表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある泰山刻石の下層にある 泰山刻石 (部分 3)泰山刻石_3へ


泰山刻石 李斯

( 泰山刻石 ) 部分 2  臨書と解説

  1. 釈文
  2. 臨書・拓本
  3. 訓読(書き下し文)
  4. 現代語訳


 1. 釈文
 (縦書き)

部分3 部分2 部分1





















































































































































































































































廿





 石



先頭行へ先頭行へ


 2. 臨書・拓本
 (縦書き)     上段が臨書、下段は拓本です。

泰山刻石 臨書 2/3
泰山刻石 原文 2/3
※ 縦書き。 黒字は、拓本の色調を反転させたもの。 緑字は、欠字。

以下は横書きです。

先頭行へ先頭行へ


 3. 訓読 (書き下し文)
皇帝(こうてい)()づから()き、(すで)天下(てんか)(たいら)()(おこた)らず。
(つと)()(よる)()ね、長利(ちょうり)建設(けんせつ)し、(もっぱ)教誨(きょうかい)(さか)んにす。
訓経宣達(くんけいせんたつ)し、遠近(えんきん)(ことごと)(おさ)まり、()聖志(せいし)()く。
貴賤(きせん)(ぶん)(あき)らかに、男女(だんじょ)(れい)(したが)い、(つつし)みて職事(しょくじ)(したが)う。
(あき)らかに内外(ないがい)(へだ)て、清浄(せいじょう)ならざるは()し。
昆嗣(こんし)(ほど)し、()無窮(むきゅう)(およ)ぶ。
遺詔(いしょう)遵奉(じゅんぽう)し、(なが)()(おも)(いまし)めん。

先頭行へ先頭行へ


 4. 現代語訳
皇帝がみずからお聴きになったように、すでに天下を平定し政治をおこたらなかった。
早朝に起きて深夜に寝、永久の利益を建設して、ひたすら教誨をさかんにされた。
教訓となるべき常法はのべ伝えられ、遠近もすべておさまり、みな皇帝の意志を体した。
貴賤の区別は明らかとなり、男女の礼は乱れず、慎重に職事に従っている。
あきらかに朝廷の内と外とをわけ、清浄でないものはなく、
子々孫々にほどこして、徳化はつきることがないように。
後の者は遺詔をささげ守り、永久に受け継いで重く戒めとすべきである。


 5. 参考文献
泰山刻石 - 全文の釈文・概要 の 「4. 参考文献」の項をご覧下さい。

先頭行へ先頭行へ

※ ブラウザの文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。
ご覧いただき、ありがとうございました。 次の、泰山刻石 (部分 3) をご覧下さい。


泰山刻石   全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 全文の現代語訳
  (参考 1) 始皇帝の天下巡幸 と 封禅
  (参考 2) 始皇帝が建碑した刻石文 (泰山刻石 を除く)
  (参考 3) 秦の始皇帝は暴君か
  (参考 4) 文字の歴史からみた「小篆」
  (参考 5) 参考図書


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項