表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある泰山刻石の下層にある (参考 2) 始皇帝が建碑した刻石文始皇帝が建碑した刻石文へ


始皇帝の天下巡幸と封禅、秦の始皇帝は泰山で何をおこなったのか



 1. 国家統一  戦国時代の末期の勢力図 
紀元前 221年、秦の始皇帝は六国 (韓・魏・
趙・燕・斉・楚) を併合し、天下を平定した。

紀元前230年
228年
226年
225年

223年
222年

221年
 韓を滅ぼす
 趙の都を陥落
 燕を攻略。燕王は遼東に逃亡
 魏の大梁を水攻めにし、
 魏国滅亡
 楚を陥落させ、楚王を捕う
 遼東の燕の残党を捕う
 楚国の領土を秦に併合
 斉を滅ぼし、天下平定

秦は東方の六国を、10年の間に怒濤のごとく併合した。 そして、統一した翌年(紀元前 221年)から、全国を 5回にわたって巡幸した。 その巡幸は、次のようなコースであった。

   ちょっと、余談  (当時の領土という考え方)
この時代、各国の支配地域とは首都の周辺のごく狭い場所に限られていた。
そのため、厳密な意味での国境線はなかった。
例えば、万里の長城も、北方の遊牧民族の動きを偵察・防御するための最前線施設ではあるが、国境線を確定するものではなかった。
このことから、近代国家観で見られるような領土・国境という概念はまだなかった。

先頭行へ先頭行へ


 2. 巡幸コース  秦の始皇帝 巡幸コース 
第1回巡幸 (紀元前220年)
 咸陽(かんよう)隴西(ろうせい)北地(ほくち)→鶏頭山→回中(かいちゅう)咸陽(かんよう)

第2回巡幸 (紀元前219年)
 咸陽(かんよう)えき(えきざん)泰山(たいざん)之罘(しふ)成山(せいざん)
 瑯邪山(ろうやさん)彭城(ほうじょう)南郡(なんぐん)湘山(しょうざん)南郡(なんぐん)
 武関→咸陽(かんよう)

第3回巡幸 (紀元前218年)
 咸陽(かんよう)陽武(ようぶ)之罘(しふ)瑯邪山(ろうやさん)→上党→咸陽(かんよう)

第4回巡幸 (紀元前215年)
 咸陽(かんよう)碣石(けっせき)→上郡→咸陽(かんよう)

第5回巡幸 (紀元前210年)
 咸陽(かんよう)雲夢(うんぼう)浙江(せっこう)会稽山(かいけいざん)瑯邪山(ろうやさん)
 之罘(しふ)平原津(へいげんしん)沙丘(さきゅう)客死)→咸陽(かんよう)

先頭行へ先頭行へ


 3. 巡幸で残した刻石
始皇紀 紀元前 字数 原石 所在

  えき山刻石
 ★泰山刻石
  之罘刻石
  瑯邪台刻石
  之罘刻石
  之罘東観刻石
  碣石門刻石
  会稽山刻石
28
28
28
28
29
29
32
37
B.C.219
B.C.219
B.C.219
B.C.219
B.C.218
B.C.218
B.C.215
B.C.210

144

280
144
144
144
288
×

×

×
×
×
×
山東省 鄒県
山東省 泰安
山東省 文登県
山東省 諸城
山東省 文登県
山東省 文登県
遼寧省 綏中県
浙江省 紹興県

先頭行へ先頭行へ


 4. 秦の始皇帝は泰山で何をおこなったのか
1) 泰山とは
泰山は岱山とも言われ、中華人民共和国 山東省 泰安市にある。
高さは 1545メートルの聖なる山で、道教の聖地のひとつである。
現在は、ユネスコの世界遺産にも登録され、観光地となっている。

始皇帝は、紀元前 219年に第2回の巡幸の途中、泰山で「封禅 (ほうぜん) の儀式」
を行った。 泰山刻石は、その儀式の時に建てられた碑である。
ちなみに、この封禅の儀式は、大業を成した皇帝しか行うことはできず、
泰山で行うものと古来から言われてきた。

   ちょっと、余談 
『論語』に、魯国の貴族の李氏 (きし) が泰山で「旅 (りょ)」の祭りをした話がある。
「旅」という祭祀の詳細はわからないが、孔子が弟子の冉有 (ぜんゆう) に李氏の行為を非難して「お前にはやめさせることができなかったのか」と言っている。
このことから、泰山を祭る資格があるのは本来、貴族の上にある者、つまり君主だけであったようだ。

2) 封禅 という祭祀
始皇帝は、泰山で 「封禅」 という儀式をおこなった。
この封禅という祭祀は、古来から名前だけは知られていたが、儀式の内容は伝えられていないため、知る者は誰もいない秘儀であった。
現在でも内容はよくわかっていないが、文献等から概略を推測することができる。
この秘儀は、地上の皇帝が天上の天帝に大業の完成を報告する儀式とも、
皇帝と天帝が直接公会する儀式とも言われている。
そのため、この封禅の儀式を行った皇帝は、皇帝中の皇帝であり、その威徳が天帝に等しいことを示すことができた。 この封禅の儀式は、2つに分けられる。

・ 封禅の「封」
天に対して感謝する儀式である。
南麓から登り、そのいただきに壇をしつらえて天を祭る。
同時に、頂上の石に始皇帝の徳をたたえた文を刻みつけた。 (泰山刻石)
・ 封禅の「禅」
地に感謝する儀式である。
その後、北側に下山し、山麓の梁父 (りょうほ) という小山で、草莱 (そうらい) を払って祭場 (ぜん) をしつらえて地の祭りを挙行した。
※ 儀式の内容は、司馬遷の『史記 卷二十八 封禪書 第六』の司馬古注による。

   ちょっと、余談  (儀式でのエピソード)
この始皇帝の儀式は、順調に終わらなかった。
泰山のふもとで、学者たちが儀式の内容について話し合っているのを聞いていた始皇帝は、あまりの珍説が続出するのに愛想をつかして、さっさと登って行ってしまった。
下山途中(一説には登頂途中)、突然風雨が強くなり嵐になったので、一行は大きな樹の下に避難した。
その後、始皇帝は自分の身を守ってくれたその大樹に感謝し、爵位 (しゃくい) を与えた。
その爵位は五大夫 (ごたいふ) といい、ヒトに与えられた場合は、税役の免除の特典のある高い爵位だった。
後になって学者たちは、突然の嵐に遭遇した理由について「天がとがめた」と説明したため、学者(儒学者)との間に深いミゾができてしまった。
これが、その後の坑儒への一端を作ったと言われている。

3) 天下巡幸の主な目的
(1) 人民に対して、支配の正当性を訴えかけ、天下を巡るという行為から発現する
   力を誇示する。
(2) 各地の名山、聖なる山で祭祀をとりおこなうことにより、これまで六国が持って
   いた祭祀権を手に入れたことを誇示する。
(3) 始皇帝が六国を併合して、天下泰平の世をもたらした皇帝として、その功績を
   碑文に書き記した刻石を立てて、その事実を後世まで伝え広めること。
(4) 不老不死の探求
   があると考えられている。


 5. 参考文献
泰山刻石 - 全文の釈文・概要 の 「4. 参考文献」の項をご覧下さい。

先頭行へ先頭行へ

※ ブラウザの文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。
ご覧いただき、ありがとうございました。 次の、(参考 2) 始皇帝が建碑した刻石文 をご覧下さい。


泰山刻石   全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 全文の現代語訳
(参考 1) 始皇帝の天下巡幸 と 封禅
  (参考 2) 始皇帝が建碑した刻石文 (泰山刻石 を除く)
  (参考 3) 秦の始皇帝は暴君か
  (参考 4) 文字の歴史からみた「小篆」
  (参考 5) 参考図書


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項