表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある泰山刻石の下層にある (参考 4) 文字の歴史からみた「小篆」文字の歴史からみた「小篆」 へ


秦の始皇帝は暴君か、その業績に対する評価を再検討する



 0.はじめに
始皇帝の人物評は、「残忍な独裁者」「冷酷非道」「情緒性の欠如」「派手好み」等々 決して良いイメージで語られることはない。
しかし、天下を平定し、短期間のうちに諸々の統一政策を施行し、現代に至る基礎を築いたと言っても過言ではない。 宰相李斯(りし)も、これらの政策の立案・助言・実施を行って始皇帝を支え続けた。
それなのに、なぜここまで悪評で語り継がれてきたのか、検証を試みてみたい。
まず始めに、悪評の数々から紹介してみよう。 


 1. さまざまな悪評

  1) 司馬遷の史記に書かれた始皇帝観

   尉繚(うつりょう)による人物評
蜂のように鋭く高い鼻、つりあがった切れ長の目、鷹や鷲のように突き出た胸、豺(やまいぬ)のような声。 秦王政のこうした風貌は、彼が愛情に欠け、虎や狼のような心の持ち主であることを示すものだ。 苦しい状況に置かれている時は、平気で人にへりくだるが、志を得た時には、平然と人をあなどり食い殺してしまう。 私は無位無官の人間だが、(今は利用価値があると見て) 彼は常に必要以上にへりくだっている。 もし秦王が天下をとったならば、天下の者は一人のこらず奴隷にされてしまうだろう。 こんな人物の側に長居はできない。
  (『史記』始皇本紀)

  尉繚(うつりょう)は、魏の国から秦へ遊説に来た人物である。
  この評文からは「豺・虎・狼」と比喩することにより、残忍な人柄が
  誇張され、好意的な印象ではない。

   ちょっと、余談  (こんなこと、いつ言ったの?)
尉繚 (うつりょう) が、このように発言した経緯
尉繚は、六国(韓・魏・趙・燕・斉・楚)の重臣に賄賂を贈って骨抜きにせよと秦王に進言して厚遇される身となった。
ところがその厚遇ぶりは、「会う時には対等の礼を用い、衣服も飲食も彼と同じくする」という異常な惚れ込みであったため、尉繚は空恐ろしくなり逃亡を決意した。
結局、王に気づかれて秦国にとどまっていたものの、いったんは逃亡を決意した自己の行為を正当化するために吐きすてた言葉とされている。

  2) 焚書令と坑儒
秦の末頃になると、『詩経』や『尚書』を焼き捨て、儒者たちを穴埋めにしたため、以後
六芸(りくげい = 六経)は不完全なものになってしまった。  (『史記』儒林伝)
   ※ 六経とは、儒家の最も尊重する 6つの規範的古典の書
    『易』『書』『詩』『礼』『楽』『春秋』をさす。

秦の始皇帝が先代の典籍を滅ぼし、書物を焼き、儒者を穴埋めにするに及んで、天下の学者たちは難を避けて散り散りになってしまい、わが先人はその蔵書を家の壁の中に隠した。
   (『古文尚書 (こぶんしょうしょ) 』)

このような表現だけを読むと、すべての書物を燃やしてしまったような印象があり、
言論弾圧、思想統制と受け取られがちである。
ところが、『資治通鑑 (しじつがん)』の秦紀 焚書の項で、

「秦の焚書は、天下の人々が所蔵する書物を焼いたにすぎない。 博士官に所蔵されるものは、もとどおり存在していた。 項羽が秦の宮殿を焼いたときに、はじめて博士の蔵書も一緒に焼き捨ててしまった。」

このように、破壊者は始皇帝ではなく、項羽であるという見方も少なくない。
また、この焚書では、医学・占い・農業などの実用書は初めから対象外とされていた。

  坑 儒

始皇帝は、不老不死を目指し、「不死の仙薬」を探し求めていた。
紀元前219年、童男・童女数千人を集め、巨万の費用を与えて徐福 (じょふく) に東方の海中に向かわせた。 しかし、いつまで経っても戻らない。
不信感をもった始皇帝は、臣下に諸生の言動をさぐらせたところ、人民をまどわしている者がいるらしいと報告を受けた。
始皇帝は諸生たちを訊問すると、次々に他人の名前を挙げて自分の罪をのがれようとした。
始皇帝は、名前の挙がった460人あまりを全員を穴埋めにし、見せしめとした。

ここで、穴埋めにされた人々は、儒学者が多かった。
儒学者だから穴埋めにされたのではなく、穴埋めにされた人たちに儒学者が多かったという事実から、「坑儒」と言われるようになってしまった。

この事件により、始皇帝の評価全体を「残酷」「非道」として感情的評価を下す場合が多い。
やはり、最初に悪いイメージを受けた者にとっては、その後どんなに良い業績を示されようとも、結局は「悪いイメージ」は変わらないということだろうか。(第一印象に基づく印象形成)

  3)過秦論という考え方
「過秦論」とは、秦の国が法律だけで統治したため、二代で滅亡したことを批判する考え方。
  (『新書 (しんじょ)』 前漢、文帝の臣下賈誼(かぎ 前200〜前168)の政治論)

書かれた目的は、前代の政治の失敗を繰り返さないことを目的に書かれているとされるが、
秦の国を滅ぼした漢が、王朝創設を正当化するために、秦の失政を誇大化して説明したものであるとも言われている。
そして、司馬遷の『史記』もこの考え方を採用している。

しかし、始皇帝が法律の遵守を徹底することによって国を統治した理由は、
・ 韓非子の「法術」に基づく考え方が根底にあった
・ 秦の宰相として李斯も荀子の考えに基づき、天下を安定させるため、秩序の確立を
  優先した
ためであった。

後世、過秦論という考え方が広まるにつれて、秦の国の施策は失敗であると思われるようになり、政治家として統治能力がない無能な皇帝というイメージで語られるようになった。

  4) 生い立ちと人相
 出生の秘密

始皇帝の生まれる前のこと。 秦の昭襄 (しょうじょう) 王の在位中、始皇帝の父となる荘襄 (そうじょう) 王は、まだ公子子楚 (しそ) と呼ばれ、趙 (ちょう) の国の都である邯鄲 (かんたん) に住んでいた。
その邯鄲 (かんたん) に、呂不韋 (りょふい) という大商人がいた。
荘襄王は、呂不韋の家で行われた宴会の席上、一人の娘に一目ぼれしてしまった。
そして、呂不韋に懇願してゆずり受けた。
この美女は、邯鄲の豪家の娘で、歌舞にすぐれ、そのときすでに呂不韋の子を身ごもっていたと言われる。 彼女は、その事実を隠して荘襄 (そうじょう) 王の愛姫となった。
その後、前259年 男子が誕生し、政 (せい) と命名された。 この政が、後の始皇帝である。

というのは、『史記』呂不韋列伝 第二十五 に書かれた内容であるが、異論もある。
町田三郎(『呂氏春秋』講談社 2005)によれば、

「「呂不韋伝」の記述によると始皇帝はあたかも呂不韋の子であるかのように読める。 しかしこの記述は『戦国策 (せんごくさく) 』や『史記』の「始皇本紀」には一切ない。 こうした場合、こと帝王の関するかぎり、その像は「本紀」から組み立てるのが正しい。 したがっていかにもっともらしくとも「呂不韋伝」の記述は、一つの俗説にすぎない。
第二は、上記のことも含めて「呂不韋伝」は、かれの行状をあまりに興味本位に書き過ぎているのではないかということである。 (… 中略 …) わたしは『史記』の良書たるを疑うものではないが、こと「呂不韋伝」に関するかぎり、司馬遷は少し余分に面白くつくり過ぎたのではないかと思っている。」  (以上、前掲書より引用)


 人相の悪さ
 始皇帝の肖像画  まゆ毛が上がりすぎ、目つきも悪すぎます。
ライオンのようなヒゲも奇妙です。
しかしなぜか、なで肩です。

前項の人物評といっしょに、この肖像を並べれば、
決して善良な人物には見えないでしょう。

先頭行へ先頭行へ


 2. 始皇帝の主な業績 と その後に与えた影響

  1) 仕事大好き (特に、デスクワークが好き)
始皇帝は、女性にも音楽・飲食物にも興味がなかった。 宮殿の奥には、全国から集められた何千人もの美女がいたが、特定の美女を愛したという記録も『史記』にはない。

始皇帝は、とても仕事が好きだった。
また、事案のすべてを自分で決裁するのが常だった。
そのため、宮殿には地方から送られてきた公文書や決裁書が山のように積まれ、朝から夜遅くまで自ら文書に目を通して、指示し続けた。 ところが、文書が増えるにつれて、未決文書が多くなってきたため、自分自身にノルマを課して処理するようになった。

毎日、文書を積み上げて、はかりで重さを量り、一日一石(120斤 = 約27kg)のノルマができるまで休む間もなく、働き続けたという。
 木簡(複製) 
この頃、まだ紙はなかったので、木簡(薄い木の札、右の写真)や竹簡(薄い竹の札)に文字が書かれていたが、それでも27kgの文書とは相当な量だったようだ。

このように休みなく、公文書の処理と決裁に追われながら、働き続ける始皇帝からは、皇帝としての豊かな生活を満喫するゆとりはなかったと思われる。

  2) 天下の安定と秩序の確立
 「封建制から郡県制

秦以前の基本的国家構造は、封建制であった。 ここでいう「封建制」とは、天子がその一族や功労のあった家臣を諸侯として全国各地に派遣させ、その地域の氏族の支配を世襲的に行わせるというものであった。 この時、人民は氏族集団の一員として支配されていた。
これは、「氏族制」とも言われている。

この封建制は、始皇帝によって廃止され、かわって「郡県制」が採用された。
「郡県制」とは、全国を36のブロックに分けて「郡」を設け、その「郡」の中を
「県」に分け、「郡」と「県」には中央から地方官を派遣して、統治する方法である。

各36の郡には、「守 (しゅ)」「尉 (い)」「監 (かん)」を置いた。
  守 (しゅ) は、郡の長官。
  尉 (い) は、「守」の補佐官兼軍事担当。
  監 (かん) は、官吏(公務員)の成績審査および監察官。
この国家統治の方法の変更は歴史上、とても意味を持つ歴史変動であった。 つまり、
  • 郡県の長官は、世襲制によって決まるのではなく、皇帝の直接統治の代行者として
    派遣される官僚によって統治される。
  • 秦以前の集団(氏族単位)による管理から、各個人・家族単位での管理への移行。
    これにより、各人に対して税金や労役を課すことができる。
この「封建制」から「郡県制」への急激な移行は、それまで貴族として各地を統治していた者たちの恨み・不満・反撃はすごかったに違いない。
現代で言えば、既得権益や票田を剥奪される族議員や高級官僚たちの、欲ボケしたみにくい反発よりすごかっただろうことは、想像に難くない。
それほど大きな社会変革であった。

この政策は、次々に諸国を併合していく途上で、丞相の王綰から出された進言が発端だった。
その進言とは、早く皇帝の皇子を各地に行かせて、統治させるように、というものだった。
この進言に、李斯ひとりだけ反対意見を述べた。
そして最後に、始皇帝は裁断を下した。 その裁断とは、

「天下がいくさに苦しみ続けたのは、諸侯王がいたためだ。 このたび、宗廟の霊威により天下は初めて定まった。 今、再び王国を建てるのは、兵乱のもとをおさえることに等しい。 これでは安寧を求めても難しいではないか。 李斯の意見が正しい。」
と結論づけ「封建制」から「郡県制」へ移行していくこととなった。

こうした改革の中で、民間兵器の没収も行われ、国家の安定を目指した基盤づくりがすすめられていった。

  3) 統一化
始皇帝は統一国家を樹立したが、それまで各国の異なる規格・文字では、財政政策や社会生活にきわめて不便であった。 そのため、すべてを統一させる必要性があった。
一法度衡石丈尺
(法度 (ほうど)・衡石 (こうせき)・丈尺 (じょうしゃく) を一 (いつ) にす)
車同軌、書同文字
(車は軌を同じくし、書は文字を同じくす)
 度量衡の統一

度量衡の統一とは、重量 (重さ)・長さ・量(かさ)の同一規格にすることを指す。

戦国時代の重さの基準は各国で異なっていた。
重さの制度は、秦の両銖 (りょうしゅ) 制、三晋(韓・趙・魏)の鎰釿 (いつきん) 制、斉の◇゚ (れつかん) 制、山東半島や燕の環鈞 (かんきん) 制があった。
しかし、各国相互間の物流がなかったわけではなく、容易に換算できるようになっていた。
それを換算なくするために、最終的に秦の制度に一本化されていった。

度量衡の統一を全国に周知するために、始皇帝の詔文 (みことのり) を刻字した分銅や升 (ます) が全国に頒布され、標準器の役割を果たしたとされている。

 度量衡の統一で使われた 基準となったおもりとます   度量衡の統一で使われた 基準となったおもり  (写真 左)
全国に頒布された基準となる
おもりとます

形状・材質はさまざまなものがある。



 貨幣の統一

貨幣も諸国によって、布銭 (ふせん)・刀銭 (とうせん)・円孔銭 (えんこうせん)・銅貝の4種類に分けられるが、重さ・形の異なるさまざまな物が流通していた。
そこで、貨幣を半両銭に統一した。

紀元前 336年
210年
 周の天子は秦が銭を発行したことを賀 (よみ) した。
 復 (ま) た銭を発行した。
  (『史記』六国年表より)
 布銭(ふせん)   刀銭(とうせん) 
布銭 (ふせん) 刀銭 (とうせん)
「秦は天下を統一すると、二種類の貨幣をつくった。金貨はイツを単位とし、上位貨幣であった。銅銭は形と材質は周のものと同じ。「半両」の文字があり、額面どおり半両 (約8グラム) の重さがあった。」
   (『漢書』 食貨志 (しょくかし) より)
 < 後世への影響 >
半両銭とは、貨幣一枚あたり半両(12銖(しゅ)=8グラム)という意。
この時に造られた中央に四角の穴のある円形の貨幣を、円形方孔銭 (えんけいほうこうせん) といい、その後長く中国の貨幣の基本形とされ、朝鮮半島・日本でもこの形は踏襲された。
  (下の写真 参照)

 秦の半両銭   日本の和同開珎   日本の寛永通宝 
     古代中国の貨幣
      秦代の半両銭
  「半両」の文字が見える
日本の貨幣 (和同開珎)
西暦708年(和銅元年)
 日本の貨幣 (寛永通宝)
    江戸時代

 文字の統一

次項、(参考4) 文字の歴史からみた「小篆」 をご覧下さい。

  4) 国防と公共事業 (万里の長城、軍事道路の建設、阿房宮、驪山陵)
 万里の長城

長城は戦国時代から各国で作られていた。
燕長城、趙長城、斉長城、魏長城、楚方城、秦長城と呼ばれている。

これらは、隣国や北方民族の侵攻から守るための防御線であり、最前線軍事基地として
隣国の監視を行う施設であった。
統一後、このバラバラにあった長城を結んで一本にしたのが、始皇帝であった。

   ちょっと、余談  (ほんとうに長城は万里もあったの?)
現在確認されている万里の長城の長さは、およそ 5,000キロメートル。
この時代、一里はおよそ 400メートルだった。
  5,000km = 5,000,000m
  5,000,000m ÷ 400m = 12,500里    こたえ 12,500里
そのため、「万里」と言われるのも決して大げさな表現ではないことがわかる。

 軍事道路の建設

北方に対する最前線の九原 (きゅうげん) と咸陽北方をむすぶ軍事道路が建設された。
この軍事道路は、「直道」とも呼ばれている。
  工事責任者 : 蒙恬 (もうかつ)
  全長 : 800km
  道幅 : 30〜60m
  工法 : 黒土を敷き詰めて路面をつき固めて補強した。 沿道には烽燧 (ほうすい)
      作られた。 烽燧 (ほうすい) とは、のろしをあげる所。
この道路の建設は、相当な難工事だったと伝えられている。

 阿房宮 (あぼうきゅう)、驪山陵 (りざんりょう)

阿房宮とは宮殿であり、驪山陵とは始皇帝陵をいう。
阿房宮の前庭は、東西五百歩 (約675m)、南北五十丈 (約113m)、一万人の人が座ることができ、二階建ての通路によって宮殿とつながっていた。
さらに阿房宮は、驪山陵ともつながっていた
これらの巨大建設物の建設には、70万人が動員されて完成したと言われている。

 民衆の苦悩
秦の国では次のような歌が流行した。

生男慎勿挙  男の児なら育てるな
生女哺用餔  女の児なら乳をやれ
不見長城下  長城のもとを見てごらん
尸骸相支柱  死体がひしめき、もたれあう

万里の長城の築城で命を落とした夫を悼み、流す涙で長城を崩した
という伝説もある。
  (孟姜女 (もうきょうじょ) の伝説)

「人民の力の乱費 (むだづかい) である」と司馬遷は書いている。
統一国家の整備を急いだため、労役の負担が民衆に重くのしかかった。
しかし、
 ・始皇帝は軍事国家を目指し、さらなる領土拡張を目標にしていたわけではない。
 ・民衆に重税を課して、自分だけ優雅に贅沢したかったわけでもない。
   (仕事が忙しくて、遊ぶヒマがなかった)
それより、永遠の国の繁栄と平和を望んでいたのではないだろうか。
しかし、始皇帝の想いとは裏腹に、民衆の反発は大きかった。

  5) 国名の由来
秦(Chin) = ティーナイ(Thinai) = 支那(シナ) = チャイナ(China)

これは、国名(地名)の呼び名の移り変わりです。

「ティーナイ」とは、秦が滅んで 200年ぐらい経った頃、地中海・インド洋を往来する商人たちの間で呼ばれていた地名です。
  (『エリュトゥラー海案内記』 村川堅太郎 訳  中公文庫 1993)
  ※ 書名の「エリュトゥラー海」とは、エジプトから南インド一帯の海を指す。

漢の時代、匈奴(北方の遊牧騎馬民族)が駐屯兵に「秦人」と呼びかけた例もある。
  (『漢書』)
「チャイナ」は、秦の呼び名のままをアルファベットに直したままである。
「支那」は、英語名チャイナの音訳です。 「支那」という呼び名については、問題にされることがあるが、「欧米人にチャイナと呼ぶのを許しながら、日本人にはシナと呼ぶのを許さないのはおかしい」という意見もある。

このように、最初の統一国家となり、短命に終わった秦帝国の「秦」の名は、その後の歴史の中に大きな遺産として、現代まで生き続けることになる。

先頭行へ先頭行へ


 3. 総合評価 (私見 作られたイメージと史実との乖離)
■ 「善者 劉邦」 に対する 「悪者 始皇帝」 という対立軸による位置づけ ■

秦が滅び、次の時代に皇帝になったのは、劉邦であった。
劉邦は高祖と呼ばれ、その後長く続く漢の時代を開いた初代皇帝となった。

司馬遷によって『史記』が書かれたのは、この前漢の時代であった。
この時代、倒した国(秦)を「悪」と設定することにより、書かれた時点(前漢)を「善」と
評価して、現政権の正当性と存在をアピールしたものと思われる。
司馬遷は現政権を批判的に見るのではなく、肯定的に見ていた。
そのため、始皇帝だけでなく、秦国につかえた李斯 (りし)・呂不韋 (りょふい)・蒙恬 (もうかつ)
も「悪者」という設定で書かれ、その評価で書かれた『史記』は現代まで長く読みつがれていった。
やはり、秦の時代を知るには、司馬遷の『史記』は重要な歴史資料だったとも言えるだろう。

  例えば、李斯に対する評価を『史記』にみると、
「世の人はおおむね、李斯が忠節をつくしながら五刑をうけて殺された、と思っているが、かれのありかたの根本を考えてみると、世の見方とは違うのだ。 さもなければ、李斯の功績は、聖人周公や賢人召公とさえ肩を並べることになろう。」
   (『史記』列伝 第二十七 李斯列伝 最後の部分)
『史記』が書かれた時点では、「忠節をつくしながら五刑をうけて殺された」悲劇の側近というイメージで世の中で語られていたものを、司馬遷がくつがえしていることがわかる。
そのため「悪者 始皇帝」をかつぎ上げた側近の一人という評価になってしまったのである。

しかしなぜ、司馬遷の『史記』を文字通りに解釈してしまったのだろう。
司馬遷ともあろう人が、無茶なことを書き残すわけがないと思ったのだろうか。
それほど、『史記』に書かれたイメージが後世に与えた影響は大きかったのである。

司馬遷が、歴史的事実を客観性に基づいて書いていないのは問題だとしても、
ここで司馬遷の歴史観や客観性を問うつもりはない。
なぜなら、歴史家は決して厳格な裁判官ではないからである。



■ 秦に滅ぼされた国々に住む人たちの恨み と 秦国を滅ぼした優越感 ■

秦の記録はあまり残っていない。
それに対して、秦に滅ぼされた列国側の記録や、秦を滅ぼした漢の時代の記録の方が
たくさん残っている。
そのため、秦を治めた皇帝の批判は大きいと感じられるのかもしれない。



最後に、
これらの事実から、特定の歴史観によって書かれた書物だけを読んでいると、かなり
フィルタリングされた歴史的事実を見ていることがわかる。
もしかすると私たちは、史実の客観的な部分ばかりに目をうばわれ、その時代を作り上げた人物の好き嫌いを含めた評価は相当、主観的ではないだろうかと思わざるを得ない。

そのため始皇帝は、後世に残した業績は多く偉大であると思われるが、司馬遷によって
生理的に嫌悪感をいだかれるような「嫌われ者」のイメージを与えられてしまったのである。


 4. 参考文献
泰山刻石 - 全文の釈文・概要 の 「4. 参考文献」の項をご覧下さい。

先頭行へ先頭行へ

※ ブラウザの文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。
ご覧いただき、ありがとうございました。 次の、(参考 4) 文字の歴史からみた「小篆」 をご覧下さい。


泰山刻石   全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 全文の現代語訳
  (参考 1) 始皇帝の天下巡幸 と 封禅
  (参考 2) 始皇帝が建碑した刻石文 (泰山刻石 を除く)
(参考 3) 秦の始皇帝は暴君か
  (参考 4) 文字の歴史からみた「小篆」
  (参考 5) 参考図書


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項