表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある泰山刻石の下層にある 泰山刻石 (全文の現代語訳)泰山刻石_全文 へ


泰山刻石 李斯

( 泰山刻石 ) 部分 3  臨書と解説

  1. 釈文
  2. 臨書・拓本
  3. 訓読(書き下し文)
  4. 現代語訳
  5. 解説

この部分3は、始皇帝の死後、始皇帝が刻石を立てた場所を
二世皇帝(始皇帝の後継者)が歴訪し、その刻石文の末尾に
新しい刻文を付加した、補刻部分である。
この補刻部分も李斯の作である。


 1. 釈文
 (縦書き)

部分3 部分2 部分1





















































































































































































































































廿





 石



先頭行へ先頭行へ


 2. 臨書・拓本
 (縦書き)     上段が臨書、下段は拓本です。

泰山刻石 臨書 3/3

泰山刻石 原文 3/3
以下は横書きです。

先頭行へ先頭行へ


 3. 訓読 (書き下し文)
皇帝(こうてい)(いわ)く、金石(きんせき)(こく)は、(ことごと)始皇帝(しこうてい)(つく)所也(ところなり)
(いま)(ごう)()ぐに、金石(きんせき)刻辞(こくじ)始皇帝(しこうてい)(しょう)せず、
()久遠(きゅうえん)()ける()後嗣(こうし)(これ)(つく)(もの)(ごと)し。
成功盛徳(せいこうせいとく)(しょう)せずと。
丞相臣斯(じょうしょうしんし)臣去疾(しんきょしつ)御史大夫臣徳(ぎょしたいふしんとく)昧死(まいし)して()う、
臣請(しんこ)う、(つぶさ)詔書(しょうしょ)(こく)せば、金石(きんせき)(こく)は、()りて明白(めいはく)ならん()
臣昧死(しんまいし)して()うと。
(せい)して(いわ)()なりと。

先頭行へ先頭行へ


 4. 現代語訳
二世皇帝いう。
金石の刻辞は、ことごとく始皇帝が作られたものである。
今、私が皇帝の称号をついだが、金石の刻辞には、始皇帝となっていない。
後世になると、あとの皇帝が作ったと思われるかもしれない。
始皇帝の成功盛徳を称することにならないのであると。
丞相の李斯、臣の去疾、御史大夫の臣や徳らは、死をおそれずに言う 
臣ら請い願いますには、詔書をつぶさに刻せば、金石の刻は、それがために明白となるでしょう。
臣ら死をおそれずに要請いたしますと。
二世が制していう、よろしいと。


 5. 参考文献
泰山刻石 - 全文の釈文・概要 の 「4. 参考文献」の項をご覧下さい。

先頭行へ先頭行へ

※ ブラウザの文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。
ご覧いただき、ありがとうございました。 次の、泰山刻石 (全文の現代語訳) をご覧下さい。


泰山刻石   全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 全文の現代語訳
  (参考 1) 始皇帝の天下巡幸 と 封禅
  (参考 2) 始皇帝が建碑した刻石文 (泰山刻石 を除く)
  (参考 3) 秦の始皇帝は暴君か
  (参考 4) 文字の歴史からみた「小篆」
  (参考 5) 参考図書


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項