表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある泰山刻石の下層にある (参考 1) 始皇帝の天下巡幸と封禅始皇帝の天下巡幸と封禅へ


泰山刻石 李斯

( 泰山刻石 ) 原文 / 訓読 / 現代語訳

すべて横書きです。

 1. 原文
皇帝臨立 作制明法 臣下脩飭 廿有六年 初并天下 罔不賓服
遠黎 登泰山 周覧東極 従臣思迹 本原事業 祗誦功徳
治道運行 者産得宜 皆有法式 大義著明 陲于後嗣 順承勿革
  (以上、部分1

皇帝躬聴 既平天下 不懈於治 夙興夜寐 建設長利 専隆教誨
訓経宣達 遠近畢理 咸承聖志 貴賤分明 男女体順 慎遵職事
昭隔内外 靡不清浄 施于昆嗣 化及無窮 遵奉遺詔 永承重戒
  (以上、部分2

皇帝曰 金石刻 尽始皇帝所為也 今襲号 而金石刻辞 不称始皇帝
其及久遠也 如後嗣為之者 不称成功盛徳 丞相臣斯 臣去疾
御史大夫臣徳 昧死言 臣請 具刻詔書 金石刻因明白矣
臣昧死請 制曰可
  (以上、部分3

先頭行へ先頭行へ


 2. 訓読  ブラウザの文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。
皇帝(こうてい)(くらい)(のぞ)み、(せい)(つく)(ほう)(あき)らかにし、臣下(しんか)脩飭(しゅうちょく)す。
二十有六年(にじゅうゆうろくねん)(はじ)めて天下(てんか)(あわ)せ、賓服(ひんぷく)せざる()し。
(みずか)遠黎(えんれい)(めぐ)り、この泰山(たいざん)(のぼ)り、(あまね)東極(とうきょく)()る。
従臣(じゅうしん)(あと)(おも)い、事業(じぎょう)本原(ほんげん)し、(つつし)みて功徳(こうとく)(しょう)す。
治道運行(ちどううんこう)し、諸産(しょさん)(よろ)しきを()()法式(ほうしき)()り。
大義著明(たいぎちょめい)後世(こうせい)()る。 順承(じゅんしょう)して(あらた)むる()かれ。
  (以上、部分1

皇帝(こうてい)()づから()き、(すで)天下(てんか)(たいら)()(おこた)らず。
(つと)()(よる)()ね、長利(ちょうり)建設(けんせつ)し、(もっぱ)教誨(きょうかい)(さか)んにす。
訓経宣達(くんけいせんたつ)し、遠近(えんきん)(ことごと)(おさ)まり、()聖志(せいし)()く。
貴賤(きせん)(ぶん)(あき)らかに、男女(だんじょ)(れい)(したが)い、(つつし)みて職事(しょくじ)(したが)う。
(あき)らかに内外(ないがい)(へだ)て、清浄(せいじょう)ならざるは()し。
昆嗣(こんし)(ほど)し、()無窮(むきゅう)(およ)ぶ。
遺詔(いしょう)遵奉(じゅんぽう)し、(なが)()(おも)(いまし)めん。
  (以上、部分2

皇帝(こうてい)(いわ)く、金石(きんせき)(こく)は、(ことごと)始皇帝(しこうてい)(つく)所也(ところなり)
(いま)(ごう)()ぐに、金石(きんせき)刻辞(こくじ)始皇帝(しこうてい)(しょう)せず、
()久遠(きゅうえん)()ける()後嗣(こうし)(これ)(つく)(もの)(ごと)し。
成功盛徳(せいこうせいとく)(しょう)せずと。
丞相臣斯(じょうしょうしんし)臣去疾(しんきょしつ)御史大夫臣徳(ぎょしたいふしんとく)昧死(まいし)して()う、
臣請(しんこ)う、(つぶさ)詔書(しょうしょ)(こく)せば、金石(きんせき)(こく)は、()りて明白(めいはく)ならん()
臣昧死(しんまいし)して()うと。
(せい)して(いわ)()なりと。
  (以上、部分3

先頭行へ先頭行へ


 3. 現代語訳
皇帝が位につかれて、制度を作り法律を明らかにし、臣下は整え修めた。
二十六年(紀元前 221年)、初めて天下を併合し、服従しないものはなくなった。
皇帝は自ら遠方の人々の間を巡幸し、この泰山に登り、あまねく東のはてまでもご覧になった。
従臣は皇帝がなされた事を思いしたい、事業のみなもとをたずね、つつしんで功徳をとなえる。
天下を治める道は、天地と共に運行し、多くの産物はほどよきを得て、すべて法式にかなっている。
大義ははっきりあらわれ、後世に垂れ示され、後の世に継承されて改めることがないように。
  (以上、部分1

皇帝がみずからお聴きになったように、すでに天下を平定し政治をおこたらなかった。
早朝に起きて深夜に寝、永久の利益を建設して、ひたすら教誨をさかんにされた。
教訓となるべき常法はのべ伝えられ、遠近もすべておさまり、みな皇帝の意志を体した。
貴賤の区別は明らかとなり、男女の礼は乱れず、慎重に職事に従っている。
あきらかに朝廷の内と外とをわけ、清浄でないものはなく、
子々孫々にほどこして、徳化はつきることがないように。
後の者は遺詔をささげ守り、永久に受け継いで重く戒めとすべきである。
  (以上、部分2

二世皇帝いう。
金石の刻辞は、ことごとく始皇帝が作られたものである。
今、私が皇帝の称号をついだが、金石の刻辞には、始皇帝となっていない。
後世になると、あとの皇帝が作ったと思われるかもしれない。
始皇帝の成功盛徳を称することにならないのであると。
丞相の李斯、臣の去疾、御史大夫の臣や徳らは、死をおそれずに言う
臣ら請い願いますには、
詔書をつぶさに刻せば、金石の刻は、それがために明白となるでしょう。
臣ら死をおそれずに要請いたしますと。
二世が制していう、よろしいと。
  (以上、部分3


 4. 参考文献
泰山刻石 - 全文の釈文・概要 の 「4. 参考文献」の項をご覧下さい。

先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。 次の、(参考 1) 始皇帝の天下巡幸と封禅 をご覧下さい。


泰山刻石   全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 全文の現代語訳
  (参考 1) 始皇帝の天下巡幸 と 封禅
  (参考 2) 始皇帝が建碑した刻石文 (泰山刻石 を除く)
  (参考 3) 秦の始皇帝は暴君か
  (参考 4) 文字の歴史からみた「小篆」
  (参考 5) 参考図書


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項