表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集
名品へのいざない / 書道クイズ / 新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳
 表紙の下層にあるわたしの作品集の下層にある


 鎌田舜英の書の展示室 全作品の出品目録 


この展示室にあるわたしの作品を発表年順に列記しました。
展覧会名・作品名をクリックするとご覧いただけます。



  2016年  平成 28年

・書 青森県書道展 新しく追加しました。。 

釈文受いれる 陰と陽を 善と悪を 美と醜を 安心と恐怖を 優と劣を 喜びと悲しみを  加島祥造の詩より
・書 毎日書道展 釈文言霊も花も醸さん夢をみな  吉村鞠子 句
・書 創玄展 釈文海の破墨 日あらぬ海には海の破墨とや  九堂夜想 句
・刻字 日本刻字展 釈文大地讃頌 人の子らその立つ上に感謝せよ  大木惇夫 詞
・刻字 国際刻字芸術公募大展 釈文放開手 心一つあるがまま  自作
・書 現代臨書展 釈文爨宝子碑 (さんぽうしひ)
・書 弘玄展 釈文タンポポのように  坂村真民 詩
・書 北門書道小品展 釈文さまざまな命と

 先頭行へ   最終行へ 

  2015年  平成 27年

・書 大学書道展

釈文海鳥千羽  海鳥千羽 面影が降る 野萩が降る  金子皆子 句
・書 北門書道役員展 釈文散り銀杏揺籃埋めゆくなり  金子皆子 句
・題字 題字 ご案内「棟方志功展」の題字
・書 日本の書展 釈文雲海に青磁の如き阿蘇煙る  朱鳥 句
・書 毎日書道展 釈文ひばりひばり銀の微塵のちらばる空へ  宮澤賢治の詩
・刻字 日本刻字展 釈文恵愛
・書 創玄展 釈文墨界に蝶を釣らんと空し手は  九堂夜想 句
・書 現代臨書展 釈文忽恵帖 (こつけいじょう) 空海
・書 弘玄展 釈文心の瞳で君をみつめれば 愛することそれがどんなことだか分かり  かけてきた 言葉で言えない胸のあたたかさ 遠回りをしてた人生だけど  君だけが今では愛のすべて 時の歩みいつもそばで分かちあえる  たとえ明日が少しずつ見えてきても それは生きてきた足跡があるからさ  いつか若さをなくしても心だけは決して変わらない絆で 結ばれてる  夢のまた夢を人は見てるけど愛することだけはいつの時代も  永遠のものだから ながい年月を歩きつかれたら微笑み  荒木とよひさ詞
・書 北門書道小品展 釈文天に星 地に花 人に愛

 先頭行へ   最終行へ 

  2014年  平成 26年

・書 北門書道役員展

釈文てのひらのうえに あわいかなしみが こぼれる にぎりしめれば うすあおく てのひらににじむ… 「てのひらのうえのかなしみ」やなせたかし
・書 毎日書道展 釈文さみしいときは青と書いていると落着くのです  寺山修司 詩
・書 日本の書展 釈文花は嘆かず わたしは今を生きる姿を花に見る  坂村真民 詩
・書 現代臨書展 釈文離洛帖 (藤原佐理)
・書 本の表紙 釈文望・鳳
・書 創玄展 釈文雪国サ生れ(マれ) 雪国で暮してきたお前(メ)だぢェ 誰(ダイ)でも長(ナ)ゲ一生の中(ナガ)ネ雪女(ユギオナゴ)だえンた女(オナゴ)ネ  行ぎ会(ア)たごとァきっとあるベネな 会(ア)たがと思(モ)たら何もどだとかこだとかなくて いや ながネは死ぬえンた目ネあわへらェで  高木恭造 詩 「雪女(ユギオナゴ)」より
・書 弘玄展 釈文もう人間はひとりぽっちではない 涙にぬれた顔をふこう 悲しみにぬれた瞳をぬぐおう 不幸にぬれた手をあらおう ひとりでいつまでも苦しむことをやめよう みぎにもひだりにも 友がいる  坂村真民 詩
・書 北門書道小品展 釈文とほき人遠きおもひの賀状くる

 先頭行へ   最終行へ 

  2013年  平成 25年

・書 北門書道役員展

釈文女を料理するには 女を料理致しますには 先ず材料を俎板の上にのせまして 身を三枚に下ろすのですが これには包丁は一切用いません すべて手で結構であります ただ材料が中年以前のものと 以後のものによりまして 少しく変わって居りますのは 中年以後のものは案外に 骨と身とが離れやすいのですが 中年以前のものは一寸離れがたく それに小ボネが多うございますから これも丁寧に取り除きます  高木恭造 詩
・書 現代臨書展役員展 釈文離洛帖 (藤原佐理)
・刻字 国際刻字公募大展 釈文何を求める風の中ゆく  種田山頭火句
・書 毎日現代書 青森展 釈文もう人間はひとりぽっちではない 涙にぬれた顔をふこう 悲しみにぬれた瞳をぬぐおう  坂村真民 詩
・書 毎日書道展 釈文薔薇の根 土のなかで根が思う うれしいな  うれしいな  金子みすゞの詩
・書 日本の書展 釈文大樹の根 こんなにも風に好かれている落ち葉  溝江豪 句
・書 創玄展 釈文楡よ祖は海より仆れくるものを  九堂夜想 句
・刻字 日本刻字展 釈文阿吽 (あうん)
・書 現代臨書展 釈文真草千字文
・書 弘玄展 釈文夜空の向こうの朝の気配にわたしはなつかしいあの日々を思い出す 傷ついて傷ついて報われず泣いたりして今はただ愛おしいあの人を思い出す 誰かの想いが見える誰かと結ばれてる誰かの未来が見える悲しみの向こう側に 花は花は花は咲くいつか生まれる君に花は花は花は咲くわたしは何を残しただろう  岩井俊二 詞
・書 北門書道小品展 釈文元日やはれて雀のものがたり

 先頭行へ   最終行へ 

  2012年  平成 24年

・書 北門書道役員展

釈文無窮の風 あるがままに無窮の風と呼びかわす  溝口章 詩
・書 青森県書道展
    (日本の書展)
釈文生きてあれ 冬の北斗の柄の下に  加藤楸邨 句
・題字 いろいろな題字 ご案内「地域ブランドの家 泉野展示場」
・書 毎日書道展 釈文砂の記憶  桜貝の歌をききながら熱い砂の記憶  佐々木登美子 詩
・文芸 ご案内『愛の山脈  私の大切な人』
・刻字 日本刻字展 釈文開也
・書 創玄展 釈文散り銀杏揺籃埋めゆくなり  金子皆子句
・題字 いろいろな題字 ご案内『田澤ちよこ詩集 四月のよろこび』の題字
・文芸 ご案内月刊 『弘前』 1月号  特集「新年随想」
・書 弘玄展 釈文般若心経
・書 北門書道小品展 釈文未来は人間の手の中に

 先頭行へ   最終行へ 

  2011年  平成 23年

・題字 いろいろな題字

ご案内同人誌 「瑠璃」の題字
・書 北門書道役員展 釈文津軽讃歌 大地は輝やく  茜さす 津軽野に 東雲のひとすじの光が 希望の旅立ちへと誘う 大地は目覚め 夜明けに輝やく 歓びは樹々の緑をふるわせ たわわに実ったりんごは赤く つがるおとめは黒髪をなびかせ やさしく 豊かな自然の恵みを寿ぐ さあ 歌おう 胸にひそむ 津軽讃歌の火を 息吹を 栄光を  (津軽讃歌−大地は輝く−山田尚)
・書 青森県書道展 釈文寒の薔薇 人恋うは生きる証なり
・書 現代臨書展 釈文小楷集 (薦李直表)
・書 毎日書道展 釈文白墨の蝶 白墨の蝶をのこして針古るも  九堂夜思句
・刻字 国際刻字展 釈文寒の薔薇 心に十字架を置いて  金子皆子句
・書 創玄展 釈文記憶の海 隆起した過去に風が吹き抜ける  菊池敏詩
・刻字 日本刻字展 釈文寒の薔薇 人恋うは生きる証なり  金子皆子句
・書 現代臨書展 釈文寸松庵色紙 (すんしょうあんしきし)
・書 弘玄展 釈文花いちりんあなたに手渡すために生きてきた ほかにどんな理由などあろう 世界は暗く花散り落とされようとぼく あなたに花いちりん あたたかく手渡すために生きてきた それがなくしてどうして道なき道を走られよう エノコログサ ヤブガラシ ツタウルシ 傷つけられるすべてに涙して迷おうと遅れようと川をも走ってきた あふれくる風に向いすべてのおもいをあなたに走ってぼくはやってきた  泉谷明 詩
・書 北門書道小品展 釈文梅一輪 一輪ほどの暖かさ

 先頭行へ   最終行へ 

  2010年  平成 22年

・書 北門書道役員展

釈文コスモスの花みたいに こ首をかしげた少女の手に どんな作品が握られているのかしら 一枚の絵にオズオズ語りかける言葉 石のような悲しみや愛のすべて 貧しい風景の中の親しかったものたち あなたの空に飛ばしたかった小鳥 あなたの熱い願い コスモスのような少女の手には あなたの知っている世界の秘密が握られているのか 無限の悲しみが 無限の愛があなた  山形光弘 詩 「モジェリアニ」
・書 青森県書道展 釈文揮発油のような女でありたい 軽やかな魂と熱くて危険な可燃  許英子詩
・書 毎日書道展 釈文曼荼羅のやうな薔薇窓 よろこびと悲しみはいつも交交に来ぬ 福士りか歌
・書 創玄展 釈文この髪に銀髪増えてゆくほどに銀の重みに頭を垂れる  許英子詩
・刻字 日本刻字展 釈文明日の風に身をまかせ
・書 現代臨書展 釈文爨宝子碑(さんぽうしひ)
・書 弘玄展 釈文時の窓 透く光溶ける光の恍惚は恋の水晶 蝶生まれ致死量の愛風にする 束ねずに散らさずに心の中の蒼い部屋 陽炎ひて恋の時間を回しをり 秘密の香りと欲望は焼けただれたる幻か 白桃の豊満にして啜らるる 時の窓を重く閉ざし影はやがて闇に消え     泉風信子 俳ポエムより
・書 北門書道小品展 釈文明日の風に身をまかせ

 先頭行へ   最終行へ 

  2009年  平成 21年

・書 北門書道役員展

釈文てのひらのうえにあわいかなしみがこぼれる  にぎりしめればうすあおく  てのひらににじむとおいおもいで  まばたいてすぎたなつかしい愛のひ  やなせたかし詩 「てのひらのうえのかなしみ」より
・書 毎日書道展 釈文てのひらのうえにあわいかなしみがこぼれる  にぎりしめればうすあおく  てのひらににじむとおいおもいで  まばたいてすぎたなつかしい愛のひ  ゆびさきにいまものこるしあわせなおもいで  てびひらのうえにあわいかなしみ  やなせたかし詩  「てのひらのうえのかなしみ」より
・書 創玄展 釈文花いちりんあなたに手渡すために生きてきた
・刻字 日本刻字展 釈文花いちりんあなたに手渡すために生きてきた
・書 現代臨書展 釈文木簡
・書 北門書道小品展 釈文上を向いて歩こう
・書 弘玄展 釈文にがい涙をかじっても ほほえむ優しさが欲しい 君が愛にしがみつくより 先ずは君が強くなれ Hold Your Last Chance 小手先ではがれ落ちる美しさより Hold Your Last Chance ひとつぶの汗の方がいい 二度と走れぬ坂道を上ったら Hold Your Last Chance 誰かが人生でつまづいたら さしのべる思いやりが欲しい  長渕 剛 詞
・書 青森県書家の新春展 釈文いのち生(あ)るゝ日の朝あかり実南天

 先頭行へ   最終行へ 

  2008年  平成 20年

・ラベル 

ご案内りんごジュース 田中林檎園
・書 北門書道役員展 釈文たどりついた一瞬の永遠 (自作)
・書 日展 釈文恐山 (曼陀羅山)  武田健四郎 詩
・書 毎日書道展 釈文風に歌う きこえてくるのがぼくです  佐々木英明 詩
・刻字 日本刻字展 釈文きみは盲目の鳥になれ
・書 創玄展 釈文雪の華 甘えとか弱さじゃない  ただ君を愛してる心からそう思った  satomi 詞
・書 現代臨書展 釈文木簡
・書 弘玄展 釈文何故 絶望を力に変える時明日を待たず明日へ立ち向かわせるのは 何故孤独を優しさに変える時絆とは決してちぎれたりしないものだ  長渕 剛 詞
・新聞記事の題字 ご案内下北よ!
・書 北門書道小品展 釈文あしたのあたしはあたらしいあたし

 先頭行へ   最終行へ 

  2007年  平成 19年

・書 北門書道役員展

釈文泪なみだ涙は秋の潮満たす 小野寿子 句
・書 青森県書道展 釈文君はあの空をつくる無数の色 ぼくは青空を見つめて祈るように君の名を呼ぶ 空のかすかな雲の音に耳をすます 君の心のかすかな動きにぼくは耳をすます ただ君が幸せになるために君の心に耳をすます あの青空のように君の心が喜びで輝くように・・・ (一部より)  藤川幸之助の詩  巻子本
・書 創玄現代書展 釈文花野ゆく君 叫べども背を向け花野ゆく君よ  小野寿子 句
・書 毎日書道展 釈文花ぽとり散りまだ咲いています  金子皆子 句
・刻字 日本刻字展 釈文一瞬の風になれ  佐藤多佳子 (本の題名より)
・書 創玄展 釈文天上の星の華やぐ雪あかり  深谷雄大 詩
・書 現代臨書展 釈文何紹基(かしょうき)の臨書
・書 弘玄展 釈文それでもこの国をたまらなく愛しているから もう一度生まれ変わったら私の名を呼んで下さい 寒さに震える夜も流れる涙つむぐ夜も もう一度生まれ変わったらあなたを決して離しはしない 私の胸の中へ帰っておいで 気高いあなたの勇気を抱きしめたい  長渕剛 詞
・書 北門書道小品展 釈文心はいつもあたらしく

 先頭行へ   最終行へ 

  2006年  平成 18年

・書 大学書道展

釈文どうしたらあの時のあなたを描けるのでしょうか  長淵剛 詞
・書 青森県書道展 釈文逢いたくて泡のようなる春の夕  渡辺陽子句
・書 北門書道役員展 釈文堪えるしか生きるすべがない奥津軽雪野を真っ青に染めて夕暮れ 岸壁の波の底から夜光虫となって幾人の面影うかぶ 風冷ゆる津軽の青さかぎりなく雪低ければ自在に遊ぶ 漆黒は過去の色なれ銀文字の神話が浮かぶわれの夜空は 藍匂ふ津軽の夕べさくらさくら母を背負へば雪は舞ひ澄む ほつれゆく命よ響りゆけ穂すすきの一人の風は銀の色する  (秋村弘一 輪舞曲)  巻子本
・書 毎日書道展 釈文半夏生 その一刻の風景
・刻字 日本刻字展 釈文
・書 創玄展 釈文砂の記憶は桜貝のうたの中
・書 現代臨書展 釈文空海 風信帖
・書 弘玄展 釈文無象の塔 今思ふ無象の塔となりし樹々のわれをはぐくみくれたる月日  福井緑 歌
・書 北門書道小品展 釈文すべては戦ぐがままに

 先頭行へ   最終行へ 

  2005年  平成 17年

・刻字 国際刻字展

釈文人間の歌 花は色 そして匂ひ 人は心 そしてやさしさ  堀口大学 詩
・書 北門書道役員展 釈文蒼潤の空 さくらさくら儚きはなびら濠うめて水皺たためる宵闇の艶  福井緑 歌
・書 青森県美術展覧会 釈文命尽きてゆく花 花の願いにわが耳寄せる  中村キネ 詩
・書 毎日書道展 釈文永劫の根に触れ心の鶉の鳴く  西脇順三郎 詩
・書 青森県書道展 釈文撫子に蝶々白し誰が魂  正岡子規 句
・お酒のラベル  ご案内けやぐんど
・刻字 日本刻字展 釈文わが生よ一輪の花の如く一心であれ  坂村真民 詩
・書 創玄展 釈文掌の中に響き鳴く蝉握りしめ  時実新子 句
・書 現代臨書展 釈文米ふつ 蜀素帖
・書 北門書道小品展 釈文嘉福
・書 弘玄展 釈文心ははてしない白 心から逢いたい人は誰ですか  松井五郎 詩

 先頭行へ   最終行へ 

  2004年  平成 16年

・書 北門書道役員展

釈文君が笑ってくれるなら 僕は悪にでもなる  中島みゆき 詞
・書 青森県書道展 釈文空壜の音 ひとり子を支へとも重荷とも生きて来しこの常凡を悔ゆるにあらねど  村田あい子 歌
・書 青森県美術展覧会 釈文ゆびさきの瞳 触覚が限りなく密度を増す
・書 毎日書道展 釈文ゆびさきの瞳 触覚が限りなく密度を増す
・書 毎日現代書 青森展 釈文わが心貫き流る一河冬  時実新子句
・刻字 日本刻字展 釈文あるべきよう あなたはあなたのままがいい 禅語
・書 創玄展 釈文一塊の黒に還る 自作
・書 現代臨書展 釈文「造像記」 の臨書
・書 北門書道小品展 釈文あるいてゆく星がひとつ
・書 弘玄展 釈文空と君のあいだに 空と君とのあいだには今日も冷たい雨が降る 君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる  中島みゆき 詞

 先頭行へ   最終行へ 

  2003年  平成 15年

・書 北門書道役員展

釈文蒼い海鳴り 銀河の舞いに誘うように 海鳴りが来る (自作)
・書 大学書道展 釈文腕の中一本の花になりきる  時実新子 句
・書 日展 (提出作品) 釈文田舎家は古風なオルガンのやうに古代の單檣船の形や紫の水素の風の音色や幻の大氣の波浪に飾られてゐる 鮮麗な秋の望遠鏡のレンズの中では透明な蒼穹の川に沈み木製の米搗器の馬は白日の夢にひとり飛び跳ねてゐる  佐藤惣之助の詩
・年賀状作成用 書籍 ご案内『日本の美を伝える 和風年賀状素材集 和の趣 申年版』 のご紹介 (参考)
・年賀状作成用 ソフト ご案内『厳選 筆年賀 2004』 のご紹介 (参考)
・書 青森県美術展覧会 釈文夜の髪ほぐし生命をみつめたり  時実新子句
・書 毎日書道展 釈文生きる道 煩悩即菩提上手に生きる道がある  福井勝朗 詩
・書 青森県書道展 釈文春雪の粉の乱舞やバッハ聴く
・書 詩歌と書の世界 釈文獣道 みつめねばならない獣道がある  時実新子 句
・書 弘玄書道会 企画展 釈文春雪の粉の乱舞やバッハ聴く
・刻字 日本刻字展 釈文一途 尊きもの 一途なる歩み
・書 創玄展 釈文蒼潤の空 さくらさくら儚きはなびら濠うめて水皺
・書 現代臨書展 釈文帛書 (はくしょ) の臨書
・書 北門書道小品展 釈文一隅を照らす
・書 弘玄展 釈文半生 天使はわたしに愛と忍従を教え、母は私に孤独と独立とをのこした  川村慶子 詩

 先頭行へ   最終行へ 

  2002年  平成 14年

・書 若菜展 / 大学書道展
釈文影 影あり仰げば月あり  坂村真民 詩
・書 北門書道役員展 釈文山毛欅(ぶな) 山毛欅の森の精霊よ その息吹きのはてのはて いのちの極み極み 山毛欅  内海康也 詩
・書 創玄現代書展 釈文海の聖母 その明かり乏しくも哀しみにはた歓びに  吉田一穂 詩
・書 日展 (提出作品) 釈文思い出は背の高いロシア向日葵とび跳ねても 顔より大きい花に届かない 鮮やかな真黄色の縁取り ギザギザの刻みのついた葉っぱ 棘々のある茎 玉石を敷き詰めた門までの小道にロシア向日葵は並んでいた 朝は父の見送り ロシア向日葵のそばを通り抜け 木柵の門扉のところまで行く  田澤ちよこ 詩
・書 二十一世紀を拓く書展 釈文回帰 わたしも生の初めに帰ってゆこう  坂村真民 詩
・書 青森県美術展覧会 釈文砂の回廊 風は砂の回廊に閉じこめられ貝のように泣いていた  松井五郎 詩
・書 毎日書道展 釈文無象の塔 今思ふ無象の塔となりし樹々のわれをはぐくみくれたる月日  福井緑の歌
・書 青森県書道展 釈文蒼空に一閃の輝きが流れ、ひとすじの白い線が地平へと落ちていく
・本の題字 題名田澤ちよこ 詩集  ロシア向日葵の咲いている家
・書 弘玄展 釈文一生成香 (一生香を成せ 良寛)
・本の題字 題名津軽太平記
・本の題字 題名作品集 大樹の根 溝江 豪
・刻字 日本刻字展 釈文向上一路
・書 創玄展 釈文宇宙と響き合う
・書 現代臨書展 釈文木簡
・書 弘玄書道会女流展 釈文六中観 忙中閑あり 苦中楽あり 死中活あり 壺中天あり 意中人あり 腹中書あり  安岡正篤 詩
・書 北門書道小品展 釈文六中観 忙中閑あり  安岡正篤 詩

 先頭行へ   最終行へ 

  2001年  平成 13年

・書 北門書道役員展

釈文わたしが私となるために人生の失敗も必要でした 無駄な苦心も骨折りも悲しみも すべて必要でした 私がわたしになれた今 みんなあなたのおかげです  坂村真民の詞より
・書 日展 (提出作品) 釈文君は空を見上げられる人でいてほしいからずっと覚えているんだよ その思いさえあれば鮮やかな色彩はいつまでも鮮やかなまま生き続けられる 明日も広がるこの風景が君に映る様 今夜は屋根裏の窓を開けて空に話しかけながら眠りにつこう 決して忘れてはいけないよ その大切な胸の痛みを  蒼波光 詩
・書 青森県書道展 釈文萬象すべて闇に沈む韃靼の野に  山本北溟子 詩
・書 青森県美術展覧会 釈文碧落に鷹一つ舞ふ淑氣かな  零雨の句
・書 「日々燦句」色紙展 釈文人の影淡しとおもふ花曇り
・書 毎日書道展 釈文海へ 蒼い沈黙の底  半田信和 詩
・書 弘玄展 釈文風を写す 写ス 痛ミヲ共ニシナガラ声ニナラヌ声ヲ聞キナガラ写ス アリノママヲ 非常ナ世界ノミズミズシイ暮ラシ写ス 自分ヲ変エル旅 命ヲ写ス  半田信和 詩
・書 創玄展 釈文鳥影 陽はあれど光なく空あれど吹く風もなくただ朔北に涙こらえて朝の鳥影を待つ  原子修 詩
・書 現代臨書展 釈文木簡
・書 北門書道小品展 釈文光の中で新しい出会いをする
・書 弘玄書道会女流展 釈文銀の音 漆黒の恋ほしき夜のささめ雪生きよ生きよと銀の音する  北村弘一の歌
・刻字 日本刻字展 釈文夢みよう
・カット
 第2次「むうぞく」
タイトルBのあとがき / 白皮のブーツに捧げる哀歌 / 遙かなる変容 / インドにて / / 蟷螂 (カマキリ) / 木枯らしの夜に / ノスタルジア / 絵にならない絵本 / 雪抒情
・カット 未発表 タイトル無題 1 2 3 4 5 6 7 8

 先頭行へ   最終行へ 

  2000年  平成 12年

・書 北門書道役員展

釈文鳥影 陽はあれど光なく空あれど吹く風もなくただ朔北に涙こらえて朝の鳥影を待つ  原子修 詩
・書 日展 (提出作品) 釈文形而上学な氷雲のなかに八甲田山岳が聳え雲海の底には灰白色の大傾斜 雪の雪原 冷たく影を切り大河閃々と地平を流れる 流れ落ちる果に海があるか 地球の断崖から滝とながれるか ただ一望の津軽の野面を割るもの疎林とそして劫初の流れ  北彰介の詩
・書 毎日書道展 釈文山桜雪嶺天に聲もなし  水原秋桜子の句
・書 毎日書道展 釈文泛駕之馬
・書 弘玄展 釈文空いっぱい薔薇のひかりまき散らせ  原子修 詩
・書 創玄展 釈文無盡の創造 鮮烈の未来図に酔ひ  池田大作 詩
・書 チャリティー展 釈文もくもくと雲のやうにふるへていたい  坂村真民 詩
・書 北門書道役員展 釈文無盡の創造 ひとはその鮮烈の未来図に酔い狂熱の喝采を送る  池田大作 詩
・書 現代臨書展 釈文木簡
・書 弘玄書道会女流展 釈文雪原のたら 雪原に幹肌白きたらの木が人寄せつけぬ感じに立てり  富取カツの歌
・書 北門書道小品展 釈文
・刻字 日本刻字展 釈文遙かな轍 こうとしか生きられない人生がある  小椋桂 詩

 先頭行へ   最終行へ 

  1999年  平成 11年

・書 日展 (提出作品)

釈文コスモスの花みたいにこ首をかしげた少女の手にどんな作品が握られているのかしら 一枚の絵にオズオズ語りかける言葉 石のような悲しみや愛のすべて 貧しい風景の中の親しかったものたち あなたの空にとばしたかった小鳥 あなたの熱い願い コスモスのような少女の手  山形光弘 詩
・書 毎日書道展 釈文埴輪の巫女 結ひ上げし髷の内らに櫛の目の直に通れり巫女の埴輪は  毛利明子の歌
・書 創玄展 釈文白雪の王者 富士の如く寒風も列風も思いきり受けながら  池田大作 詩
・書 青森県美術展覧会 釈文海棠の花睡りより覚め一ひら舞う  池田大作 詩
・書 弘玄書道会女流展 釈文あるいてゆく星がひとつ  原民喜 詩
・書 現代臨書展 釈文木簡
・書 北門書道小品展 釈文あるいてゆく星が一つ
・刻字 日本刻字展 釈文一筋の道 旅人は一筋の道を歩くなり  坂村真民 詩
・本の題字 題名詩集 黎明 溝江 豪
・カット
 第2次「むうぞく」
タイトル約束 / 水をめぐる諸相 / 星の夕餉へようこそ

 先頭行へ   最終行へ 

  1998年  平成 10年

・書 日展 (提出作品)

釈文北風の口笛の中から渦巻く炎の中からぼくの明日が生まれぼくの未来がはぐくまれる 閉ざされた氷室の肉塊や火焙りされて脂をたぎらす肋骨の折れた心臓やの追憶である ぼくの逝いた日々それは僕の掌から新しい日の光を散乱させて逃げ去る透明な水脈である  内海康也 詩
・書 毎日書道展 釈文荒漠の原野 聳え立つ絶壁を越え荒漠たる天の原野を踏み  池田大作 詩
・書 創玄展 釈文厳冬の蒼い地面 厳冬の蒼い地面に飛び散った原色の凍花  麻生直子 詩
・書 北門書道小品展 釈文かけがえのない今

 先頭行へ   最終行へ 

  1997年  平成 9年

・書 日展 (提出作品)

釈文僕は生涯君のために奔る 一見孤立して見えるとしても僕はいつも君のためにただ君のために挑戦しゆくことを唯一の誇りある使命としたい 僕も戦う君も戦う 君の無骨な手がふるえ素朴な顔に輝きわたる生の歓喜  池田大作 詩
・書 毎日書道展 釈文海鳴の音 浅雪の早くも解けて風光る松のかたへに海鳴りを聞く  丸山シズエの歌
・書 創玄展 釈文雪あをく海鳴りの底しづかなり  葛西仙三の句
・書 北門書道小品展 釈文自分は一個の人間でありたい
・カット
 第2次「むうぞく」
タイトルかくれんぼ / おめでとうと伝えたい

 先頭行へ   最終行へ 

  1996年  平成 8年

・書 毎日書道展

釈文吹雪の北の涯から菜の花の南の涯まで  池田大作 詩
・書 創玄展 釈文一輪の薔薇の花散り雨にかき消された夜  角田由美子の歌
・書 弘玄書道会選抜展 釈文花一輪あなたに手渡すために生きてきた  泉谷明 詩
・書 弘玄書道会選抜展 釈文人生如夢
・書 弘玄書道会女流展 釈文あふれる幻覚に目を閉じれば太古の息遣い  溝江豪 詩
・書 北門書道小品展 釈文生命
・刻字 日本刻字展 釈文縄文回廊 文字よりもふかく
・カット
 第2次「むうぞく」
タイトル津軽塗り

 先頭行へ   最終行へ 

  1995年  平成 7年

・書 毎日書道展

釈文孤雲出峯
・書 創玄展 釈文蒼々の海 わたしの詩魂を広げてくれ  坂村真民 詩
・刻字 日本刻字展 釈文聴雪 降る雪の音を聴く夜

 先頭行へ   最終行へ 

  1994年  平成 6年

・書 日展 (提出作品)

釈文潮境の津軽海峡はしなやかで強靱な琴糸の乱れ洪水にあふれ海底に誘惑されたチェスボロー号の船体遭難の船人は異国の言葉を読みとる記号  恵美子 詩
・書 毎日書道展 釈文驚愕する王の両肩に危うく傾ぐ黄金の衣装  小笠原茂介 詩
・書 創玄展 釈文雪山の響 廻風飄々転蓬の如く舞い白き耀き風の如く響く 自作
・本の題字 題名うた草子

 先頭行へ   最終行へ 

  1993年  平成 5年

・書 弘玄展

釈文花塵 さよならさよならさよなら時計がわりのさよなら想いださないさよなら  甲田袴 詩
・書 北門書道役員展 釈文曠野の雪に埋もれた追憶の歩道に 自作
・書 創玄展 釈文胡雁一聲

 先頭行へ   最終行へ 

  1992年  平成 4年

・書 弘玄展

釈文薊 世をいとふ心薊を愛すかな  正岡子規 句
・書 創玄展 釈文雪の乱舞の中にわたしは冬の命を感じる  坂村真民 詩
・書 毎日書道展 釈文白鳳天翔
・書 北門書道役員展 釈文野に咲く一輪の花の真實それは實に尊く美しい  坂村真民 詩

 先頭行へ   最終行へ 

  1991年  平成 3年

・書 毎日書道展

釈文鳥聲山路
・書 創玄展 釈文風雪落花
・書 創玄展 釈文吹雪の夜に生まれた女は身をちぎりちぎり果てのない吹雪の中へ  葛西美枝子 詩
・書 北門書道役員展 釈文虹の羽搏き 遠い時間がそうして流れていった  福沢公伯 詩
・書 青森県美術展覧会 釈文鳴神の響き 動揺する国土を叱咤せよ  坂村真民 詩
・書 弘玄展 釈文人間の歌 花はいろ そして匂い あなたはこころ そしてやさしさ
・刻字 日本刻字展 釈文星空へ店より林檎あふれをり

 先頭行へ   最終行へ 

  1990年  平成 2年

・書 北門書道役員展

釈文百獣の王の威厳を備えて舌を垂れたてがみを房々と  木下杢太郎 詩
・書 創玄展 釈文一群れの鷺がすばらしい勢ひで舞っていったさながら天の一偶から  千家元麿 詩
・書 弘玄展 釈文減盡の偈 業病でも貧乏神でもみんな背負うて生きてゆこうぞ  坂村真民 詩
・書 弘玄書道会女流展 釈文一輪の花の如くわが生よ一輪の花の如く一心であれ  坂村真民 詩
・書 弘玄書道会女流展 釈文かえりみるゆとりなけれどともかくも いのち生かされて歩みきし道  相田みつを 詩
・カット 文藝弘前 タイトル陽炎の如くに / 一生の汗

 先頭行へ   最終行へ 

  1989年  平成 元年

・書 毎日書道展

釈文雪に埋もれた夜の吐息 氷紋枝を伸ばしつづける  獏不次男 詩
・書 創玄展 釈文橇のひと 白雪の原野 鈴の余韻を振るはして今日も古ぼけた一台  杉沼秀七 詩
・書 創玄展 釈文天地一沙鴎
・書 弘玄展 釈文もの言はぬままに ほのぼのとした君の心よ  良寛 詩
・書 創玄現代書展 釈文断崖 薄墨色に太陽が流れる 岩地にへばりつき巨岩  鈴木勝次 詩

  1988年  昭和 63年

・書 弘玄書道会女流展

釈文雪はふる あなたはこない

  1987年  昭和 62年

・書 毎日書道展

釈文石獣の眼窩 泡沫無限に呟く嘘空がある  獏不次男 詩
・書 弘玄書道会女流展 釈文秋の野に咲きたる花を指折りかき数ふれば七種の花 萩の花尾花葛花撫子の花また藤袴朝顔の花  山上憶良 歌

  1985年  昭和 60年

・書 毎日書道展

釈文驢馬と太陽 灼熱の風 鼓動 心に聴いて歩く 吐魯蕃にて作詩

  1980年  昭和 55年

・書 弘玄書道会女流展

釈文一途一心 一途に生きているから星が飛び花が燃え天地が躍動するのだ雲が呼び草が歌い石が唸るのだ  坂村真民 詩

 先頭行へ 


ご覧いただき、ありがとうございました。 他のページも是非ご覧下さいね。


表紙 / ごあいさつ / 周囲の人々 / 書道展情報 / わたしの作品集 / 短歌作品集 / カット集 / 名品へのいざない / 書道クイズ /
新しくしたところ / 総目次 / リンク / 芳名帳 / 直接、メールを送る


 著作権 等、作成と取扱等に関する事項