表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある泰山刻石の下層にある (参考 3) 秦の始皇帝は暴君か秦の始皇帝は暴君か へ


始皇帝が建碑した刻石文、秦の始皇帝が後世に伝えたかったこと



    天下巡幸で残した刻石の一覧
始皇紀 紀元前 字数 原石 所在 『史記』の記載

  えき山刻石
 ★泰山刻石
  之罘刻石
  瑯邪台刻石
  之罘刻石
  之罘東観刻石
  碣石門刻石
  会稽山刻石
28
28
28
28
29
29
32
37
B.C.219
B.C.219
B.C.219
B.C.219
B.C.218
B.C.218
B.C.215
B.C.210

144

280
144
144
144
288
×

×

×
×
×
×
山東省 鄒県
山東省 泰安
山東省 文登県
山東省 諸城
山東省 文登県
山東省 文登県
遼寧省 綏中県
浙江省 紹興県
×

×





先頭行へ先頭行へ

ブラウザの文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。

 1. えき(えき)(ざん)刻石 の読み下し文
皇帝の国を立つるや、()れ初めは昔にあり、世々()ぎて王を称す。
乱逆を討伐して、威は四極を動かし、武義もて直方ならしむ。
戎臣(じゅうしん)、詔を奉じ、時を経ること久しからずして、六の暴強を滅ぼす。
廿(にじゅう)有六年、高号を上薦して、孝道は顕明たり。
既に奉成を献じ、(すなわ)(ひろ)き恵みを降さんとて、(みずか)ら遠方を巡る。
えき(えき)山に登り、群臣従者、()な悠長ならんことを思う。
乱世を追念すれば、(とち)を分け(くに)を建てて以て争理を開く。
攻戦日々に(おこ)り、血を野に流すこと、泰古(たいこ)より始まる。
世々万数となく、()きて五帝に及ぶも、()く禁止する莫し。
(すなわ)ち今皇帝、天下を壹家(いっか)として、兵は()た起こらず。
災害は滅除せられ、黔首(たみ)(やす)んじ定まりて、利沢は長久ならんとす。
群臣、略を(とな)えて、此の楽石に刻み、以て経紀を(しる)せり。

えき山刻石」の原石は、
えき山の碑は野火に焚かれ、棗木の伝刻は肥えて真を
失う」と歌われ、採拓に従事した地元民が酷使された
ことを嫌がり、焼き払ったため早くから失われたが、
北宋の淳化4年(993年)に作られた模刻が西安碑林に
伝わっている。
一句四字で三句ごとに押韻し、全 36句から成る。

(右の写真は、えき山刻石の模刻)

 えき山刻石 

 花束の区切り線               先頭行へ

 
 2. 瑯邪台(ろうやだい)刻石 の読み下し文
()れ二十八年、皇帝(はじ)めを作す。
法度を(ただ)(たいら)かにし、万物の(のり)たらしむ。
(もっ)て人事を明らかにし、父子を合同(したしませる)す。
聖智仁義にして、道理を顕白(あきらか)にす。
東のかた東土を撫して、以て卒士を()る。
(すで)に大いに(おわ)り、乃ち海に(のぞ)む。
皇帝の功は、本事に勤労せしむるにあり。
農を(たっと)び末を除き、黔首(たみ)は是れ冨にあり。
普天の(もと)、心を(ひとつ)にし志を(あつ)む。
器械は量を一にし、書の文字を同じくす。
月日の照らす所、舟輿(しゅうよ)()する所、
()な其の(いのち)(まっと)うして、意を得ざるもの莫し。
 … 中略 …
六合(りくごう)の内は、皇帝の(とち)なり。
西は流沙(りゅうさ)(わた)り、南は北戸(ほくこ)を尽くし、
東は東海を(たも)ち、北は大夏(たいか)を過ぐ。
人迹(じんせき)の至る所、臣たらざる者無し。
功は五帝を(おお)い、(めぐ)みは牛馬に及ぶ。
徳を受けざるもの莫く、各々其の(やね)のもとに安んず。
 瑯邪台刻石の原石 
『史記』によれば、瑯邪の地に立った始皇帝は壮大な景観に感動し、3ヶ月間も滞在した。 また、観台を作り、三万戸の人民を台下に移住させて、以後 12年間にわたって徭役を免除した。 この観台のことを瑯邪台という。
瑯邪台刻石は、その山上に刻石を立てて威徳をたたえた碑であり、表現の力強さと簡潔さにおいて、始皇帝の刻石の中では傑出した文と言われている。
文は二句ごとに押韻し、計 72句。


 花束の区切り線               先頭行へ

 
 3. 之罘(しふ)東観(とうかん)刻石 の読み下し文
()れ二十九年、皇帝は春游して、遠方を覧省す。
海隅に(およ)び、遂に之罘に登りて、朝陽(山の東面)に昭臨す。
観望(ながめ)は広麗にして、従臣は()な(帝の徳を)(おも)い、
道を(たず)ねること至りて明らかなり。   (以下、略)

3回目の巡幸(紀元前218年) 咸陽(かんよう)陽武(ようぶ)之罘(しふ)瑯邪山(ろうやさん)→上党→咸陽(かんよう)

これは文頭部分であるが、春に東方に巡幸したことがうかがえる。
春は方位で東を指す。 後半部分の内容は、六国を征伐して人民を災厄から救った
功績などえき山刻石と同様のため、省略した。


 花束の区切り線               先頭行へ

 
 4. 碣石(けっせき)門刻石 の読み下し文
(つい)に師旅を興こして、無道を誅戮(ちゅうりく)すれば、逆を為すものは滅息(ほろぼ)す。
武もて暴逆を()ち、文もて無罪を(なら)せば、庶心はみな服す。
恵みもて功労を論じ、賞は牛馬に及び、恩は土域を肥やす。
皇帝、威を奮い、徳もて諸侯を(あわ)せ、初めて泰平となる。
城郭を堕壊し、川の(ふさ)ぎを決通し(ひらき)、険阻を夷去(たいらかに)す。
地勢すでに定まりて、黎庶(たみ)にえだちなく、天下みな(やすん)ぜらる。
男は其の(はたけ)を楽しみ、女は其の(わざ)を修め、事おのおの序あり。
恵みは諸産を(おお)い、久しく並び来たりて(たがや)し、安所せざるものなし。
羣臣は(いさおし)(たた)え、請いて此の石に刻み、儀矩(のり)(たれ)れ著わさんとす。

4回目の巡幸(紀元前215年) 咸陽(かんよう)碣石(けっせき)→上郡→咸陽(かんよう)

この巡幸で訪れたとされる碣石であるが、
『史記』には「始皇、碣石に之(ゆ)く」とあるだけで、その場所はわからなかった。
近年になって、発掘調査等により次第に場所が特定されつつある。
その一つは、遼寧省綏中県の海岸の沖合にある「姜女墳 (きょうじょふん)」と、
もう一つは、河北省秦皇島市西南の「金山嘴 (きんざんし)」とされているが、
前者の方が有力とされている。
「碣石」の「碣」は「傑」に通じ、「他にぬきん出て立っている石」と『説文解字』
にある。 その碣石を帝国の門に見立てて、碑文を刻んだと言われている。

また、碑文の冒頭が「遂に…」で始まるのは疑問があり、「卅有三年」で始まる
のではないか、とも言われている。



 5. 参考文献
泰山刻石 - 全文の釈文・概要 の 「4. 参考文献」の項をご覧下さい。

先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。 次の、(参考 3) 秦の始皇帝は暴君か をご覧下さい。


泰山刻石   全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 全文の現代語訳
  (資料 1) 始皇帝の天下巡幸 と 封禅
(参考 2) 始皇帝が建碑した刻石文 (泰山刻石 を除く)
  (資料 3) 秦の始皇帝は暴君か
  (資料 4) 文字の歴史からみた「小篆」
  (参考 5) 参考図書


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項