表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にある名品へのいざないの下層にある泰山刻石の下層にある

関係図書


秦国が西欧で初めて紹介された本と、始皇帝・李斯を記述した『史記』について書かれた本を紹介します。(いずれも文庫本です。)


.
 エリュトゥラー海案内記 (中公文庫)  

  エリュトゥラー海案内記
  村川堅太郎 翻訳

  中公文庫
  2011年 6月25日 改版
  310ページ

  ISBN:978-4122055049
     (4122055040)
  648円+税=680円

 エリュトゥラー海の説明図 

本書は、紀元60〜70年頃、無名(作者不詳)のエジプト在住のギリシャ人商人によって、南海貿易の碇泊地の様子・交易品・航海について書かれた書物である。
書名の「エリュトゥラー海」とは、紅海・アラビア海・ベンガル湾を含むインド洋一帯をいう。 エリュトゥラー(ερυθρα) とは、ギリシア語で「赤」の意味。 そのため、狭義では国際海峡の紅海(英名 Red Sea)をさす。

日本語訳は、ヨーロッパ古代史の研究者である村川堅太郎氏(1907〜1991)が、昭和19年(1944)にギリシャ語原典から翻訳されたものが定本となっている。

本書が書かれた頃、中央アジアから北インドにかけて、3世紀頃まで栄えたクシャーナ朝(イラン系の王朝)が成立し、内陸のシルクロードでは発展期をむかえ、オアシス都市国家の楼蘭や亀茲の国が栄え、陸の東西交流が盛んになっていく時代である。

また、日本では弥生時代の後期にあたり、後漢の光武帝から金印(漢委奴国王印)を賜ったのも、この頃(57年)とされる。

本項目で本書を取り上げるのは、第64節に書かれた「ティーナイ(Thinai)」という語にある。 本書によって、初めて「ティーナイ」(秦=「シナ」 今日の China=中華人民共和国)が西欧の書物で紹介された。

始皇帝の秦が滅びた後、250年以上経た漢の時代になっても、周辺地域の人々からはティーナイの名称で呼ばれていた。 それほどまで「秦」の名は、遠くの地まで広まっていたことがわかる。


第六十四節  この地方の後に既に全く北に当たって或る場処へと外海が尽きると、其処にはティーナイと呼ばれる内陸の大きな都があり、此処からセーレスの羊毛と糸と織物とがバリュガザへとバクトゥラを通じて陸路で運ばれ、またリミュリケーヘとガンゲース河を通じて運ばれる。このティスの地方へは容易に到達することはできない。というのは此処からは稀に僅かの人たちが来るに過ぎないから。…
 (本書 142ページより引用)

海洋交易といってもローマ帝国に象牙、絹、香料、ベッコウ、宝石、真珠、木綿などの貴重品を運ぶことを目的としたもので、けっして対等な交易ではなかった。
この時代、太平洋・大西洋はまだ未開であったが、インド洋では指定された碇泊地を結ぶ広域な通商ネットワークが発達していたのである。


■余談
本書の本文部分はとても短く、40数ページしかありません。他の大半のページは、本文だけでは内容が理解できないので、それを補足するための詳細な注釈・地図と、訳者の序文で構成されています。そのため、本文と、注釈と、地図の3箇所を見比べながら読みすすめる必要があります。多少時間はかかりますが、私は付箋としおりを3箇所に入れて読みました。

この本は以前、図書館で全ページをコピーしてじっくり読みました。今回は購入しての再読です。長い間、絶版になっていましたが、2011年に改版として復刻しました。しかし、私が探した数店の大型書店には置いてありませんでした。たぶん売れそうにないからでしょうね。やはりネットで入手するのが一番確実な方法のようです。(Amazon.co.jp
それにしても、このような類の本が文庫本になって安価で読めるのは、とてもうれしいことです。 (2012年 8月記)

先頭行へ先頭行へ


.
 「史記」再説−司馬遷の世界 (中公文庫) 

  「史記」再説 − 司馬遷の世界
  加地伸行 著

  中公文庫
  2010年 1月25日 初版
  246ページ

  ISBN:978-4122052727
     (4122052726)
  629円+税=660円



現在は二十四史のひとつとして、正史に数えられる『史記』であるが、もとは司馬談(父)と司馬遷(息子)の二代で書き綴った私史であった。
(私史であるため、国の支援を受けた訳ではなく、公の視点で書かれたものではない。)
本書では父の司馬談や、司馬遷の生きざまから『史記』を読み解いていこうする試みである。

父の司馬談は、前漢の武帝(紀元前156年〜紀元前87年)の時代、新設された太史公という官職にあった。 太史公とは、暦を含む天文と、祭祀をとりおこなう官であり、歴史を記録することが主務ではなかった。

しかし、司馬談は、暦・天文・歴史記録を関連づけて、記録を主務としたかったようだ。
そして、個人的に歴史記録を書き始めた。 これが書く始まりとなった。

司馬遷が 36歳のとき、父の司馬談が亡くなる。 太史公の官職は、世襲のものではなかったがこれを機に、司馬遷(38歳)は太史公の職に就く。

「司馬遷は太史公(歴史官)の官職にあった」と聞くと、近代の歴史学者を想像するが、司馬遷の時代にあっても太史公は、天文・暦法・吉凶などの判断が主な職務であった。

前漢の時代は、迷信と呪術を真理として信じられていたため、祭政一致(統治者が祭祀の最高司祭者)の宗教色の濃い王朝であった。 これは、前漢の時代に限ったことでなく、殷王朝、周王朝、秦王朝と脈々と続く思潮でもあった。
このような呪術と迷信の時代にあって、『史記』は占星術師的呪術者の体系的世界観に基づいて書かれた。 本書には次のように書かれている。


司馬遷は、今日の歴史家とは異なった性格を持っている。或る一面では現実的な官僚であり、或る一面では占星術師であり、或る一面では天文学に関する科学者である。また、今でこそ、『史記』は公の正史の内に数えられているが、もともとは、司馬談個人によってひそかに書き進められた私史であり、それを受けついだ司馬遷にとっても私史であった。 (本書 101〜102ページより引用)

そして、司馬遷が55歳ごろに『史記』を完成させた。

このようなことから『史記』は、近代的歴史観に基づいて体系的に書かれたものではなく、司馬談・司馬遷の父子が二代にわたって、当時の生き方を示す一つの過程を書いた私史として見るべきであると述べている。

 史記列伝 (五) (岩波文庫) 

  史記列伝 (五)
  小川環樹・今鷹真・福島吉彦 訳

  岩波文庫
  2007年 6月15日 38刷
  280ページ

  ISBN:978-4003321454
     (4003321456)
  660円+税=693円


前掲書『「史記」再説』を読んでから、『史記列伝 (五)』の中にある「太史公自序 第七十」の部分を再読すると、さらに理解が深まると思います。
この「太史公自序」は『史記』全体の序文にあたり、本文の最後に書くのが当時の形式でした。

先頭行へ先頭行へ


.
 史記の「正統」 (講談社) 

  史記の「正統」
  平勢隆郎 著

  講談社 [講談社学術文庫]
  2007年12月10日 第1刷
  360ページ

  ISBN:978-4061598539
     (4061598538)
  1,150円+税=1,207円



古来から、『史記』には年代の矛盾が多くあると言われてきました。
その矛盾は全体で、およそ一千箇所にのぼるが、多少の誤記・転記ミスではないか、程度に思われてきました。 出土物に刻まれた文字と年代の符合が不一致であっても、その部分だけ微修正されて解釈されてきました。

この年代補正による解釈は、『史記』の書かれた頃から行われ、各国間の歴史を調整するために、だぶついた記事を削除したり、年代を補正して調整していたようです。
これは、故意にねつ造したのではなく、なぜ年代が合わないのか、当時はわからなかったので、調整するしか方法がなかったようです。

しかし、平勢隆郎(ひらせ たかお)氏の方法によって先秦年代の補正すると、これまであった歴史の矛盾がなくなり、各国間(周・魯・斉・晋・秦・楚・宋・衛・陳・蔡・曹・鄭・燕・呉)の年代の整合性、出土物に刻まれた年代とできごとがほとんど合うようになったそうです。

ただし、この年代補正の考え方には、研究者の間で批判的な意見があることを認識していただき、この本を内容の一部を以下に紹介してみようと思います。

先頭行へ先頭行へ


 1. 誤謬の原因 〔立年称元法(りつねんしょうげんほう)踰年称元法(ゆねんしょうげんほう)

古代中国において紀年(ある紀元から数えた年数)は、皇帝や王の在位期間を基準に定められていた。 現代の日本で言えば、明治・大正・昭和・平成と続いている和暦のことである。
現在では和暦と、西洋社会で一般的なキリスト紀元による紀年(西暦)が併記されて記述されることが多い。

年の途中に紀年を改めて、再び元年から始めることを改元と呼んだ。 改元は、
 1) 王(君主)の交代を理由に行われる改元のほか、
 2) 縁起の良いことを理由として改元することを「祥瑞改元」、
 3) 不吉な出来事が起こったため、つながりを切るために改元することを「災異改元」、
がある。

ちなみに現代の日本では、明治以降、皇位の継承があった場合にのみ改元されている
(一世一元の制)。 これは 元号法 によって定められている。

この改元の方法には、立年称元法 (りつねんしょうげんほう) と、踰年称元法 (ゆねんしょうげんほう) の2種類あることが知られてきた。

現代の日本は、立年称元法を用いているため、今上天皇が崩御(ほうぎょ=亡くなられること)されると、直ちに後継の天皇によって改元される。
日本の和暦を例にとって、昭和から平成への移行の例を示すと下図のようになる。

 「立年称元法」による改元の例 

しかし、この立年称元法は古代中国において、すべてこの方法が採られていたわけではなかった。 それが、もう一つの方法である踰年称元法である。

「もし」という前提をつけた上で、昭和から平成の時代を踰年称元法に基づいて改元すると下図のようになる。

 「踰年称元法」による改元の例 

上記の2つの図を比較すると、和暦が一年ずれることがわかる。
10回改元すれば10年違ってくることになる。 この改元方法が、古代中国では各国ごと・時代によって異なっていたというのである。 その上、各国の興亡もさらに年代の特定を複雑にさせていった。



 2. なぜ、踰年称元法 を用いたのか。

現代の日本のように、天皇が崩御された翌日から、すぐに改元せず、翌年まで待つ踰年称元法を採用するには理由があった。

それは、次の新皇帝の準備期間として、賢人たちによる「徳」があるかどうか、判断をする期間だったという。 「判断をする」ということは、単に血縁関係によって即位したのではない、という意味も含まれていた。

古代中国の戦国時代、王が王であるということは「徳」の有無が全てであり、血縁ではなかった。 そのため、「徳」の有無を判断する賢人は、新皇帝の正統性を理論づける大切な役割と責務を負っていた。

また、国が分裂していく際には、各国がそれぞれ自国を正統な存在として主帳した。
その主帳の中で、他の国はすべて偽物であるとし、正統を具現する独自の制度として、暦もその中の重要な一つとされていた。

先頭行へ先頭行へ


 3. 一年の始まりをいつにするか。

現在の日本ではグレゴリオ暦が使われているが、明治の初めまでは日本独自の暦(和暦=旧暦=天保暦)が使われていた。 この旧暦では、一年の始まりを二十四節気の一つ「雨水(うすい)」の直前(1月22日頃〜2月19日頃)とされていた。

古代の中国では当初、冬至を基準にして一年の始まりとしていた。
しかし、国が分裂していく中で、一年の始まりに違いが生じてきた。

古代中国の戦国時代16国のうちで6国で用いられていた暦は、夏正といい、春の始まりを正月(1月)とした。
秦の国でも、春の始まりを正月としていた。(せんぎょく暦)
他に、楚の国では冬の始まりを正月としていた。(楚正)

その頃の人々の中で冬至は、太陽光がもっとも弱まる時期のため、終わり(君主の崩御)をイメージしていたようだ。 そして次の出発点として、春は草木などの生命活動がはじまる春を一年の始まり(正月=1月)としていた。
これは、現代日本の4月の新入学・新しい会計年度を、年の始まり(正月)とするようなものであろう。



 4. 重んじられた「元年の正朔(せいさく)

現在の元号である「平成」は、1月8日からはじまった。(上図)
昭和にも、「昭和元年1月1日(正朔)」は存在しない。

しかし、古代の中国では、元年1月1日(元年正月元日)には特別の意味をもっていた。

古代中国において1月1日は、「正朔(せいさく)」という。 「正朔」の「正」は「正月」、「朔」は「ついたち」をあらわすので、「正朔」とは「正月ついたち」のことをいう。
本文から引用すると、次のようにある。


一つの「正朔」を正統とみなすと、他の「正朔」は正統ではないということになる。ある権力者に服従してその「正朔を奉じる」と、それまで使っていた「正朔」は正統ではありませんでした、と悔い改めることになるわけである。だから、「正朔を奉じる」ことが服従の証になる。 (本書 16ページより引用)

そのため「元年の正朔」は、とりわけ重要だったのである。


以上のように、暦・改元方法がそれぞれの国で異なり、国の興亡も重なっため、「史記」に書かれた年代に矛盾が生じたというのである。

先頭行へ先頭行へ


ご覧いただき、ありがとうございました。


泰山刻石   全文の釈文・概要 / 部分 1 / 部分 2 / 部分 3 / 全文の現代語訳
  (参考 1) 始皇帝の天下巡幸 と 封禅
  (参考 2) 始皇帝が建碑した刻石文 (泰山刻石 を除く)
  (参考 3) 秦の始皇帝は暴君か
  (参考 4) 文字の歴史からみた「小篆」
(参考 5) 参考図書


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項