表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある泰山刻石の下層にある (参考 5) 参考図書参考図書 へ


文字の歴史からみた「小篆」



 1. 小篆が使われるまで (略歴)
 甲骨文字 (神と王が会話する手段)

漢字文化圏で歴史上、はじめての文字と言われるのは、甲骨文字である。
この甲骨文字は、ヒトが神に対して問いかけたり、語りかけたりする方法として用いられた。
神からヒトに対する答えは、甲骨の亀裂(ヒビ)という形で示された。
このヒビは、甲骨を火で焼いた後に、急激に冷やすことによってできた亀裂をいう。
また、神と会話ができるのは王だけであったため、ヒビの解読は、王の仕事であった。
このことから、文字が使えたのは王の特権であった。


 金文、そして篆書へ

一般の本には、甲骨文字の次には「金文」となっている。
この金文は青銅器に鋳込まれた文字である。
甲骨文字から、突然、青銅器の鋳込まれた文字に飛躍するのは、はなはだ理解しがたいが、
現代の解釈ではそのようになっているから仕方がない。
甲骨文字と金文の間には何らかの変遷の過程が存在するのが一般的と考えるが、これは歴史的遺物などが発掘され、解釈されるのを待たなくてはならないだろう。
この金文が使われたと言われるのは、殷 (いん)・周 (しゅう) の時代である。

その後、春秋・戦国時代まで 500年以上が経った。
その間に国の盛衰も激しかったが、各国間の公文書による交流は活発で、略字化は相互影響の中で進んでいった。
だから、各国間での相違はほとんどなかったため、各地域によってまちまちに変化したわけではなかった。

そして、金文が次第に篆書の書体へと変化していった。
この篆書は、「大篆」「小篆」と区別されている。
「大篆」とは、「小篆」が使われる以前のものをさすが、「大篆」の遺品は極めて少ない。

「小篆」の特徴は、筆画が一様の太さで書かれ、流麗な曲線を頻繁に使う点にある。
この筆画の太さに一定であるのは、ひら筆(絵の具を使うときの筆)で書かれたとされている。


 漢字の成立と変遷の図 

先頭行へ先頭行へ


 2. 小篆という書体
 文字の統一への道のり
始皇帝が天下を統一すると、丞相の李斯(りし)は、文字を統一し、秦の文字と合わないものを廃止するように上奏した。 李斯は『倉頡篇(そうけつへん)』を作り、中車府令(ちゅうしゃふれい)の趙高(ちょうこう)は『爰歴篇(えんれきへん)』を作り、大史令(たいしれい)の胡母敬(こぶけい)は『博学篇(はくがくへん)』を作った。 みな史籀(しちゅう)・大篆(だいてん)をもとにしたが、なかには少し省略・改訂したものもあった。 これが、いわゆる小篆である。  (許慎 『説文解字』十五篇上)

各国でまちまちに使われていた字体を統一するために『倉頡篇』『爰歴篇』『博学篇』という字書が作られ、小篆を標準書体として決めたという一文である。
さらに、次のような記述もある。


秦には八体(はったい = 八つの書体)があった。一に大篆(だいてん)、二に小篆(しょうてん)、三に刻符(こくふ)、四に虫書(ちょうしょ)、五に(莫+手)印(ぼいん)、六に署書(しょうしょ)、七に殳書(しゅしょ)、八に隷書(れいしょ)である。  (許慎 『説文解字』)
刻符とは割符にしるす文字。 虫書は、幟 (のぼり) や旗にしるす文字。
(莫+手)印は、印章に刻む文字。 署書は、封検にしるす文字。
殳書は、武器などに刻む文字。 隷書は、官吏が公文書を書くときに用いる文字、というようにさまざまな文字があった。 そのため、小篆という書体だけを使うように決めたのではなく、小篆を標準書体として採用したというのである。
文字の統一は、六国を併合して統一国家になったために共通文字を定めたという意味だけではなかった。

そもそも、文字は王が神をまつる時、または王が神の名において政治を行う時に使うものであった。 しかし、列国の貴族たちも王様気取りで王と同じ儀式を行い、文字を使うようになった。
そればかりか、諸子百家たちは文字を使って作文し、弟子たちに教え込むという、王にとっては我慢のならない事態となった。

そこで始皇帝は、皇帝が使う文字と皇帝以外の者が使う文字を区別した。
皇帝用の文字は「篆書」とし、皇帝以外(家臣・官吏等)が使う文字は「隷書」として定めたのである。


 3. 参考文献
泰山刻石 - 全文の釈文・概要 の 「4. 参考文献」の項をご覧下さい。

先頭行へ先頭行へ

※ ブラウザの文字サイズ大きくされると、ルビ (ふりがな) が見やすくなります。
ご覧いただき、ありがとうございました。 次の、(参考 5) 参考図書 をご覧下さい。


泰山刻石   全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 全文の現代語訳
  (参考 1) 始皇帝の天下巡幸 と 封禅
  (参考 2) 始皇帝が建碑した刻石文 (泰山刻石 を除く)
  (参考 3) 秦の始皇帝は暴君か
(参考 4) 文字の歴史からみた「小篆」
  (参考 5) 参考図書


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項