表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある 泰山刻石 (部分 1)泰山刻石_1へ


泰山刻石 李斯

( 泰山刻石 ) 全文の釈文・概要


この項では、秦の宰相 李斯 ( りし ) の「泰山刻石 ( たいざんこくせき ) 」 について詳述します。
  1. 全文の釈文
  2. 李斯 (りし) の生涯と思想
  3. 作品の成立過程 と 時代背景
  4. 参考文献
【概要】
「泰山刻石」は、秦の始皇帝の偉業を記した碑で、李斯(?〜紀元前 208年)の作。


 1. 全文の釈文
 (縦書き)

部分3 部分2 部分1





















































































































































































































































廿





 石




泰山刻石 原文 1/2

泰山刻石 原文 2/2
以下は、横書きです。

先頭行へ先頭行へ



 2. 李斯 の生涯と思想
 1.李斯の生涯 (?〜紀元前 208年)

李斯は、楚の人である。 生年は不明。 荀子に帝王治政の術を学ぶ。
その後、六国は弱体で働いても大功をたてる余地はないと考え、西の秦に行こうと決意する。
秦国で丞相の呂不韋 (りょふい) の舎人 (食客) に始まり、皇帝 (始皇帝) の最高位の側近として活躍した。
『史記』列伝 第二十七 李斯列伝の冒頭部分から

「明らかな見取り図をつくり、時勢を察して秦をおしひろめ、かくて統一の大志がはたされた。 その企画の先頭にたったのは李斯である。 ゆえに李斯列伝第二十七を作る。」
この、『史記』李斯列伝の冒頭では、秦国が天下平定を果たし、その後の統一政策に李斯の功績は大きいと評価されている。
しかし、この列伝の最後で司馬遷は、
 ・荀子に学びながら政治を正し、整えて主君の過ちをおぎなおうとはしなかった。
 ・主君に迎合した。
 ・権力を強くし、刑罰をむごくした。
という、きびしい評価を下している。


 2.李斯の思想

李斯は秦帝国最高位の官僚の一人として始皇帝に助言し、安定した国家を作るために基本計画を策定したが、その思想的根拠は荀子にあった。

  『荀子 の大要

李斯は若い頃、荀子のもとで学んだ。
荀子の思想で最も有名なのは「性悪説」であり、孟子の「性善説」と対比されるが
「性悪説」は荀子の思想の一端を説明するに過ぎない。
荀子の思想的根底に流れる考え方は、当時の動乱の世にあって天下の安定と秩序の確立であり、そのために人格の陶冶が重要であるとした。

『荀子』勧学篇の冒頭で、後天的な教育が人間形成にいかに大きく影響するかを述べている。 その有名な語に、次のようなものがある。
  青は藍(あい)より出でて藍より青し
青は藍を原料としながら藍より青い。弟子が師よりもすぐれているたとえ。
出藍(しゅつらん)。出藍の誉れ。

  さ(足+頃)歩を積まずばもって千里に至るなし
千里の道もひと足ひと足を積み重ねてこそゆけるのであり、どんな大河や海も小川の流れを集めてこそできあがるのだ。たとえ駄馬でも十日も走り続ければ、名馬の一日の行程を行くことができる。途中でやめなければこそだ。
目に見えぬ努力を積み重ねないものには、栄誉が訪れることはないし、目につかぬ所で仕事の手を抜く者には輝かしい成果があがるはずがない。
性悪篇では、人間の天性は悪であるが、目標を正しく設定し、適切な指導のもとで努力を積み重ねるなら、その本性を善に変えることができると説いた。
  人の性は悪、その善なるは偽なり
人間の天性は悪である。善なる性質は「人為」の所産にすぎない。

  聖人の異にして衆に過ぐゆえんは偽なり
天性という点では、聖人も普通の人と変わらない。違っているのは「人為」の側面である。

  聖人とは、人の積んで致すところなり
どんな人でも、脇目もふらずに道をふみ、学問にはげみ、深く考えて、どこまでも善行を積み重ねてゆきさえすれば、ついにはすばらしい英知が身につき、偉大な人物になることができる。平凡な人間が人為を積み重ねることによって完成した人格が聖人なのである。
その他、天論篇 等、全三十二篇からなる。


  韓非子 の影響

李斯と同学には、韓非子(?〜前233)がいる。
韓非子は、韓の貴族。 荀子の門で学び、祖国(韓)の興隆を願い、法家思想を大成した。
韓非子の思想は『韓非子』にまとめられ、紀元前230年頃に成立した。
韓非は、荀子の「性悪説」、老子の「無為」から哲学的啓示を受け、その上で商子の「法」と申不害(しんふがい:韓の宰相 ?〜前337)の「術」とを総合して、独自の統治理論である「法術」を編み出した。

 法術の「法」とは、明文化して人民に提示する法(法律)を周知徹底させることを指す。
 法術の「術」とは、君主が臣下を統御することを指す。この場合の臣下とは、
          大臣・一般官吏・人民までの広い意味をいう。

秦の始皇帝は『韓非子』を読んで「この作品の作者に会えれば死んでもよい」とまで言わせた思想でもある。 始皇帝の政策は、すべて韓非の考えに沿って立てられ、事実上、始皇帝は韓非の弟子と言われている。
『韓非子』の現代的評価は、マキャベリの『君主論』より 1500年も前に「現代政治学」の基礎を作り、人間の管理・法・政治に対して非情なまでに洞察が深い書として有名である。

   理解のツボ 
荀子 (じゅんし) とは荀先生の意。 フルネームは、荀卿 (じゅんけい) という。
老子は老先生、孔子は孔先生、孫子は孫先生 の意。
韓非子 (かんぴし) とは、韓非と言う名前の先生という意。 姓は韓、名は非。
韓子と言われた時代もあったが、後に儒教思想家の韓愈が韓子と呼ばれるようになったため、混同をさけてフルネームで韓非子と呼ばれている。
題名(書名)は、個人の学説をまとめた書物という意味で尊称がそのままに使われるのが、古典思想書の通例となっている。

先頭行へ先頭行へ



 3. 作品の成立過程 と 時代背景
泰山において儀式を行ったのは始皇帝であり、その場所に建碑した刻石の文と書は李斯(?〜紀元前 208年)によるものである。

そのため、この項において泰山刻石の成立過程と時代背景を述べるには、始皇帝・秦国について外観する必要がある。 その概略は、 の各項をご覧下さい。

先頭行へ先頭行へ



 4. 参考文献
辞書・辞典 と 概説
『書道百科事典』      阿保直彦編  木耳社  1992
『中国の古典名著 総解説』 自由国民社  1992
『文字の文化史』      藤枝晃    岩波書店 同時代ライブラリー 1993 4刷
『図説 漢字の歴史』    阿辻哲次   大修館書店  1989

始皇帝 と その時代
『秦の始皇帝 −多元世界の統一者−』  中国歴史人物選 第1巻  籾山明
     白帝社   1994 初版
『李斯小篆』  書学大系2 碑法帖篇 第 1巻  赤平泰処、田上恵一、萩信雄
     同朋舎出版 1992 1版3刷
『秦漢帝国 −中国古代帝国の興亡−』  西嶋定生  講談社学術文庫  1997 2刷
『古代中国 −原始・殷周・春秋戦国−』 貝塚茂樹、伊藤道治 講談社学術文庫  2000
『酒池肉林 −中国の贅沢三昧−』    井波律子  講談社学術文庫  2003 3刷
『呂氏春秋』           町田三郎  講談社学術文庫  2005 1刷
『戦国策』            近藤光男  講談社学術文庫  2005 1刷
『史記列伝 二 』  小川環樹、今鷹真、福島吉彦   岩波文庫  2003 42刷

歴史一般
『歴史とは何か』  E.H.カー  清水幾太郎 訳  岩波新書  2000 64刷
『幻影(イメージ)の時代 −マスコミが製造する事実− 』  D.J.ブーアスティン
     東京創元社 現代社会科学叢書  1986 27刷

(参考 5) 参考図書

先頭行へ先頭行へ

※ ブラウザの文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。
ご覧いただき、ありがとうございました。 次の、泰山刻石 (部分 1) をご覧下さい。


泰山刻石   全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 全文の現代語訳
  (参考 1) 始皇帝の天下巡幸 と 封禅
  (参考 2) 始皇帝が建碑した刻石文 (泰山刻石 を除く)
  (参考 3) 秦の始皇帝は暴君か
  (参考 4) 文字の歴史からみた「小篆」
  (参考 5) 参考図書


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項