができる。
    薬草を粉薬にしたものを一さじ飲み、スズメの卵ぐらいの大きさの石を 12個飲むと、100日間は空腹を感じない。
  ※2 〔調息〕
     吸った息をなるべく長くとめておく深呼吸法。
      方法 : 午前 0時から正午までの間におこなう。 陽の時間=生気の時、のため。
            心臓の音が 1000回数えられるようになると、会得できたことになる。
      効能 :
       1. 10年間続けると、仙女が左右にはべるようになる。
       2. 若返る。
       3. 仙女と結婚できる。
       4. 千里の先まで、見えるようになる。
       5. どんな病気も治すことができる。
       6. 水の上を歩くことができる。
       7. 流れている川の水をフッと吹くと、川は逆流する。
       8. 刀傷にフッと息をかけると、すぐに止血できる。
       9. 遠方で毒虫に刺された人を治療するには、行かなくても男なら自分の左手、女なら
         右手を吹くと傷や痛みは完治できる。
  ※3 〔房中〕
     房中術とは元来、養生術であった。 
     しかし、体内にある陰陽の二気を調和させて保つという原理を、「七深八浅の法」や
     「二気が精をまじえる」と説明したため、人々に誤解を与え、次第に閨房の秘戯、催淫剤、
     媚薬を意味するようになっていった。 そのため、
     ・ 房中丸という閨ぐすりを飲むと、弱いものを強め、男の一物で細いのは太くなる。
     ・ 房中薬を飲んで女狐と寝ると、閉口して泣きつくように身もだえする。
     と、言われるようになってしまった。


  4.準備 と 心得

  1. 神々をまつること。
    神々をまつると、神々がつくる場所に下ってきて、周りにいて、見守ってくれるためである。
  2. 場所は、周りに人のいない名山であること。
    俗人に作るところを見られると、神々が怒り、助けてくれず、邪気が混じって効き目がなくなる。
       〔 適した山 〕
       華山・終南山(陜西省)  泰山・安丘山(山東省)  恒山(河北省)  潜山(安徽省)
       嵩山・女几山・地肺山・王屋山(河南省)  青城山・峨眉山・綏山・雲台山(四川省)
       羅浮山(広東省)  黄金山(湖北省)  鼈祖山(浙江省)  等々
  3. 製薬にたずさわる人数は 3人まで。
  4. 場所と人数が決まったら、100日の間、物忌みをする。
  5. 5種類の香を入れた水で沐浴し、心身を清らかにする。
  6. 製造法は、やたらに人に教えない。
    どうしても教える場合は、十分に人物を見極める必要がある。
    製造法の伝授するときは、弟子が黄金で作った魚と人形を、東の方から流れてくる清らかな川に投げ入れ、その後、師弟の二人が血をすすりあって誓いをたてなければならない。
  7. 製造中は、汚濁やけがれに近づくのはもちろん、俗人と往来してはいけない。
    また、生魚・にら・にんにく等の五辛を口にしてはいけない。
    製造法を、女性・子ども・犬・鶏等に見せると、効き目がなくなる。


  5.製薬法 と 効能

    製造法は、金属や石などの材料を粉末にし、練ったり、煮たりした後、丸薬にする。
   種類は多く、自分の好きなものを1種類だけ作ればよい。
    共通の効能は、仙人になり、天に昇ることも地上にとどまることも自由自在。
   中には、死人を生き返らせる効能をもつのもある。

 〔 種類 と 効能 〕
 丹華 (たんか)
7日間続けて飲むと、仙人になれる。
これを玄膏(水銀)で丸め、猛火の上に置くと、たちまち黄金ができる。
[ 製造法 ]
先に玄黄を用意する。それに雄黄水(硫化砒素の溶液)・礬石水(みょうばん水)・戎塩(じゅうえん=甘い岩塩)・鹵塩(ろえん=苦い塩)・よ石(砒素を含む石)・牡蠣(カキ殻の粉末)・赤石脂(風化した石のやに)・滑石(珪酸マグネシウム)・胡粉を各数十斤(一斤は 220グラム)を加え、これを六一泥(戎塩以下 7種類の材料を一両ずつ水で練ったもの)で封印する。 これを火にかけると、36日で完成する。
 神丹・神符 (しんたん・しんぷ)
100日間続けて飲むと、仙人になれる。
また、足の裏に塗ると、水や火の上が歩ける。
 神丹 (しんたん)
一さじずつ 100日間で仙人になれる。
家畜に飲ませると、死なない。 また、どんな武器でも傷つれられることがない。
服用して 100日たつと仙人・仙女・山川の鬼神がすべて迎えに来る。
それが人間のようにありありと見える。
 還丹 (せんたん)
一さじずつ 100日間服用すれば、仙人になれる。
朱鳥・鳳凰が頭上に舞い降り、仙女がそばまでやってくる。
水銀といっしょに焼くと、すぐに黄金ができる。
小銭に塗ると、その日のうちに銭が帰ってくる。
目の上に塗ると、どんな化け物も逃げ、寄りつかない。
 餌丹 (じたん)
30日続けて飲むと、仙人になれる。
鬼神はかしずき、仙女は前までやってくる。
 練丹 (れんたん)
10日続けて飲むと、仙人になれる。
汞(こう=水銀の化合物)と混ぜて火にかけると黄金になる。
 柔丹 (にゅうたん)
一さじずつ、100日間飲めばに仙人になれる。
これを欠盆子(いちご)の汁と混ぜて飲めば、90歳の老翁も子どもを生ませることができる。
これを鉛と混ぜて火にかけると、即座に黄金になる
 伏丹 (ふくたん)
飲むと、すぐに仙人になれる。 玄関や門に塗ると、どんな化け物も家に入ってこない。
これをなつめの種子ほど所持していると、百鬼もよけて通る。
 寒丹 (かんたん)
一さじずつ服用すれば、100日で仙人になれる。
仙童・仙女がそばに仕えに来る。 翼を用いず、軽々と空を飛ぶことができる。

 〔 他のいろいろな方法 〕
小神丹法
[製造法] 丹三斤と白蜜六斤を混ぜ合わせ、日にさらして煎(い)り、丸められるようにする。
       朝、麻の実ほどの丸薬を 10個飲む。
[効能]  1年たらずで白かった髪は黒くなり、落ちた歯は生える。
       体につやが出て、しわがのびる。
       これを服用していれば、歳をとらない。 老翁も少年となり、永遠に不死となる。

小丹法
[効能]  千日服用すると、司命神が死者名簿から除籍してくれる。
       天地とともに無限に生き、日なたに立っても影がない。

少量ずつ黄金を食べる法
[製造法] 金を練って清酒の中に入れる。 約 200回、液から出し入れして、すぐに沸騰
       させる。  これを握って指の間から泥のようにニュッと出るくらいにこねる。
       できあがったら、おはじきぐらいの丸を1個服用する。
[効能]  30日服用すれば、寒さ暑さを感じなくなる。 神人・神女がかしずきに来る。
       名山の石室にこもった人は、1年たつと天に昇れる。

両儀子の黄金を溶かして食べる法
[製造法] 豚の頸の下の脂肪を三斤、純粋の酢を1升用意する。
       黄金を五両を器に入れ、土の炉にかけて煎る。
       この黄金を脂肪の中に漬け、100回出し入れする。 次に、酢に漬けて同様にする。
[効能]  1斤食べれば、寿命は天地と等しくなる。
       半斤食べれば、二千年の寿命。 五両を食べれば、千二百年の寿命になる。
 
    このことから、わかるように黄金を作る錬金術は、服用して仙人や不老不死を目指す
     ためであって、金持ちになるためではなかった。


  6.実際の臨床効果 と その後

 仙人になるためには、丹(丸薬)を飲むのが最も良い方法とされ、他の方法は二次的な手段でしか
なかった。
「金丹が体の中に入れば、体じゅうに行き渡り、栄養となって命を守る」 と言われたが、妙薬(長生薬)の中でも上薬は、金属や鉱石が原材料として使われ、水銀・鉛・砒素などを含んだ有毒なものもあり、多くの人々が命を落とした。
これは現代、健康食品やダイエット食品を飲んで体調をこわしたり、死亡するのと同じではないだろうか。
また、これほどまでに事前の細則を定めるのは、最初からできないことを意味している、とも言われている。

そのため、薬(丹)によって不老不死・長寿を求めようとする医術は次第に低下していった。
その後、唐代(618〜907)になると、薬ではなく、精神修養によって「気」を自分の体にとり入れて体内で内製する方法に変わっていった。
この、「気」の考え方が、現代の健康法の一つである「気功」につながっていくのである。




 <参考文献>
   『抱朴子 内篇』  葛洪 撰、本田 濟 訳  平凡社 東洋文庫512  1990
   『漢方の歴史 ―中国・日本の伝統医学―』 小曽戸 洋  大修館書店 あじあブックス  1999
   『道教百話』  窪 徳忠  講談社 学術文庫875  1989
   『中国的思考 ‐儒教・仏教・老荘の世界‐』  蜂屋 邦夫  講談社 学術文庫1523  2001



   免責事項 : 以上の記述は、文献・資料に基づくもので、推奨する方法ではありません。
            絶対にまねをしないで下さい。

先頭行へ先頭行へ

関連資料 3 : 功過格による長生き診断 功過格による長生き診断


ご覧いただき、ありがとうございました。


黄庭経  全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 部分 4 / 部分 5 / 書法 / 全文の現代語訳 /
(資料 1) 道教と神仙思想 / (資料 2) 妙薬の製造法 / (資料 3) 功過格による長生き診断


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項