表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある泰山刻石の下層にある 泰山刻石 (部分 2)泰山刻石_2へ


泰山刻石 李斯

( 泰山刻石 ) 部分 1  臨書と解説

  1. 釈文
  2. 臨書・拓本
  3. 訓読(書き下し文)
  4. 現代語訳


 1. 釈文
 (縦書き)

部分3 部分2 部分1





















































































































































































































































廿





 石



先頭行へ先頭行へ


 2. 臨書・拓本
 (縦書き)     上段が臨書、下段は拓本です。

泰山刻石 臨書 1/3
泰山刻石 原文 1/3
※ 縦書き。 黒字は、拓本の色調を反転させたもの。 緑字は、欠字。

以下は横書きです。

先頭行へ先頭行へ


 3. 訓読 (書き下し文)
皇帝(こうてい)(くらい)(のぞ)み、(せい)(つく)(ほう)(あき)らかにし、臣下(しんか)脩飭(しゅうちょく)す。
二十有六年(にじゅうゆうろくねん)(はじ)めて天下(てんか)(あわ)せ、賓服(ひんぷく)せざる()し。
(みずか)遠黎(えんれい)(めぐ)り、この泰山(たいざん)(のぼ)り、(あまね)東極(とうきょく)()る。
従臣(じゅうしん)(あと)(おも)い、事業(じぎょう)本原(ほんげん)し、(つつし)みて功徳(こうとく)(しょう)す。
治道運行(ちどううんこう)し、諸産(しょさん)(よろ)しきを()()法式(ほうしき)()り。
大義著明(たいぎちょめい)後世(こうせい)()る。 順承(じゅんしょう)して(あらた)むる()かれ。

先頭行へ先頭行へ


 4. 現代語訳
皇帝が位につかれて、制度を作り法律を明らかにし、臣下は整え修めた。
二十六年(紀元前 221年)、初めて天下を併合し、服従しないものはなくなった。
皇帝は自ら遠方の人々の間を巡幸し、この泰山に登り、あまねく東のはてまでもご覧になった。
従臣は皇帝がなされた事を思いしたい、事業のみなもとをたずね、つつしんで功徳をとなえる。
天下を治める道は、天地と共に運行し、多くの産物はほどよきを得て、すべて法式にかなっている。
大義ははっきりあらわれ、後世に垂れ示され、後の世に継承されて改めることがないように。


 5. 参考文献
泰山刻石 - 全文の釈文・概要 の 「4. 参考文献」の項をご覧下さい。

先頭行へ先頭行へ

※ ブラウザの文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。
ご覧いただき、ありがとうございました。 次の、泰山刻石 (部分 2) をご覧下さい。


泰山刻石   全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 全文の現代語訳
  (参考 1) 始皇帝の天下巡幸 と 封禅
  (参考 2) 始皇帝が建碑した刻石文 (泰山刻石 を除く)
  (参考 3) 秦の始皇帝は暴君か
  (参考 4) 文字の歴史からみた「小篆」
  (参考 5) 参考図書


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項